1. まとめトップ

【画像】昭和の女優達がマジで美人過ぎる!!

今見ても新鮮、エキゾチックな昭和の女優・モデル達が美しすぎてヤバイ。白黒写真ってところもまた良い。こんなに良い時代だったとは思わなかった。昭和の美人達の写真を集めてみます。

更新日: 2010年10月22日

O-kamiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
206 お気に入り 1366900 view
お気に入り追加

初代ミス日本の山本富士子。
昭和の美人の代名詞となったお方。

元・宝塚娘役で政治家へと転向した扇千景。
こんなに麗しかったのですね・:*・:*・:

目が大きくて、可愛らしい加賀まりこ。
昭和の小悪魔系?

昭和の美人といえば、女優・原節子。
欧米人のように彫りの深い顔立ちです。

1952年に東映へ入社し、片岡千恵蔵主演映画「忠治旅日記・逢初道中」でデビュー。東映の「お姫様女優」の一人として活躍しました。

戦前で最高の美貌と謳われた、高杉早苗(たかすぎさなえ)。
俳優の香川照之の祖母にあたる女優さんです。

享年27歳と、短命だった女優・夏目雅子(1957年-1985年)。
美女薄命とはこのことですね。
現在でも多くの人の心に生き続けている女優さんです。

この方今でも十分きれいな方ですよ!

13歳で日活に入社し下積みを続け、昭和5年8月封切の『銀座セレナーデ』の花売り娘役で認められました。その後『海のない港』で若手スターとして注目され『大学の歌』『蒼眸黒眸』で人気スターの地位を不動のものとしました。

昭和35年東映で映画デビュー。代表作は映画「裸の19歳」「喜劇・男の泣きどころ」。

昭和の美人の代名詞といえば、女優・松坂慶子(まつざかけいこ)。
多くのTVドラマや映画に出演しており、歌手活動もしています。

高杉早苗らとともに、若手銀幕スターとして活躍した
桑野通子(くわのみちこ)。
キレイな目と眉をしていますね。

祖父は5代目古今亭志ん生、父は10代目金原亭馬生という
落語一家に生まれた、女優・池波志乃(いけなみしの)。
夫は俳優・中尾彬。

女優・真野響子(まやきょうこ)。
夫は俳優柴俊夫、娘は女優柴本幸。妹は女優・眞野(まの)あずさと
芸能関係者の家系となっています。

松竹歌劇団の2期生として入団した、桂木洋子(かつらぎようこ)。
可愛らしくて上品な顔立ちの女優さんです。

映画スターの紙京子(かみきょうこ)。
ハーフのような顔立ちで、お人形のような女優さんです。

元宝塚・娘役トップスターの新珠三千代(あらたまみちよ)。
昭和の女優さんは、今の女優さんに無い魅力を持っていますね。

女優であり、歌手の倍賞千恵子。
『男はつらいよ』シリーズで主人公の寅さんの妹”さくら”役を演じています。
女優の倍賞美津子は実妹。

宝塚歌劇団を退団後、映画女優へと転向した宮城千賀子(みやぎちかこ)。
まぶたが印象的な横顔。

1960年、高校生時にミス16歳コンテストに入賞し、芸能界デビューした
松原智恵子(まつばらちえこ)。
笑顔がとっても可憐ですv

戦後の日本・中国・香港で「李香蘭」の名前で、
歌手・女優として活躍した山口淑子(やまぐちよしこ)。
グローバルに活動していた女優さんです。

近寄りがたい美人とは、原節子のような人のこと。
本当に美しすぎる女優さんです。

”デコちゃん”の愛称で親しまれた女優・高峰秀子(たかみねひでこ)。
女優であり歌手、エッセイストでもあった方です。
夫は映画監督&脚本家の松山善三。

サントリーレッドのCMでも知られている、大原麗子(おおはられいこ)。
いつまでまも可憐だった女優さんです。
声も優しくて印象的でした。

『男はつらいよ』シリーズで、何度もマドンナ役を務めた、
女優・浅丘ルリ子(あさおかるりこ)。

哀愁のある美人女優である、川崎弘子(かわさきひろこ)。
くっきりとした二重まぶたと、キレイな眉が印象的な女優さんです。

『隣の八重ちゃん』で主演し、人気を博した女優・逢初夢子(あいぞめゆめこ)。
カラーじゃなくても伝わってくる、美しさ。
夫はベルリンオリンピック金メダリストの遊佐正憲。

『十代の性典』や『太陽の季節』で有名な女優・南田洋子。
年をとっても変わらず美しかった女優さんです。
夫は俳優の長門裕之。

岡山県出身の女優・千原しのぶ。
柳の葉のように、スッと鼻筋の通った顔立ちです。

1 2




O-kamiさん

婚活連敗中


まとめ参加者(2)



公式まとめ