1. まとめトップ

カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2015年06月28日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
407 お気に入り 2244080 view
お気に入り追加

アルファロメオ ジュリア

イタリアのアルファロメオは6月24日、イタリアのアルファロメオ博物館において、新型『ジュリア』を発表した。

ジュリアといえば、1962年に誕生したアルファロメオの名車。小型の4ドアスポーツセダンで、1977年までの15年間に渡って、生産された。

アルファロメオがおよそ40年ぶりに復活させたジュリアは、生粋のスポーツセダンを目指して開発。そのハイライトは、アルファロメオが属するFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)傘下のスーパーカーメーカー、フェラーリがチューンしたエンジンにある。

フェラーリチューンのエンジンが載るのは、最上級の「クアドリフォリオ」グレード。V型6気筒ガソリンターボエンジンは、排気量は未公表ながら、最大出力510hpを引き出す。このパワフルなエンジンのおかげで、0-100km/h加速3.9秒のパフォーマンスを実現した。

また、アルファロメオらしいサウンドも追求。カーボンファイバーやアルミなどの軽量素材により、車両重量は抑えられ、パワーウェイトレシオは3kg/hpレベルを達成している。

ソース レスポンス《森脇稔》

Italy's Alfa Romeo is June 24, in the Alfa Romeo Museum in Italy, announced the new "Julia".

Speaking of Julia, of Alfa Romeo was born in 1962 great car. In a small four-door sports sedan, over the 15 years up to 1977, it was produced.

Alfa Romeo was revived in about 40 years Julia, developed with the aim of genuine sports sedan. Its highlight, super car manufacturer under the umbrella of FCA that Alfa Romeo belongs (Fiat Chrysler Auto Mobil's), Ferrari is in tune the engine.

Ferrari tune of the engine rests, the "Quadrifoglio" grade of superlative. V-type 6-cylinder gasoline turbo engine, exhaust amount while unpublished, derive the maximum output 510hp. Thanks to this powerful engine, we realized the performance of 0-100km / h acceleration 3.9 seconds.

Also, it seems Alfa Romeo sound also pursuing. Lightweight materials such as carbon fiber and aluminum, the vehicle weight is suppressed, power-to-weight ratio has been achieved 3kg / hp level.

Source response "Moriwaki Minoru"

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア

噂されていたロータスの最もハードコアなスポーツカー、3イレブンがグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの会場で遂に公開された。ロータスがニュー・ジェネレーションのスポーツカーとして約束していたモデルであり、900kgを切るボディに450psを越えるパワーを持つエンジンを搭載したもの。そして、ロータス史上最速であり最も高価なモデルでもある。この3イレブンは新任のCEOであるジャン・マルク・ゲールズの発案によるものと言われている。

クルマは2つのバージョン、つまりロード・バージョンとレース・バージョンの2つが用意される。仕様によって異なるが、価格は£82,000(1,590万円)から£115,200(2,240万円)の間となる。

ゲールズは、この3イレブンに関して、ロータスのイディオムが失われていなことの証明だとし、伝説的なハンドリングと強烈なスピードを届けることとなると話している。実際、ヘセルにあるテスト・コースでは、従来の最速のロータスよりも10秒以上速い1周1分22秒のタイムを叩き出しているという。

ストレート・ラインのパフォーマンスも強力だ。0-96km/h加速が3.0秒というタイムは、マクラーレンP1やラ フェラーリと同じ領域である。最高速度はレース・バージョンでは280km/h、ロード・バージョンでは若干高いギアリングをを与えられていることもあって290km/hとなる。

ゲールズは、1億9000万円という遥かに高価なポルシェ918スパイダーが持つニュルブルクリンクでの7分を切るタイムを、この3イレブンで更新するつもりだという。

また「3イレブンの持つハードコアなパッケージにエンジニアリング・ハウトゥが凝縮されている。もちろん、それは万人向けとは言えないが。しかし、このハウトゥは、将来のロータス全モデルに繋がる重要なコンセプトでもある。」とも語った。

搭載されるエンジンは、横置きにミッドマウントされる3.5ℓユニット。トヨタのV6をベースに、スーパーチャージャーとインタークーラー、そしてヘゼルでデザインしたエンジン・マネジメントが組み合わせられる。パワーは456ps/7000rpm、トルクは45.9kg-m・3500rpmという値だ。

ギアボックスはロード・バージョンはコンベンショナルなHパターンの6速マニュアルにレーシング・クラッチという組み合わせ、レース・バージョンではパドルシフトを備えたXトラックのシーケンシャル6速が組み合わせられる。共に、トルセンタイプのリミテッド・スリップ・ディファレンシャルが装備される。

シャシーは、ボンドとリベット留めされたアルミニウムのモノコック・タブという他のロータスと基本的に同じ作りだが、その強度は大幅に向上しているという。

ロード・バージョンのロールケージはサイド・インパクト・バーを統合したタイプ。そしてレース・バージョンのロールケージはFIAのレギュレーションに従ったものだ。

ボディ・パネルは一般的なグラスファイバーよりも40%ほど軽い新素材が、世界ではじめてプロダクション・カーに用いられた。デザインはロータスのインハウス製で、大きなクーリング・スクープと排気用のベントが開けられてはいるものの、エアロダイナミクスを最優先したものとなっている。ロールバーまでもがエアロダイナミクスを考えた形状とされている。また、ロード・バージョンとレース・バージョンではフロント・スピリッターやリア・スポイラーのデザインが異なる。ちなみに、レース・バージョンでは、241km/hで215kgのダウンフォースを発揮するという。

コクピットは最小限の装備しかない。エアロ・スクリーンの下にはTFTタイプのスクリーンがあるだけで、ライトウェイト・タイプのロータス・オリジナル・デザインのバケット・シートがひとつだけ着く。クイック・リリース・ステアリング・ホイールと、4点式のハーネスはどちらのバージョンであっても標準装備となる。

ロード・バージョンのオーナーは、パッセンジャー部分をトノー・カバー・パネルで覆ってしまうか、あるいはそのカバーと取り払ってパッセンジャー・シートと取り付けるかの選択ができる。

軽量なコイル・スプリングを持つ4輪独立ダブル・ウィッシュボーンのサスペンションは、オーリンズのダンパーとアジャスタブル・フロント・アンチロール・バーが装備される。

両バージョン共にホイール・サイズはフロントが18インチ、リアが19インチで、ミシュラン・パイロット・スーパー・スポーツがロード・バージョンに、ミシュラン・カップ2がレース・バージョンに履かされる。

ブレーキは、2ピースのドリルド・ベンチレーテッド・ディスクで、APレーシングの4ポット・キャリパーが与えられる。

この3イレブンと、最近発表されたエヴォーラ400には、世界的に大きな需要があるとロータスでは読んでおり、現在、1週間に45台という生産を、この9月までの90台にまで伸ばしていきたと考えているようだ。この3イレブンは、ディーラーでもロータスのレーシング部門からもオーダーが可能で、デリバリーは来年4月からを予定している。

ソース autocar

The most hardcore sports car of Lotus, which has been rumored, 3 Eleven has been finally published at the venue of the Goodwood Festival of Speed. a model Lotus had promised a new generation of sports cars, which are equipped with an engine having a power exceeding 450ps body to cut the 900kg. And, it is also the most expensive model is the Lotus fastest ever. This 3 Eleven is said the brainchild of Jean-Marc Gales, CEO of the new.

Car two versions, namely two of the load version and race version is prepared. It is different depending on the specification, but the price will be between £ 82,000 (1,590 million) from £ 115,200 (2,240 million).

Gales, with respect to this 3 Eleven, is that it is proof that Lotus of idioms, such has been lost, is talking to become the thing to deliver the legendary handling and intense speed. In fact, the test course in Heseru, and that has knocked the traditional fastest time of 10 seconds or more fast one lap 1 minute 22 seconds than Lotus.

Performance of straight-line also a powerful. Time of 0-96km / h acceleration of 3.0 seconds, is the same area as the McLaren P1 Yarra Ferrari. Maximum speed is 290km / h that even that has been given a 280km / h, slightly higher gearing is a load version in the race version.

Gales is, that the time to cut the 7 minutes at the Nurburgring with the much more expensive Porsche 918 Spyder that 100 million 90 million yen, I'm going to update this 3 Eleven.

Also it has been condensed engineering HOWTO to hardcore package with the "3 Eleven. Of course, it is not a million people for. However, this HOWTO is also an important concept lead to future of Lotus all models. "And I told also.

Engine mounted is, 3.5ℓ unit which is mid-mounted horizontally. Based on the Toyota V6, supercharger and intercooler, and the engine management was designed in Hezeru combined. Power is 456ps / 7000rpm, torque is it's value of 45.9kg-m · 3500rpm.

Gearbox load version combination of racing clutch six-speed manual of conventional H pattern, are combined sequential six-speed of X track with a paddle shift in the race version. Together, Torsen type of limited slip differential will be equipped.

As chassis, but essentially the same make and other Lotus called Bond and riveted been monocoque tabs for aluminum and its strength is greatly improved.

Type roll cage of the load version with integrated side-impact bars. And roll cage of the race version is something in accordance with FIA regulations.

Body panels are about 40% higher than the typical glass fiber light new materials were used for the first time in a production car in the world. Design is made of Lotus in-house, although the large cooling scoop and a vent for the exhaust is a bored, it has become a thing of the highest priority to the aerodynamics. Even roll bar and has a shape considering the aerodynamics. In addition, the design of the front spin Ritter and rear spoiler are different in load version and race version. By the way, the race version, and that exerts a downforce of 215kg at 241km / h.

Cockpit is only a minimum of equipment. Only under the Aero-screen there is a screen of TFT type, bucket seat of lightweight type of Lotus original design arrive only one. Quick and release the steering wheel, also a standard 4-point harness on either version.

Load version of the owner, or would cover the passenger part in the tonneau cover panel, or can the choice of installing the passenger seat to get rid and its cover.

4-wheel independent double-wishbone suspension with lightweight coil-spring, is equipped with Orleans damper and adjustable front anti-roll bar.

Wheel size Both versions are front is 18 inches, the rear has 19-inch, Michelin Pilot Super Sport is to load version, Michelin cup 2 is wearing the race version.

Brakes, a two-piece of drilled-ventilated disk, given a 4 pot calipers AP Racing.

And this three-eleven, the Evora 400 that have been announced recently, and worldwide there is a great demand and are read in Lotus, now, it has been extended to the production of 45 units per week, to 90 units until this September It seems to have thought to have come. This 3 Eleven, can be ordered from the racing department of Lotus in dealer, delivery is scheduled from April next year.

Source autocar

1 2 3 4 5 ... 872 873




このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう