1. まとめトップ

【図鑑】画像で見る『雲』の種類

小学校、中学校の時習ったのに、いざ名前を出されるとどんな雲か分からない・・・そんな経験ありますよね。 ここで10種雲型から『いわし雲』や『ひつじ雲』など、いわゆる通称で呼ばれている雲を集めたいと思います!

更新日: 2010年10月22日

monochromeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
125 お気に入り 868406 view
お気に入り追加

このさば雲も巻積雲の一種です。
同じ巻積雲の中にいわし雲とうろこ雲がありますが、それらとの違いは、雲がさばの背の模様のように波状になっているかどうかです。

積雲・積乱雲の雲底にできるロール状の雲。
雲の下で強い対流が起こっているときに現れ、大雨になることも多いそうです。

高積雲の中にある水滴が氷の結晶となり、重たくなって落下すると蒸発することがあります。するとその部分の高積雲がなくなって、雲に穴があいた状態になります。その状態のことを言うようです。
小さな穴あき雲であっても、見られるのはかなり稀のようです。

地上付近~15000メートルの高さにできる、レンズ雲の一種です。
レンズ雲が山の頂点にできると、傘雲と呼ばれます。

山で発生した雲が山の稜線を乗り越え、山肌に沿って落下すると、滝のように見えることから、そう呼ばれています。

文字通り、くらげのような雲のことです。
雲頂は丸いドームの形をしており、雲底は乱気流で乱されています。
平地でも見ることはできますが、綺麗なくらげ雲は山間部で見られることが多いです。

名前から想像できるように、隙間のある雲のことです。
この隙間に太陽の光が差しこみ、地面にその光が降り注ぐと、「天使のはしご」となります。

地上付近~15000メートルの高さにできる、雲の底からこぶ状の雲がいくつも垂れ下がっている状態の雲のことをさします。
アメリカでは、この雲が低いところにできると、竜巻の前兆としています。

地上付近~15000メートルの高さにできる放射状雲のことで、実際は平行に並んでいる細長い帯状の雲ですが、地上から観測することで、私たちの目に放射状に並んで見えます。
アブラハムの樹という俗称は、ドイツで呼ばれています。

風下側を吹き上げてくる気流によって、旗をなびかせたような形になった雲のことを言います。

山間部など、放射冷却により霧が広い範囲で発生した状態のことです。
この様子は、山に登ったときや、飛行機の中から見ることができます。

乳房雲が成長し、渦を巻いた雲のことを言います。
場合によっては、竜巻となることもあるようです。

降水雲の別名で、雲底からのびた筋が地面に必ず接している雲のことです。
その雲の下では、実際に雨や雪が降っています。
遠くからは、その様子が見えるようです。

尾流雲の別名で、尾が流れているように見える雲のことです。
雨や雪が地上に降ってくる前に蒸発し、それが私たちの目に見えるようになった状態のようです。

不透明雲という、太陽を隠してしまうほど厚い雲の別名です。
昼間でも暗くなってしまうことから、その状態を五月闇と言うようです。

同じ種類の雲が、違う高さで交差している状態のことを言います。
高度によって、風向きが違うとできるようです。

巻雲の一種ですが、鳥の羽根のように見えることから、羽根雲と呼ばれている雲です。

その名のとおり、ちょうちょのように見える雲です。

地上付近~16000メートルほどの高さにできる、雲頂の上に水平に薄く広がる雲のことを言います。
規模が小さいと、ずきん雲と言うようです。

レンズ雲の一種で、このつるし雲は山岳地帯に見られます。

地上付近~16000メートルの高さにできる、雲の中でも最大級の大きさの、積乱雲のことです。
この雲は、夕立のような強い雨を短時間降らせます。

高層雲の別名です。
この雲を通して月を見ると、おぼろ月夜になるんですね。

巻積雲の中でも、いわしの群れのように見えるものを言います。この雲が出ると、いわしが大漁になる兆しだとも言われているようです。

レンズ型の雲。
山の近くや風の影響でできる雲で、風が吹きはじめる前兆であることも多いそうです。

断片雲の呼び方のひとつで、スプーンですくった、煮物のあとの醤油のにこごりのように見えることから、この名前が付いたようです。

どっしりと座っているように見える雲のことを言います。

天気の悪い日に山腹付近を横一列に並んだ、細長い層雲のことを言います。

200~2000メートルの高さにできる、乱層雲の別名です。
ちぎれ雲の中でも黒いものは、雨が降る前兆のようです。

地上付近~15000メートルの高さにできる波状雲の一種で、虎の模様に似ていることから水まさ雲と呼ばれています。

高さ5000~15000メートルにできる、太い帯状の雲を中心にし、その横に毛のような雲が伸びている雲のことです。
雨や曇りの前兆となる、雲のようです。

1 2




monochromeさん

よろしくお願いします~。


まとめ参加者(1)