1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大人が楽しめるお勧めアニメ

大人がアニメを見たっていいじゃない!現代のアニメは映像だけ見てもかなりハイクオリティなんだから!結局のところ、単なる好みですので悪しからず。

更新日: 2012年04月19日

sayさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1519 お気に入り 3719236 view
お気に入り追加

出典listen.jp

2012年春クール放送。
月刊サンデージェネックスで2006年5月号から2012年2月号まで連載された高橋慶太郎の漫画が原作。

”武器商人ココと9人の私兵が世界を挑発する”迫力満点ガンアクションアニメ。

http://www.jormungand.tv/

出典listen.jp

2012年4月2日から放送
桂正和のSF漫画が原作。ヤングジャンプで現在も連載中。アニメーション制作はトムス・エンタテインメント

-人類の存亡を託された「ZET」
 究極の正義を求める「ALPHAS」
 ふたつの意思がこの世界を変えてゆく

物語の時間経過が早すぎるのが気になる。
漫画のダイジェストみたいな・・・。

http://zetman.jp/index.html

出典listen.jp

2012年4月~放送。
月間flowersに連載された小玉ユキの漫画をアニメ化したもの。アニメーション制作はMAPPAと手塚プロダクション。

横須賀から長崎に転校してきた西見薫は、同じクラスのバンカラ少年・千太郎に出会いジャズの魅力にはまっていく。薫と千太郎の友情と、それぞれが体験する甘ずっぱい恋のものがたり。

舞台は1966年。
あの頃の思い出にひたりたい、お父さん・お母さんにもオススメ。

http://www.noitamina-apollon.com/

シリーズ4作目に突入している夏目友人帳。
緑川ゆきの漫画が原作。アニメーション制作はブレインズ・ベース。

妖怪が見えてしまう主人公が、祖母が妖怪たちから奪った名前を返すおはなし。

ストーリー自体は単調なので飽きがくることもありますが、心温まるシーンもちょいちょいあったりして、ずるいなと思う。
ニャンコ先生がころころで可愛いのと、名前を返すときに紙をくわえてフッとやる仕草にエロスを感じます。
ずるい。

http://www.nasinc.co.jp/jp/natsume-anime/

西尾維新のライトノベルが原作。
化物語シリーズ第3段。

自分的にはこのテンションがちょっと苦手なのですが
周りの大人の友達がけっこう見ているので、載せます。

絵はものすっごくキレイです。

http://www.nisemonogatari-anime.com/

出典listen.jp

原作は綾辻行人の同題ミステリー小説。
監督:水島努、アニメーション制作はP.A. Works。

―死者は、誰?

1998年、春。夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ少女、ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた。

http://www.another-anime.jp/

2006年に放送された「Fate/stay night」の10年前を描いた作品。ニトロプラスの虚淵玄著、キャラデザ原案はTYPE-MOON武内崇。
2011年秋~シーズン1が、2012年春~シーズン2が放送。

stay nightで詳細が語られていなかった聖杯戦争についての内容。重量感のあるストーリーが楽しめます。

http://www.fate-zero.jp/index.html

少年エースで連載された漫画が原作。
アニメーション制作はアスリード。

「未来」が書かれた日記を所有する12人のサバイバルゲーム。

漫画はまだ読んでないですが、アニメは毎回ハラハラする。

http://www.future-diary.tv/

出典listen.jp

2011年7月~2クール放送。
イクニチャウダー原作、キャラ原案は星野リリィ。『少女革命ウテナ』の幾原邦彦が脚本・監督を担当。アニメーション制作はブレインズ・ベース。

場面構成が舞台っぽいなと思うのは私だけですか?
だんだん話の流れが見えてきてアツいです。とにかくペンギンが可愛いので見続けています。2クール目もこのまま失速せずに行ってほしい。

せいぞーーーーーんせんりゃくーーーーーー!

http://www.mbs.jp/penguindrum/

もとはXbox 360のゲーム。2011年4月~放送。原案は5pb.とNitroplusで、アニメーション制作はWHITE FOX。

発明サークルで"タイムマシン"を作り出した主人公は、興味本位で過去への干渉を繰り返す。世界を巻き込み、その結果自分たちにどんなことが待ち受けているとも知らずに・・・。

ゲームをやっていないと、始めは内容を把握しきれないと思うけど、ある瞬間から「!?」と総毛立つ。
解らなくても耐えて見続けて欲しい。

母親が夜逃げし、祖母が経営する旅館で住みこみ働きをすることになった主人公と旅館の従業員との話。

ストーリはものすごく普通で昼ドラみたいでしたが、絵の綺麗さが星5つ。昼ドラ的な内容ということで大人でも見れるのかな、と。

吉永裕ノ介の漫画をアニメ化したもの。
1章1時間弱のアニメを6部編成にして劇場公開された。

アニメーション制作はProduction I.GとXEBEC。
ロボット含め、一部を除きほぼセル画仕立てというのは、この時代には新鮮。
章によって人物作画に微妙にバラつきがある。

織田、豊臣に仕えた古田織部が主人公。
戦国の世の茶器や美術品などに焦点をあてて、コミカルに描いている。古田の声は俳優の大倉孝二。

「これは『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である」
http://hyouge.exblog.jp/

2011年4月~2クール放送のアニメ。アニメーション制作はサンライズ。
監督さとうけいいち、キャラデザ羽山賢二、音楽池頼広と「KARAS」と同じスタッフが再集結。グラフィックの綺麗さがハンパない。

特殊能力を持つヒーローたちがそれぞれスポンサーの下で悪者退治をするという世界のおはなし。アニメでは、ヒーローユニフォームに貼られたスポンサーロゴがリアル企業になっているのも面白い。
http://www.tigerandbunny.net/

紅 kure-nai

片山憲太郎のライトノベル「紅」が原作。
アニメ制作はブレインズ・ベース。2008年4月~6月放送。

キュンとする。
嘆いて否定してばかりではなく、今の自分を受け止めて立ち向かう時こそ、ほんとうの強さというものが得られるのです。
同作者の『電波的な彼女』と合わせてどうぞ。
http://www.samidareso.com/

レベルE

冨樫義博の同題漫画が原作。2011年春期TV東京で放送。

原作に忠実。
王子とクラフト(浪川と子安)のテンポいい掛け合いがまたいい味をだしていて、そこも楽しめるポイント。

BLOOD THE LAST VAMPIRE

2000年秋に劇場公開されたフルデジタルアニメーション。制作はProductionI.G。
アニメの他にも方方でメディアミックス展開をしています。

ベトナム戦争中の横田基地を舞台に、歴史の陰で続く怪物と人間の死闘を描くアクションモダンホラー。
「BLOOD+」も一緒にお楽しみください。

http://www.sonymusic.co.jp/Animation/blood/

さらい屋 五葉

オノ・ナツメの漫画が原作。
2010年夏期にノイタミナで放送。アニメーション制作はマングローブ。

仕事のない侍、秋津政之助は誘拐屋の弥一の護衛を引き受けたことから一味に巻き込まれていく・・・。

時代背景が引き立つ彩度の抑えた画がすごく綺麗。

Hellsing Ultimate OVA Series

平野耕太の漫画が原作。

不評だったTVシリーズから時を経て、原作に忠実に製作されたOVA。巻によってサテライト→マッドハウス→グラフィニカ、スタジオケルマディックアニメーションと、制作社が変わります。

鉄腕バーディ

ゆうきまさみ原作の漫画をアニメ化したもの。
連邦捜査官のバーディはテロリストを追って地球に来るも、通りすがりの少年に瀕死の重傷を負わせてしまう。
その肉体を補完するため、バーディは少年の肉体に自分を宿す。

アニメはマッドハウス制作のOVAと、A-1 Pictures制作のTVシリーズ「鉄腕バーディー DECODE」がある。
TVシリーズの方は原作設定をもとにしたオリジナルストーリーで展開。

銀河英雄伝説

田中芳樹のSF小説をもとにしたアニメ。
宇宙を舞台にした攻防戦を、帝国側のライハンルト、同盟国側のヤンを軸に描いている。
宇宙工学などには重点をおかず、戦術やイデオロギー、心理描写などが多く、人間ドラマや歴史小説的な位置づけで楽しめる。
本編OVAと劇場版、本編以前のエピソードを書いた外伝があります。

帝都物語

荒俣宏原作。「神霊篇」から「龍動篇」までをアニメ化したもの。
平将門の怨霊を利用して帝都破壊と征服を目論む加藤、それを阻止しようと立ち向かう人との物語。
魔人加藤には実写と同じ嶋田久作が声をあてている。

プラネテス

幸村誠の漫画をアニメ化したもの。
アニメーション制作はサンライズ、2003年秋からBSで放送。

「宇宙開発によって生まれたスペースデブリ(宇宙ごみ)回収業者を主役とし、あまり顧みられることのないスペースデブリ問題を描いたSF漫画。-Wikipediaより」

きれいにまとまってる作品だと思います。
http://www.planet-es.net/

幕末機関説いろはにほへと

2006年10月6日~2007年4月6日にGyaOで放送。
製作はサンライズとバンダイビジュアル。
コザキユースケのキャラクターデザインがすばらしい。

覇者の首を追う剣士が主人公。
江戸末期が背景なので歴史好きの大人でも十分に見ごたえあります。毎回ハラハラします。

2011年2月にDVDBOX発売予定。

四畳半神話大系

森見登美彦の小説をアニメ化したもの。
2010年4月からノイタミナ枠にて放送。制作はマッドハウス。
「夜は短し歩けよ乙女」が話題となったが、文庫本のカバーを手がけた中村佑介がキャラデザを
担当していて、絵がキレイ。

閃光のナイトレイド

テレビ東京 アニメノチカラ枠で2010年4月から放送していた。
制作はA-1 Pictures。
萌え系アニメが多い近シーズンの中で、大人向けのストーリーが展開されて楽しめる。
http://www.1931.tv/

デュラララ!!

成田式大騒動その2。原作はラノベ。TBS系列放送。

池袋を舞台に、様々な人間が複雑に絡み合い描かれる物語。
この人の作品は、誰もが主役になりうる(様々な視点が劇中に存在する)濃いキャラな登場人物とハイテンションでテンポのいい展開が特徴。

原作に忠実な構成と、池袋の再現率がすばらしいアニメ。

喰霊-零-

「月刊少年エース」連載中の漫画をアニメ化したもの。2008年10月 ~ 12月放送。
アニメは、原作の前段階(過去話)を描いたものです。
スタートからすごい衝撃がはしり、どんどんのめり込んで行く構成になってるよ。
http://www.ga-rei.jp/top.html

無限の住人

月刊アフタヌーンの連載漫画をアニメ化したもの。
アニメは2008年下半期にAT-Xで放送。

主人公は不死の体を持つ剣士。江戸を舞台にしたアクションアニメ。
彩度を抑えたキレイな画が魅力的。

1 2 3




このまとめへのコメント11

  • RiXchoNさん|2013.10.30

    刀語がないではないか!?あれ、おもしろいのに

  • pp001さん|2012.06.01

    ビューティフルドリーマーを入れてくれたのは嬉しい。
    30年近く経っても色褪せないのは、浦島太郎伝説という古典の為せる業(ワザ)?
    ポストシュルレアリスムを取り入れたアヴァンギャルドな心理描写、
    インセプションやマトリクスを凌駕するトリックをご覧あれ。

  • kumonaikoさん|2012.05.19

    CANAAN というガンアクションものが良作画でよく動いていました。
    http://www.canaan.jp/

  • amtrsさん|2011.10.17

    最近リアル画あきた

  • naori0918さん|2011.10.01

    子供が見て楽しいようなものだけど、大人でも結構楽しいと思うのが、大きく振りかぶって
    マンガの方が好きですが、アニメも悪く無いです

  • e0405211さん|2011.08.28

    挙がってないのでは
    かみちゅ!、灰羽連盟、るろうに剣心(特に追憶編)、LAST EXILE、マスターキートン、クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦、ラーゼフォン、serial experiments lain、時をかける少女、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、∀ガンダム、もやしもん、荒川アンダーザブリッジ、うさぎドロップ
    とかオススメ

  • yukiexさん|2011.08.17

    ブラックラグーン-BLACK LAGOON- オフィシャルページ : http://www.blacklagoon.jp/
    はだめですか?

  • sayさん|2010.02.25

    探すと素敵な作品がいっぱいあるですよー^^

  • ponpokoさん|2010.01.21

    こんなにいっぱいあるんですね^^
    アカデミー賞の「つみきの家」にはまって大人の見れるアニメを探してました。
    アニメってこんなに面白いものだったんですね^^

  • sayさん|2009.10.02

    あくまで私主観のおすすめですが、「これいいよ!」というのあったら逆に教えてください!

1 2

sayさん

ツンツン。
デレはありません。

ギンギンでキリポカ。

このまとめに参加する



公式まとめ