1. まとめトップ

《動物愛護団体》PETAの過激すぎる抗議活動まとめ

動物愛護団体・PETAの抗議活動は過激の為よくニュースになりますよね。今までどのような活動を行って来たのでしょうか。

更新日: 2010年10月22日

HEATTOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 54204 view
お気に入り追加

デンマークの首都コペンハーゲンの毛皮店の前で抗議!セミヌードにボディーペイントをしてキツネなどに扮し「毛皮を着ていいのは動物だけ」というプラカードを掲げながら、毛皮の使用禁止を訴えた。

米国の首都ワシントンで、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)に対する抗議活動を行った。ニワトリの着ぐるみを着た活動家らが「KFCはニワトリを残酷に扱っている」と書かれたプラカードをかざし、店頭でカーネル・サンダース氏を模した人形を燃やすなど過激な抗議を展開!

スペインの大使館の正面にて、槍に刺された闘牛に扮して抗議活動を!

ヨーロッパの闘牛に抗議して、シドニーの観光名所サーキュラー・キーで裸のデモンストレーションを行った。「裸の真実:闘牛は残酷」の標語を掲げている。

ドイツ西部ケルンの大聖堂前で下着姿で地面に横たわり、食料目的で動物を殺害することに抗議するデモを行ったそうです。体には、血をイメージする赤いペイントを塗り、通行人に動物保護を訴えました。

スペインの伝統行事「牛追い祭り」に対する抗議!「人追い祭にしよう」とは、過激です。。

パリで闘牛廃止を求める抗議運動を行った。「ありのままの真実:闘牛は残酷」などとかかれたプラカードを掲げて抗議デモに参加!

米ワシントンの連邦議会議事堂近くに、「赤唐辛子ビキニ」を身に着けた女性たちが登場し、「ホットドッグ月間」に対抗した!

ニューヨークにて、サーカスの動物に対する治療について抗議が行われた!

スペイン・バルセロナにて、多種の毛皮が毛皮産業に使用される動物の乱用に対する抗議!

出典en.ce.cn

シティ・オブ・ロンドンにあるイギリス国教会の大聖堂前で、全裸にクマのお面の集団が抗議!

アメリカにて、食肉は殺人同様!と訴えかけた!

スペインで「闘牛場で戦った結果、殺されてしまう牛の窮状」について訴えた!

東京・渋谷駅前で、動物愛護と菜食主義を訴えるキャンペーンを行った。

北欧フィンランドの首都ヘルシンキで、「PETA」メンバーが、毛皮着用に反対するヌード・デモを行った!雪の積もる広場で「毛皮を着ていいのは動物だけ」と訴えました!

最新の秋冬コレクションには乳児用としてウサギの毛皮コートが含まれていたと非難!

バンコクにあるケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の店頭でKFCがニワトリを残酷に扱っていることに対する抗議活動を行った★

動物愛護団体PETAが、08年春夏パリ・コレクションのメイン会場のひとつであるカルーゼル・ド・ルーブル前で毛皮の使用に対する抗議活動を行った!

オーストラリア・シドニーの繁華街で、入れ墨模様の裸体を「ミンクではなくインクを」と書かれたプラカードでかくして抗議活動を行った。

動物愛護協会PETAの活動家たちが、人間をパックにつめ、スーパーなどで得られる肉を表現。。。これはちょっとやりすぎといった意見も。。

バンコクのショッピングセンターで、菜食を勧めるボードを掲げる米国の動物愛護団体「PETA」のメンバーがほぼ全裸の体に「食肉」の部位を示す線図をテープで張り付け、肉食をやめるよう訴えた★

東京・銀座に「ウサギの虐殺者」と書かれたポスターを身にまとう、半裸の英国女性ら3人が突然現れた!

英衛兵の帽子にクマの毛が使われていることに抗議するため、ロンドンの国会議事堂(ビッグ・ベン)前にトップレス姿で登場した2人★

「PETA」メンバーの女性がボディペイント姿を披露してカナダのアザラシ猟に対して抗議をする、というキャンペーンが東京のカナダ大使館前で行われた。

かねてからカナダのアザラシの商業捕獲に猛反対していたPETAのメンバー、ニューヨーク市在住の女性が、オンタリオ州のバーリントンで講演中の漁業海洋相、ゲイル・シェーの顔面にパイを投げつけたそうです。

ロシアの首都モスクワの寒空の下、トップレスにウサギの耳型をした耳あてだけの姿で、毛皮を着ることに対する抗議活動を行った。

カナダ出身のモデル、女優「パメラ・アンダーソン」が毛皮反対キャンペーンの一環として、イギリス・ロンドンのブティックの店頭で抗議パフォーマンスを行った。

1



HEATTOさん

ガジェット大好き★


まとめ参加者(1)