1. まとめトップ

【新入社員】ゆとり世代のびっくり発言、驚きの行動・特徴

『ゆとり世代』。学習指導要領による、「ゆとり教育」を受けた世代を総括してこう呼びます。1987年生まれを中心とした、年齢は20代前半の若者たち。「言われたことしかやらない」・「マニュアル型人間」・「すぐめげる」など、俗にいう『ゆとり』世代の特徴は何なのでしょうか?発言や行動を含め、まとめてみました。

更新日: 2010年11月29日

ゆんかぁさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
127 お気に入り 525963 view
お気に入り追加

自分から動き出せない

なかなか集団の中で一人手を挙げるなどの行動が出来ない、
自分で判断し行動することを恐れる、という特徴があるようですね。

注意されるとすぐめげる

打たれ弱いゆとり世代。
自分が間違ったこと&それを注意されたことに対して、
非常にナイーブのようです。

「別に…」

※出典URLから動画が見られます
「一番思い入れのあるシーンはどこですか?」
 「特にないです」
 「どんな思いでクッキーを焼いたのですか?」
 「別に・・・」
インタビュアーの女性が何を聞いても、愛想のない返事。
必死で場を取り繕うとする周りのフォローも虚しく、嫌なムードが漂う会見となってしまいました。

言われたことしかやらない

何かものを頼んだとしても、頼んだことしかやらない。
「その先」を見ていないということでしょうか。

反省してまーす

2010年バンクーバーオリンピックにて、スノーボード日本代表として出場した國母選手。
しかしそのだらしない服装が問題となりました。
その服装について記者からの「(指摘されたことは)受け入れたということなんでしょうか?」
という質問に対して。
その前に「チッ、うっせーな」と毒づいたとの情報も…

無断早退や無断欠席する

学校だけでなく、会社さえも無断早退・欠席をするという。
メディアなどでたまに聞く、ゆとり世代の問題の一つです。
ごく一部なのでしょうが、そういった連絡をするのも怖いのでしょうか・・・?

自己成長への強い焦燥感を持っている

日本の経済が右肩下がりになったところしか見ていない、ゆとり世代。
リストラなど、終身雇用制度の崩壊も目の当たりにしています。
自身の市場価値を高めなくてはいけないという焦燥感にかられているようです。

ネットで調べりゃカンタンですよ

インターネットと携帯電話の普及によって、
情報にはとても強い「ゆとり世代」。
パソコンにだって、小学生のうちから慣れ親しんでいます。

メール出しておきました

本来なら口頭で済むべきことを、
「メール出しておきました」で済ませようとする傾向があるようです。

責任ある仕事を任せられることを不安に感じる

チャンスと捉えるよりも、ミスをしないかが不安なようです。
これは誰にでも言えると思うのですが、責任を持つということを
極端に恐れてしまうのかもしれません。

ドライな仕事観を持っている

「仕事は仕事」と、きっぱり割りきった考えのゆとり世代。
仕事はあくまで仕事であり、「生きがい」と必ずしもリンクしないということでしょうか。

自分の成長につながると思えないことはやらない

自分の利となることだけをやりたがり、
自分のためにならないことはやりたくない、という
極端な思考があるのでしょうか…?
集団組織の中の自分、というよりも個人主義が強いようです。

上司の仕事は「部下への指示」だと思っている

指示待ち傾向の強い「ゆとり世代」。
上司が特に指示をしないと、「上司が指示をしてくれないから、仕事が出来ない」
と感じるようです。

教育が二極化している

授業数が減ったため、足りない部分を塾で補える子供と
塾に行けない子供とで、学力の差が付いてしまい、
親の年収と教育レベルとが比例してしまう現象が起きてしまったようです。

貯蓄傾向にある

これも現実主義のゆとり世代の特徴なのでしょうか。
パーッと使って飲みに行く!などの発想はあまり無いようです。

上司との酒はきっぱり断る

集団組織としての一人、というよりも
個人の「個性を伸ばす」ことに重点が置かれたゆとり教育。
自分のしたく無いこと・気の進まないことは、はっきりとNOと言ってしまうようです。

転職を挫折と考える

2009年度新入社員へ「キャリアアップ」と「挫折」のどちらのイメージが強いかを聞いた質問に対し、
「挫折」と答えたのが48%にもなったのだそう。
ちなみに、一つ上の学年である86年生まれに聞いたところ「挫折」と答えたのは25%。

年長者と話そうという意識がない

原因が大きく分けて2つあり、
①年長者に慣れていない 
②仕事における先輩や上司の大切さが分かっていない
年長者とどう接して良いか分からず、またマニュアルにより仕事を進めようとするので
上司や先輩に教えを請う方が効率が良いことを理解していない、ということが特徴に上げられるようです。

楽して、綺麗に成果を上げたいと思っている

マニュアルや研修で前もって学ぶことを好み、
実務での反復練習を嫌うという「ゆとり世代」。
努力せず理解できるテキストから学ぼうとし、「体で覚える」
やり方には不満を持つ、という特徴があるようです。

神経質で大ざっぱ

「話をしている先輩に、いつ挨拶すればいいのかわからない。」という
一見ナイーブな発言を、上司にメールで送るという粗雑さ。
神経質な面と大雑把な面とが混ざり合う、つかみどころのない「ゆとり」世代をみて
周りは混乱してしまうようです。

失敗を極端に恐れ、間違いのない答えを求める

間違えることが恥ずかしいという思いが強く、無難で安全な道を通ろうとしがち、
という特徴があるようです。

バレーやバスケは先がない

TV番組のインタビューの中で、
「バレーとかバスケとかをしてる子が、不思議でしょうがなかった。
先がないスポーツを何でできるんだろうと思ってた」
「プロってものがないのに、どうしてそこまで頑張れるんだろうと思って」
などと発言し、ブログが炎上。
稼げるスポーツとして、ゴルフを選んだという上田桃子選手。
現実主義という「ゆとり」発言なのでしょうか…?

現実主義である

なかなか夢を見られなくなった、世の中が悪いのか、
現実を主とした教育が悪かったのか。
新卒大学生の公務員希望者が多いのもうなずけます。

1

関連まとめ




このまとめへのコメント2

  • ronaterurooさん|2013.12.09

    おもしろい小説書いたから読んで。↓

    読んどいて損はないよ。^^

    読んだらわかるー。^^

    http://relaynovels.blogspot.jp/

  • ゆとりくんさん|2013.09.24

    おい、ゆとりクズ共。
    偉大なる年長世代の方々が、根拠も論理もクソもないこんなに素晴らしい馬鹿批判を恥も顧みず、自分の事は堂々と棚にお上げになって披露してくださっているんだ。感謝して学ばせて頂けよ。

1

ゆんかぁさん

マンガやアニメ、サブカルチャーをこよなく愛す