1. まとめトップ

中島らも名言まとめ

中島らもさんの名言集です。数々の心にしみる名言を残していますよね。

更新日: 2010年11月26日

192 お気に入り 179323 view
お気に入り追加

ただこうして生きてきてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、「生きていてよかった」と思う夜がある。
一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。

「生きていてよかった」と思える瞬間がたまにしかないから、生きていけるのかも…

よくあのころこうしてたらよかったのに、とか言うけど、それはないんや。勉強したいという意識はあっても、勉強できなかったから勉強しなかったんであって、自分の生きてきた来し方って必然の集積なんだ

今の自分は、必然の集積だと思えば、過去を悔やむこともなくなるだろう…

人を信用するときは”だまされてもいいや”という気でやることにしている。

過剰に人に期待するから、思い通りにならないと、裏切られたと悲しむ羽目になる…

一人の人間の一日には、必ず一人、「その日の天使」がついている。

想像すると、何か楽しい気持ちになれませんか?(*´艸`)

三十を過ぎるまでどうしてええかわからへんかったんよ。自分はたしかに才能があると思ってたけど、これをどこへ持ってったら使ってくれるもんなのか、よくわからなくて。

「自分に才能があるのが分かってた」と言える、らもさんが羨ましい( ̄ー ̄;

生きた人間のすることじゃないのよ、悲しみ続けるのは。

そうだ!そうだ!くよくよしてる時間が勿体無いよv(*'-^*)

わけのわからないのは、人生だけでたくさんだ

たしかにwww

作家は神のように無力だ。

中島らもさんの言葉には重みがあるから、無力だとは思わないんだけどな~( ̄ー ̄;

結婚というのは大きな愛の上に押す小さな烙印である。

一年中に存在する「○○の日」をテーマに語ったエッセイ「休みの国」での名言!

厳密に考えるなら「生きている」の反対概念は「死」ではなくて、「生きていない」でなければならない。

死んでないのに「生きてない」という人生は送りたくない(p>□<q)

人の人生の総重量なるものはとりもなおさず記憶の重みでもある

記憶や経験が人生の総重量という事なら、色んな体験をしておきたいもんだ!

お互いの無知で傷つけあって、それでもお互いを許しあって、いやし合いながら過酷な時の流れにいっしょにたちむかっていくのが愛というもので、無傷なツルンとした愛などは「愛」の名に値しないと思います。

自分に愛想をつかせても人間は生きていける。

P87の「咳止めシロップ」にある名言!

大事なのは自分の才能を冷静に見極めること。
そして見極めたならそれを信じること。

自分を信じるという事は、難しいですよね…

二日酔いも、うまい酒も、両方味わってこそ酒の味だ。

家族にもうつ症状を打ち明けるのをためらう人がいるそうだが、おれの経験からすると、家族の協力があるとよりラクに過ごせる。一時的には心配をかけたり負担を与えたりするかもしれないが、なに、借りを返すチャンスは必ず巡ってくる。

自身の躁うつ病の経験を語ったエッセイ「心が雨漏りする日には」からの名言。

だから肝心なのは、想う相手をいつでも腕の中に抱きしめていることだ。ぴたりと寄りそって、完全に同じ瞬間を一緒に生きていくことだ。二本の腕はそのためにあるのであって、決して遠くからサヨナラの手をふるためにあるのではない。

しびれる名言(≧∀≦)♪

でも、いるよね。足が臭いせいで友だちが寄りつかないのに、それに気づかずに、加藤諦三読んで、「自分を見つめ直したり」してる奴。

灯台下暗し。
自分の事が一番分かってない人って結構いるもんです(^o^;)
ドキッとする名言。

「神は死んだ」とニーチェが言い、
「ロックは死んだ」とジョニー・ロットンは言い、
「らもはもう死んでる」とおれの読者はみんな言うてるで。

一人語りスタイルのエッセイ「異人伝」より。
ちょっと笑える名言です!

現世、人との出会い、人生、これらが無であることは百も承知だ。だからどうしたってんだ。俺は今、拘置所で寒さに震えながらラジオ体操をしている。「無?」だからどうしたってんだ。俺は光に賭ける。

「我々」とは誰のことなのか。
私は少なくとも自分が「我々」の一部であると断言する自信はない。

そういわれると、そうですよね!?ヽ(゚ロ゚;)

まわり中、壁だらけ。窓もない。
あるのはマイナー・ブルースだけ。

ロックな名言です☆

因果関係のみでこの世を理解しようというのは狭小な考え方だ、世界は予兆に満ちとるんだよ

人間は、自分の行為に何らかの意義がないと根本的に耐えられないものなのだ。

おれは自分の性としてA級を避け、B級を好む者である。

いつも上ばかりを目指していると、疲れちゃいますもんね( ̄ー ̄;

大人にならずに死ぬなんて、つまらんじゃないか。
せめて恋人を抱いて、もうこのまま死んでもかまわないっていうような夜があって。天の一番高い所からこの世を見おろすような一夜があって。死ぬならそれからでいいじゃないか。

死ぬ勇気があるなら、生きる勇気に変えて頑張ってみようv(*'-^*)

だれでも夢がつかめる。
才能よりもむしろ持続する能力があればの話だが。

継続は力なり…(^ω^)ノシ

こころが雨漏りする夜・・・・。
人間ですもの。あるんです。そんな夜も・・・

生きてたら、楽しいことよりも辛いこと・哀しい事の方が多かったりするんですo(TヘTo)

言語への弾圧が存在者の存在そのものを虐殺しようとしている

問題は言葉の響きの中になど存在しない。
それを使う人間の意識の在り方にあるのだ。

1 2




セートホンさん

芸能情報まとめならおまかせあれ★


まとめ参加者(1)