1. まとめトップ

【厳選】カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2016年06月25日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
415 お気に入り 2372729 view
お気に入り追加

6月に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの会場で、メルセデス-AMG GT Rが発表されるが、そのティザー・フォトが公式に公開された。

その写真からは、われわれAUTOCARの予想イラスト(右側4番目のイラスト)どおり、通常のAMG GTよりもマッシブなエクステリアを持つことがわかる。この、メルセデス-AMG GTのトップ・モデルとなるGT Rは、ウィンター・テストしている風景も既にAUTOCARではキャッチしている。ライバルは、ズバリ、ポルシェ911GT3 RSだ。

この2シーター・クーペはドイツのシンダーフィンゲン工場で、GTおよびGT Sと同じラインで組み立てられることになっており、そのデビューは今年6月のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードとなる。

GT Rは、最終的に5モデルとなるとされるGTの3つめのバリエーションで、現時点では最もアグレッシブなモデルとなる。

エンジンは578psで、昨年のジュネーブ・モーターショーで登場したホモロゲーション・モデルであるGT3レーサーのものをベースにかなりの手が加えられているという。主にインレット・マニフォールドと、エクストラ・ブースト・プレッシャーを調整し、チタン製のエグゾースト・システムなどが与えられた結果、4.0ℓV8ツインターボのAMG製M178ユニットは、GT Sに採用されるものよりも63ps大きい値になるという。また、これも正式な数値ではないが、トルクは9.7kg-mほど大きくなった76.3kg-mとなるという。これに強化された7速デュアル・クラッチ・トランスミッションが組み合わせられることになる。

更にスプリングとダンパーが固められたサスペンションをはじめ、シャシーのスープアップも行われる。タイヤはフロントが275/35R19、リアが325/30R20インチだ。

その生産計画などについては、AMGは口を固く閉じているが、ディーラーにもたらされた情報によれば、もちろんその価格はGT Sよりも高くなるという。

サーキットに焦点をあてたモデルらしく、いくつかのエアロダイナミック・アップグレードが行われる。このアップグレードは、エンジンベイへのエアフローを向上させ、フロントおよびリア・アクスルへかかるダウンフォースを増加させ、コーナリングでの安定性を増す狙いがある。具体的には、拡大されたエア・ダクトに第2のエア・ダクトが追加され、スピリッターを備える新しいフロント・バンパーや、フロント・ウイングのダクトの変更、トランク・リッドにマウントされるカーボンファイバー製のリア・ウイングなどが変更点。また、リア・バンパーにはディファレンシャルの熱気を排気するための水平のエア・ダクトが開けられ、大きな六角形のエグゾーストと、リデザインされたディフューザーも新たに採用される。

最も大きなボディ・ワークの違いは昨年GT3で公開した新しいパナメリカーナ・グリルだ。1952年のパナメリカーナを戦った300SLにインスピレーションを受けたもので、15枚のバーチカル・スラットがスリー・ポインテッド・スターの後ろの並ぶもの。

この新しいグリル・デザインは、将来のAMGモデルの標準になる予定だという。

GT Rの車両重量は、GT Sの1570kgよりも軽くなる。その軽量化のため、ボンネット、ウイング、トランクリッドはカーボンファイバー製となる。正式な発表ではないが、AMGの関係者によれば60kg近い軽量化ができており、プロダクション・モデルの最終的な車重は1520kgとなるようだ。ちなみにライバルの911 GT3 RSは、GT Rより非力ではあるが車重は1520kgだ。

なお、サーキット走行を重視したセッティングとなるため、直線スピードはGT Sよりも劣ることになるという。ちなみに、GT Sのトップスピードは311km/hである。

なお、このGT RはGTの3つめのモデルとなる。来年には最も強力なモデル、ブラック・シリーズが、そして再来年にはGTロードスターがリリースされる予定。

ソース autocar

At the venue of the Goodwood Festival of Speed, which will be held in June, but Mercedes -AMG GT R will be announced, the teaser photo was published officially.

That from the photo, as expected forecast illustrations of our AUTOCAR (right fourth illustrations), it can be seen that with a massive exterior than the usual AMG GT. This, GT R to be a top model of Mercedes -AMG GT has already caught in AUTOCAR also landscape that Winter test. Rival is, frankly, but Porsche 911GT3 RS.

This two-seater coupe in the cinder fin Gen plant in Germany, has become to be assembled on the same line as the GT and GT S, its debut is the Goodwood Festival of Speed ​​in June this year.

GT R ​​is a final third variation of GT which is a 5 model, is the most aggressive model at this time.

Engine is 578ps, that has been added a considerable amount of hand based on that of the GT3 racer is a homologation model that appeared in last year's Geneva Motor Show. And mainly inlet manifold to adjust the extra boost pressure, results such as the titanium exhaust system is given, AMG-made M178 unit of 4.0ℓV8 twin turbo, 63ps than those employed in the GT S to become a great value. Also, that this also is not a formal numerical value, the torque will be 76.3kg-m became larger as the 9.7kg-m. So that the seven-speed dual-clutch transmissions with enhanced thereto are combined.

In addition, including the suspension that has been hardened the springs and dampers, soup-up of the chassis is also performed. Tire front 275 / 35R19, but the rear is 325 / 30R20 inch.

For such as its production plan, AMG is closed tightly the mouth, according to the information that has been brought to the dealer, of course that the price is higher than the GT S.

Rashiku model with a focus on the circuit, are some of the aerodynamic upgrade is done. This upgrade improves the airflow to the engine bay, the down force exerted to the front and the rear axle is increased, there is an aim to increase the stability in cornering. Specifically, the second air duct is added to expanded air duct, and new front bumper including a spin-liter changes of the front wing duct, made of carbon fiber is mounted to the boot lid such as the change point of the rear wing. Moreover, the rear bumper is opened a horizontal air duct for exhausting the differential of hot air, a large hexagonal exhaust, are also employed newly diffuser which is redesigned.

The difference of the largest body work is a new Panamericana grille that was published in last year GT3. The 300SL fought Panamericana of 1952 which was inspired, 15 sheets of those vertical-slat are lined up behind the three-pointed star.

The new grille design is, that's going to be the standard of the future of the AMG model.

Vehicle weight of the GT R is lighter than the 1570kg of GT S. Because of its light weight, the bonnet, wings, trunk lid is made of carbon fiber. Although not a formal announcement, it can 60kg close lighter According to AMG officials, the final vehicle weight of the production model seems to be 1520kg. By the way, rival of 911 GT3 RS, it is powerless than GT R but the vehicle weight is a 1520kg.

It should be noted that, since the setting with an emphasis on circuit racing, straight line speed that would be worse than GT S. By the way, the top speed of the GT S is a 311km / h.

Incidentally, the GT R is a third model GT. The most powerful model in the next year, plans to black-series, and GT Roadster in year after next is released.

Source autocar

1 2 3 4 5 ... 937 938





このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう