1. まとめトップ

芸能人の卒業論文タイトルまとめ

高学歴な芸能人が増えてきたよね。有名人も合わせて、どんなテーマの卒論を提出したんだろう。

更新日: 2011年07月28日

イッCさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 127463 view
お気に入り追加

アイスキュロスの『縛られたプロメテウス』におけるアテネ(アテナイ)の民主制について

◇早稲田大学第二文学部史学科卒業(1969年卒)

※アイスキュロスはギリシアの悲劇作家

遺伝的アルゴリズムを適用したコンクリートの要求性能型の調合設計に関する研究

◇東京大学工学部建築学科卒業(2000年3月卒)

コンクリート工学を専攻しており、遺伝的アルゴリズムを建築学へ応用するというテーマのもとで書かれた論文のようです。

精神テンポについて

◇上智大学文学部心理学科(2005年卒)

論文のテーマは、日常生活におけるその人らしい精神テンポ。
麻央本人は自分のことを普通の人よりはゆっくりなテンポであると自覚をしているらしいです。

ヴォルテラ方程式について

◇早稲田大学理工学部情報工学科卒業(1997年卒)

大学では数学を専攻しており、UNIXのコピー&ペーストを駆使して論文を書いたそうです。

杉村春子の生涯

◇明治大学文学部演劇学科卒業(2009年卒)

大先輩にあたる女優の杉村春子さんをテーマに論文を書いています。
「かしこまった演劇論を勉強するのではなく、一人の女優を客観的に観てみたくて。
 幼いころからずっとすごいと思っていた杉村さんに決めました。」とスポーツ誌のインタビューで答えています。

脚本における日本語

◇大正大学文学部日本語日本文学科卒(2005年卒)

論文の内容は、三谷幸喜が脚本を担当した大河ドラマ、NHK「新選組!」の脚本を取り上げたもの。
この卒論の評価は「A-」だったと吹石本人がテレビで語っています。

ライブ文化の考察

◇立命館大学産業社会学部産業社会学科人間文化学系を卒業。(2005年3月卒)

アーティストとしての多忙な日々を送る中、在学中に3回も論文を提出したそうです。
卒業論文のテーマは「ライブ文化の考察」でした。
「ライブとは何か?」と常に自分の活動を基礎にして、学問的に学ぶことに努め、最終的に、ライブを「来た人のみが楽しめる芸術」と結論付けているそうです。

国際法上のテロリストについて

亜細亜大学国際関係学部で国際法を専攻。
本人曰く「アクチュアルなテーマなので関心があって、書き上げた時の達成感があった」
また、書き終えたときは「今は抜け殻状態で達成感でいっぱいです」

あの美しさから意外な卒論タイトルです。

心的自動法を主とするシュール・リアリズムにおける創作心理の精神分析的批判

◇同志社大学文学部卒業

日本語のアクセントを歴史的に研究

◇東京帝国大学文学部国文学科卒業。その後、帝国陸軍に入営しましたが、1939年4月、東大大学院に再入学しています。

卒論は、平安時代のアクセントを示す好個の資料である観智院本『類聚名義抄』を題材にしているそう。

サッカレーと悪漢小説(ピカレスク)の関係について

◇早稲田大学第一文学部英文学科卒業

トマト(GCR267)の抵抗性遺伝子Tm-2^2の機能解析

◇東京大学教養学部生命・認知科学科卒業後、2005年にTBSテレビ入社しています。

破産法について

◇早稲田大学法学部、大宮法科大学院大卒業

2010年の司法試験に合格しています。

日本のジャズ史

◇一橋大学社会学部卒業

社会心理学者として有名な南博のゼミに所属していたそう。

はっぴいえんど論~日本語ロックの先駆け~

◇専修大学文学部日本語日本文学科卒業

70年代に活躍した日本語ロックの先駆けグループ、「はっぴいえんど」についての論文を書いています。

誰も知らなかったよしだたくろう

◇一橋大学社会学部卒業

吉田拓郎の熱狂的なファンだったらしく、吉田拓郎という人物を卒論の題材にしたそうです。

<お笑い三人組>における大衆の笑い

◇明治大学演劇科卒業(1962年卒)

堕胎罪について

◇二松学舎大学大学院文学研究科卒業/国文学専攻博士前期課程(修士課程)修了

「深く考えずにこのテーマを選んでしまったが、とても大変な問題で追求しきれなかった」と、卒論に対する悔いを、テレビ番組「徹子の部屋」で告白しています。

戦後沖縄における対米感の推移

東京大学文学部社会学科を首席で卒業。

女優論

明治大学文学部演劇学科卒業。
明大在学中の1975年に文学座に入り、女優活動をスタートしていたそうです。
どんな内容なのか、気になります。

野球道の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科・1年制コースを首席で修了。
在籍する33人の卒論の中で最も優秀と評価され、卒業論文が「最優秀論文賞」に。

A4のリポート用紙96枚にも及ぶ大作は、「野球道」を追究し、
現役プロ野球選手約300人にもアンケートをして「体罰」の実態を探るなど、
独自の研究内容が詰まっているという。

1




イッCさん

ヘンテコ万歳!


まとめ参加者(2)



公式まとめ