1. まとめトップ

画像でみる恐竜図鑑

いろんな恐竜を集めてみました!お気に入りの恐竜がいたら「Good」お願いします!追加も大歓迎~

更新日: 2012年02月22日

31 お気に入り 288512 view
お気に入り追加

トロサウルス

中生代白亜紀後期に北アメリカ大陸に生息した体長7~9m、体重約5t~8.5tの植物食恐竜です。短い角を1本、左右の眉上に長大な角を一本ずつ、合計3本の角をもつ角竜類になります。

ブラキオサウルス

ジュラ紀後期にアメリカに生息していた大型草食恐竜です。全長は25メートル、体高は16メートルで体重は50tと予想されます。頭部に膨らんだ鼻面を持ち、最も高い位置に鼻腔があるのが特徴です。

プテラノドン

中生代白亜紀後期の約8,930万~約7,400万年前に生息していた翼竜です。翼開長は約7~9m、推定体重15 - 20kgといわれています。グライダーのように空気の流れに乗って飛んでいたらしいですよ。

ヴェロキラプトル

約8,300万~約7,000万年前(中生代白亜紀晩期)の東アジアにあった大陸に生息していた肉食恐竜です。全長は約2m、推定体重最大15kg程度の小型で後肢に大きな鉤爪があるのが特長です。映画「ジュラシック・パーク」で一躍有名になりましたね。

ステゴサウルス

ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて北米、中国に生息。体長7 mほどの植物食恐竜で、背中に骨質の板が互い違いに立ち並んでいます。武器としては尾の先にある4本の長大なスパイクを使っていたらしいです。

アロサウルス

ジュラ紀後期のアメリカ ユタ州出身、アロサウルスは体長8.7mでティラノサウルスより小さめ。左右の目の上にあるこぶ状の骨の突起が目印です。頭がでっかいですが、いくつかの頭の骨はゆるくつながっていて動きやすく、大きい食べ物を口に入れることができたんですね

ティラノサウルス

恐竜と聞いて、すぐに思い出すのは、このコじゃないですか?白亜紀後期、アメリカ サウスダコタ州出身のティラノサウルス、体長11.3mで最大の肉食恐竜です。太く鋭くとがった歯と頑丈で大きな頭からして、咬む力が非常に強かったと考えられていますが、ひょっとするとこのコ、攻撃性の高いどう猛な恐竜ではなく、死体を食べていたのではないかという議論もあります

メガロサウルス

中生代ジュラ紀にヨーロッパ・北アメリカ・アジアなど、広範囲に分布していた肉食恐竜。
イグアノドンと並び、恐竜研究史の最初期に発見された獣脚類。
体長7~10m。

ヤンチュアノサウルス

中生代ジュラ紀後期の現中国に生息した恐竜。
全長約8m。

ユタラプトル

中生代白亜紀前期の現北アメリカ大陸に生息していた獣脚類の恐竜。
全長は5~7m。

ラジャサウルス

白亜紀後期、まだアジアと陸続きになっていなかったインドに生息していた大型肉食恐竜。
全長は9m程度。

ランベオサウルス

中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息した、大型の鳥脚類恐竜。
体長10 - 15m。

レエリナサウラ

中生代白亜紀前期に当時のオーストラリア大陸に生息していた小型の草食恐竜。
体長0.6 - 0.8m程度。

アケロウサウルス

アメリカで発見された中生代白亜紀後期のケラトプス科に属する恐竜。
全長は約6メートルで草食。

アクロカントサウルス

白亜紀前期に北米大陸に生息した肉食恐竜。
体長は12mから13m。

アーケオルニトミムス

中生代白亜紀後期に中国のモンゴル自治区に生息。
全長は約3メートルで、雑食と推定されている。

アーケオケラトプス

中生代白亜紀前期の中国に生息していたプロトケラトプス科の角竜。
全長は約0.9メートルで草食。アルカエオケラトプスとも呼ばれる。

オフタルモサウルス

中生代ジュラ紀後期にアメリカ・ヨーロッパ、アルゼンチン等世界各地の海域に生息していた魚竜です。全長約4m、体重0.5~1トンで10cmにもなる巨大な目が特長です。

イクチオサウルス

中生代ジュラ紀から白亜紀に生息していた全長約2メートルの水棲爬虫類です。ヨーロッパ~アメリカ大陸まで広範囲に生息されていたと推測されています。

アフロベナトル

白亜紀前期の獣脚類メガロサウルス科、全長は約8~9メートルで肉食です。ニジェールで発見されました。

パラサウロロフス

中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息した大型の鳥脚類恐竜です。体長約10~13m、体重は約4t位だったと推定されます。頭頂から後方へ伸びる鶏冠(トサカ)が特徴的ですね。

ガリミムス

白亜紀後期(7400万年前)のモンゴルに生息した獣脚類恐竜です。全長は4~6m、推定体重440kg位だったとされます。チーター並の速度で走ることができた最速の恐竜のとされています。

ディロフォサウルス

ジュラ紀前期に北米・中国に生息した体長5~7mの獣脚類恐竜です。頭骨上部に1対の半月状の鶏冠(トサカ)が特徴です。映画「ジュラシック・パーク」でも出てた恐竜ですね。

アンキロサウルス

中生代白亜紀後期・約7400万~6700万年前の北アメリカ大陸に生息した草食恐竜です。危険な時は尾の先にある大きな骨のハンマーを武器に戦っていたそうです。

コンプソグナトゥス

中生代ジュラ紀後期、ヨーロッパに生息した体長70~140cm程の小型肉食恐竜です。鳥類にちかい恐竜とされています。

シノサウロプテリクス

中生代白亜紀前期(約1億4400万年前~約9900万年前)に生息した体長約1m小型恐竜です。羽毛が生えた恐竜で小動物や昆虫等を捕食していたらしいです。

スピノサウルス

中生代白亜紀前期(約9,800万~約9,500万年前)のアフリカ大陸北部に生息していた肉食恐竜です。全長は13~15m、体重は4t~7t程と推定されています。映画「ジュラシック・パークIII」にも出ていましたね。

オヴィラプトル

中生代白亜紀後期(約9,900万年前~約6,500万年前)のモンゴルに生息。体長約1.5~3m、2足歩行で頭部に円形のトサカがあるのが特徴です。卵泥棒とか言われてますねw

アパトサウルス

約1億5000万年前・中生代ジュラ紀後期に北アメリカ大陸に棲息。ブロントサウルスや雷竜とも呼ばれたりします。大型草食性恐竜で全長は約21- 26m、体重は推定約24~32tといわれています。

カルノタウルス

白亜紀前期に現在の南米大陸に生息した角のある肉食の獣脚類です。全長9m、体重2トン程度の一般的な大型肉食恐竜である。

1 2




おまとめマンさん

どうも、まとめ専門ヒーロー(公式)です。
最近は細々とやってます。


まとめ参加者(2)



  • 2014年をまとめてみた

NAVER リンク