1. まとめトップ

さまぁ~ず三村マサカズ「金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」ゲスト出演回お笑いバカ発言集

2010年10月22日に放送されたTBSラジオ「金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」にさまぁ~ず三村マサカズがゲスト出演。この放送がネットのお笑いファンにすこぶる大好評でした。そこで本放送+ポッドキャストにおける三村さんの「お笑いバカ」発言を拾い起こしました。

更新日: 2010年11月10日

pipipipieruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 56432 view
お気に入り追加

バナナマンは今ぶっちゃけ、いくらもらってるの?

ゲストとして登場後いきなり

基本ぜんぶイエスだから。NGないからオレ

リスナーからの質問メールに対する姿勢表明

じゃ、今からイライラしていい?

昔、若手のころの設楽が番組でバカルディに「俺らを前に行かしてくださいよ!」と自分勝手な発言をしたことについて

すげーおかしなアレになってるのが、バナナマンに憧れた女芸人が高校卒業して入るところは「ホリプロコム」じゃなくて「ホリプロ」になっちゃう。さまぁ~ずに憧れた男子グループは「ホリプロ」じゃなくて「ホリプロコム」になっちゃう。「このねじれ現象はなんなんだ!」というのは、ずーっと口を酸っぱくして言ってるんだけど、社員が意地張ってる

さまぁ~ずは「ホリプロ」所属。バナナマンは「ホリプロコム」所属。そんな事務所のややこしい体制について

かわいすぎてさ、ジーパンが破けてるのとかロケに履いてくるんだけど、その中に手つっこんじゃったことある

ある日、美人マネージャーにはたらいた狼藉

ライバルの多い吉本を勝ち上がっていくのか。それくらいオマエはおもしろいのか。それとも格が落ちるけど他事務所で早めに頭角出しちゃうのか。たぶん吉本だと同期が何百組。その中から世に出るのは1割いかない。今いちばんお笑いが手薄のオスカープロモーションとか狙い目かもしれない、実は

芸人になりたいリスナーに事務所選びのアドバイス

己の腕をどれくらいか俯瞰で見ろってことだよね

若手芸人へ

(先輩の)言うこと聞かないでイイと思う。なんでハタチとかで下請けみたいにならなきゃいけないんだ、と。(生まれてから)18年間培ってきた「お笑いの脳みそ」ができてるわけじゃん? あとは喋りと動きがついていかないだけだもんね。いずれおっついてくるから、貫いたほうがいいんだよね

続・若手芸人へ

けっこう真面目だよ? オレ。マッサージでも絶対女の人さわんないしね。「オレ真面目だなー」って

リスナーからの「三村が真面目」というメールについて

今(バナナマンの)2人を強敵だって思ってる。いろいろ見てんのよ、深夜の。大喜利をみんなでやってみたり、「オモバカ」とかああいうの見ると、けっこうキテるんだよね。唯一さまぁ~ずがバナナマンに勝てるところは、さまぁ~ずのほうが総合的に「カッコいい」。外見の話だよ外見の話

さまぁ~ずがバナナマンに唯一勝てるところ

「バカルディのカッコいいほう」と言われてたんだから、オレ。マネージャーの松本が過去の写真を整理してて「三村さんの写真、1枚カッコいいの見つけました」。ただ「1枚しか見つけてない」。全角度かっこいいわ!

三村のかつての称号は「バカルディのカッコいいほう」

バナナマンに負けるところは、15分以上のコント作らしたら、もう(さまぁ~ずは)負けちゃうかも知れない。ただ、オレら変革期に入ってるな、って思うの。今ちょっと間あけてるの、コントライブ。次のライブ、おもしろいんで

さまぁ~ずコントライブについて

今、前線にいる人の中から、脱落者が年に2組くらい出てくる。そういう歴史だもん、お笑いって。つまんなかった人たちが必ず消えていくから、“おもしろ続けなきゃ”いけない

お笑い界の栄枯盛衰について

おもしろさへの嫉妬がハンパないんだよね。「おもしろいから、これ見ない!」とか。参考にしろよ、って自分で思うんだけど。「なんでこの場にオレいないんだろう……」とか

設楽が飲み会で耳にした三村語録「もっとおもしろくなりたい」について

おもしろいことを言える番組とそうじゃない番組ってあるじゃない? おもしろい番組でバナナマンがわりとメインというか、イイ感じで出てるだけの給料を今は計算したほうがいいと思う。それが実際の給料だから。あとはね、バイト。もしくはボーナス。ここまで来たボーナス

芸人の給料計算について

「おもしろポイント」の価格がめちゃくちゃ安い芸人がいるんだよ、たまに。「オマエ歌うたってんな」「料理作ってんな」。違う特技で食ってるヤツってのは、オレは危ないと思う。2年後……なんだよこの話!

手厳しい芸人論に自ら照れる

あまりストイックにいくと、ほんとに仕事なくなるから。遊びがありながら、実は心のなかで少し計算してるみたいな。「オレ、お笑いだけで食っていけてんじゃん」と。「一晩飲みに行けるくらいはイケてるわ」と。で、飲むと

お笑いでメシを食うということ

日村は「太ってブサイク」だけじゃない、ってのは(前から)言ってる。最近またちょっと面白くなり出してしまった。ここ1年さらに伸びてる気がする。設楽は客観的に見られるんだけど、日村はオレの分身が入ってる気がしてる

日村について

(日村には)絶対アドバイスなんかしたくないし、たまに「日村(ヒムラ)と「三村(ミムラ)」を間違えられたときとか最悪だもんね。「三又(ミマタ)」のほうが最悪だけどね

日村と三村と三又

いろいろいるじゃない? 先輩芸人。「緊張する人」っているじゃない。オレたち「緊張しないほうの代表お兄さん芸人」になろうかなと思ったことがある。と、言いながらも後輩ってなんだかんだ緊張するんだよな。なるべく緊張しないで出て欲しいなと思う。で、味が出たところをオレがもっと味出して、つぶす!(笑)

「緊張しないお兄さん芸人になりたい」

「マルさまぁ~ず」に来てない人は、オレ「ついていけない人たち」だと思ってるから。多少若い人たちからオファーきても「他にこういう人たち出るけど、大丈夫? キミ」って思っちゃう。そういう人たちはあんまり出てないんじゃない。あれコンビ、バラで出るじゃん。4人出るとしたら「キミ、格落ちるよ」みたいな怖い話

「マルさまぁ~ず」のキャスティングについてシビアな見解

オレね、さまぁ~ずってまだ天下取ってないんだと思う。天下取った人って、もっとお金持ちだと思う。「お笑い年表」作ったときにまだ載らない。2人で力あわせないとダメなんだよね。超こまかい年表になら(名前を)刻んでるよ? オレ「ざっくり年表」に載りたいんだ。「エンタツ・アチャコがここに」。ウンナン、ダウンタウン、とんねるず、載るじゃん。70歳になんないと載んないと思う

さまぁ~ずはお笑い年表に載るのか

いっぱい話し合ったほうがいいじゃない? 2人は仲いいでしょ。だって目合わせられるんだもん。これ目合わせられないコンビがいっぱいいる

バナナマンの仲の良さについて

ポッドキャストで延長戦やろうよ。(現場の)マネージャーが「明日寝不足になる」みたいな顔したから、絶対オレやる! 絶対寝かせない!

生放送の本編エンディングで。放送終了後のポッドキャスト収録に力強い参戦表明

ずーっと憧れてて、ずーっと共演もしたんだけど、未だに会うと鳥肌が立っちゃうのは、たけしさんだよね。慣れない。一生。たけしさんの前でおもしろかったことが1回もないんだけど、この先も1回もないと思う。なぜならアガってるから。震えちゃうね

憧れの芸人について

逆に本当にラジオは今それがいいと思うね。こんなのテレビじゃ喋れないでしょ、2時間も。(テレビじゃ)「笑わしてよ」ってなっちゃう

本編の生放送で熱い話をしたことについて

「消えていくランキング」の芸人さんって、実は消えてないでしょ? 本当に消えた人は名前が思い出せなくなってくる

「消える芸人」について

お笑い第ナントカ世代の「お笑い界の若貴」って言われた時期あったの。グーンとあがっていく感じが。91年とか92年に、オレらとホンジャマカがそう言われて。「ウンナン、ダウンタウンの次はこの人たち」って言われたんだけど、そこから裏道行ったんだよね。降りちゃったの高速

「お笑い界の若貴」が高速道路から裏道に入っちゃった話

もともと面白かったの有吉は。そこに「電波少年」も引っかかったらしいんだよね。だけどアイドル的な扱いをされて、あぁなっちゃった。俺らもそうだよね? 幸いだったのが、今だと「お笑い界の若貴」とか言われたらすぐ全国区じゃん。でもその人気ってなんとなく関東ローカルっぽかった。手前で失速したみたいな。だからそれでケガが浅かったというのはあった

有吉弘行とバカルディの成功と失速と再浮上について

1 2




「はてなでテレビの土踏まず」というサイトの管理人・ピエールです。テレビとラジオとアイドルとお酒が大好きなミーハーです。万物おもしろくてかわいくて気持ちよければ最高。一生楽しい勘違いをしてたいです。

このまとめに参加する



公式まとめ