1. まとめトップ

カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2016年05月04日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
415 お気に入り 2356883 view
お気に入り追加

2014年のサンパウロ・モーターショーでコンセプト・モデルを発表された日産キックスが、いよいよ今年の夏、先ず最初にラテン市場向けとして生産される。その後、このキックスは全世界80ヶ国以上で販売される予定のグローバル・マーケット・モデルである。ただし、このキックスが英国を含む右ハンドル市場用として用意されるかどうかは不明だ。

まだ、その細かいスペックは公表されていないが、クーペのようなスタイルにも関わらず、クラス・トップのパッセンジャー・スペースを持つと日産はコメントしている。

キックス・コンセプトは、全長4300mm、全幅1800mm、全高1600mmだったが、これはフィアット500Xとほぼおなじサイズだ。

インテリアは、7.0インチのフルカラー・ディスプレイと、スマートフォン接続可能なインフォテインメント・システムを特徴とする。また、外部に取り付けられた4つのカメラによるアラウンドビュー・モニターも装備する。

日産のラテンアメリカ代表であるホセ・ヴァルスは、急速に伸びてきているラテン・アメリカのコンパクト・クロスオーバー市場に対応したモデルだという。

「日産キックスは、ユーザーの望む高いパフォーマンス、強いデザインを持っている。」とコメントしている。

生産は8月からスタートする予定で、先ず最初にブラジルで販売される。

キックス・プロジェクトは、日産のグローバル・デザイン・センターをメインに、サンディエゴとリオのデザイン・チームが共同して行った。そのため、そのデザインはラテン・アメリカのカルチャーやファッションに大きく影響を受けているという。

キックスの生産開始によって、日産はリオで600人の新たな雇用をし、2シフト制をひく。また、2014年にオープンしたこの工場には、£1億3000万(200億円)の投資を行っている。

ソース autocar

In Sao Paulo Motor Show of 2014 was announced the concept model Nissan Kicks is, finally this year in the summer, it is first first produced as for the Latin market. Thereafter, the Knicks is a global market model that will be sold worldwide in more than 80 countries. However, whether this Knicks are prepared for right-hand drive markets, including the UK it is unclear.

Still, that is fine specs have not been published, despite the style, such as the coupe, Nissan has commented that with the passenger space of the class top.

Kicks concept full-length 4300mm, total width 1800mm, but was a total height 1600mm, this is almost the same size as the Fiat 500X.

Interior is characterized by a full-color display of 7.0 inches, the smartphone can be connected infotainment system. Also equipped Around View Monitor by four cameras mounted to the exterior.

Jose Valls is a Latin American representative of Nissan, rapidly has been growth that's the model that corresponds to the compact crossover market of Latin America.

"Nissan Kicks is, high performance desired by the user, has a strong design." And have commented.

Production is scheduled to start from August, it is first sold first in Brazil.

Kicks project, the main global design centers of Nissan, the design team of San Diego and Rio went jointly. For this reason, that the design has been greatly affected by the Latin-American culture and fashion.

By the start of production Knicks, Nissan and a new employment of 600 people in Rio, catching a two-shift system. In addition, in this factory, which opened in 2014, it has invested £ 1 130 million (20 billion yen).

Source autocar

FABデザイン マクラーレン 650S

FABデザイン マクラーレン 650S

FABデザイン マクラーレン 650S

FABデザイン マクラーレン 650S

FABデザイン マクラーレン 650S

FABデザイン マクラーレン 650S

マツダ『CX-4』が北京モーターショー16でついに世界初公開された。SUV市場で盛り上がる中国市場へいち早く導入することで、新たな需要喚起を狙う。CX-4は2016年6月より中国で生産し販売を開始。その後グローバル展開されるものとみられる。

発表されたCX-4はすべて量産試作モデルで、モックアップではない。この内容でそのまま市場で出てくる予定だ。ステージの上に1台。フロアには2台の計3台のCX-4が置かれ、どのCX-4もすべて自由に取材できる状態となっていた。それだけに発表直後は少しでも早くリアル情報を流そうと大勢の報道陣でごった返した。

CX-4で予想を覆したのは全長だ。上位モデルの『CX-5』よりも長いのだ。昨年、東京モーターショー16において『KOERU』が出展されたとき、チーフデザイナーの小泉巌氏は「大きさからしてCX-5の後継か」との質問に、「CX-5に縛られることなく自由にデザインした」と回答。それがこのCX-4の伸びやかなデザインにつながったものとみられる。

そのサイズは全長4633×全幅1840×全高1535mm(SKYACTIVE-G2.5搭載車)となった。目の前で見ると結構な大きめのSUVという印象を受ける。それもそのはず、全長はCX-5の4540mmよりも10cm近く長い。それでいて全高をCX-3よりも低くしているから余計に大きく見えるのだ。

またバックドアを開けると、カーゴルームは明らかにCX-5よりも余裕があるように見える。10cm近く長くなったことがその余裕を生み出すのに貢献したのは間違いない。しかも凹凸のないフラットさで使いやすさも上々だ。一方、全高は立体パーキングにも入る1550mm以下としたのは日本市場導入でも優位につながるだろう。

このサイズだとSUVとして室内は狭く感じるのではないかとも思いがち。外観を見ている限りではそうも思ったが運転席に座れば実際はそうではなかった。ホワイトレザーの本革パワーシート(オプションと思われる)が広々感を演出していた可能性もあるが、運転席に座ったときのヘッドクリアランスにも余裕があり、むしろ左右の広さが開放感を生み出していたのだ。

パワートレインは、2.0リットルの直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、同2.5リットルの「SKYACTIV-G 2.5」をラインナップした。日本市場投入時は2.2リットルディーゼルエンジンが予想される。組み合わされるトランスミッションは6速ATで、2.0L車のみ6速MTが選択できる。燃費はSKYACTIV-G 2.0搭載モデルと6速MTの組み合わせで6.4L/100km、同6速ATの組み合わせで6.3L/100km、SKYACTIV-G 2.5搭載モデルは7.2L/100kmとなっている。

ソース レスポンス《会田肇》

Was finally the world's first published in the Mazda "CX-4" is Beijing motor show 16. By quickly introduced into the Chinese market, which rises in the SUV market, targeting the new stimulate demand. CX-4 is the start of the sale and production in China from June 2016. After that is expected to be global expansion.

In all announced CX-4 mass production prototype model, not a mock-up. It plans to come as it is out in the market in this content. One on top of the stage. The two a total of three of the CX-4 is placed in the floor, had become all how CX-4 is also ready to be interviewed freely. Soredakeni announcement immediately after was packed with a large number of reporters attempts to pass the early realistic information even a little.

Is a full-length was overturned expected in the CX-4. Long of it than the "CX-5" Top Model. Last year, when it was exhibited at the "KOERU" at the Tokyo Motor Show 16, Iwao Koizumi chief designer to the question of the "successor of the CX-5 and from the size", without being bound by the "CX-5 free was designed "with the answer. It can be seen as those that led to the relaxed design of the CX-4.

Its size became a full-length 4633 × overall width 1840 × height 1535mm (SKYACTIVE-G2.5-equipped vehicles). Looking at the front of get the impression that quite a large SUV. That should be it, overall length is long near 10cm than 4540mm of the CX-5. Yet it looks extra large because the overall height is lower than the CX-3.

Also it opened the back door, cargo room is clearly looks like there is a margin than the CX-5. The've longer near 10cm helped to create the margin is no doubt. Moreover, ease-of-use in the absence of uneven flat is also a very best. On the other hand, total height was not more than 1550mm also enter into a three-dimensional parking will lead to dominance in the Japanese market introduction.

Tend to be I think the room feel narrow as SUV and it is this size. I thought so too as far as looking at the appearance, but actually was not the case if you sit in the driver's seat. Although there is a possibility that this leather power seat of the white leather (think that the option) were spacious produce a sense, there is room to head clearance when sitting in the driver's seat, but rather wide of the left and right is a feeling of opening it was not created.

Powertrain, a 2.0-liter direct-injection gasoline engine "SKYACTIV-G 2.0", was a lineup of "SKYACTIV-G 2.5" of the same 2.5 liters. When the Japanese market is expected to 2.2 liters diesel engine. Transmission to be combined in the 6-speed AT, 2.0L cars only 6-speed MT can be selected. Fuel consumption is combined in 6.4L / 100km of the SKYACTIV-G 2.0 model equipped with a 6-speed MT, combined with 6.3L / 100km, SKYACTIV-G 2.5 model equipped with the same 6-speed AT has become a 7.2L / 100km.

Source response "Hajime Aida"

1 2 3 4 5 ... 930 931




このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう