1. まとめトップ

カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2014年08月21日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
392 お気に入り 2061398 view
お気に入り追加

カルフォルニアにある新興企業、レノボ・モータースは、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスの会場で新しいスポーツカーを公開した。レノボ・クーペと名付けられたこのモデルは、シェルビー・デイトナCSX9000を模したボディに、500ps、138kg-mのモーターを搭載したEVだ。

メーカーによれば、0-96km/h加速が3.4秒、最高速度は193km/hというパフォーマンスだという。

レノボは、その重さを軽減するために新しいバッテリー技術を採用している。バッテリーは3箇所に分けて搭載することが可能で、結果として重量バランスも良いという。重さは1474kg。これはi8の1540kgやテスラ・モデルSの2108kgよりも軽いという。

航続距離はおよそ160km。チャージは急速で30分、家庭用チャージャーで5時間かかる。

ブレーキはフロントが6ピストン、リアが4ピストンの13インチ・キャリパー・ディスクに、ホイールは、ミシュラン・パイロット・スーパー・スポーツが履かされる。

インテリアは従来のアナログ・ディスプレイか、デジタル・ディスプレイが選択できる。

生産は来年からスタートする。台数は公表されていないが、レノボの社長は、P1やラ フェラーリよりも少ないというから、365台以下であることは間違いない。

レノボ・モータースは、2010年にシリコン・バレーで設立された会社だ。共同設立者でありCEOのクリストファー・ハイザーは、「パフォーマンス、コントロール、そしてエキサイティングさを持つクルマを提供していくのがレノボ・モータースの役割だ。レノボ・クーペは、本当のドライビング・エクスペリエンスのために、われわれの持つパッションとテクノロジーを注ぎ込んだモデルだ。」と語っている。

ソース autocar

Start-up companies in California, Lenovo Motors, has released a new sports car at the venue of the Pebble Beach Concours d'Elegance. This model, named Lenovo Coupe, but the EV to the body that mimics the Shelby Daytona CSX9000, was equipped with a motor 500ps, of 138kg-m.

According to the manufacturer, 3.4 seconds 0-96km / h acceleration, that's performance top speed of 193km / h.

Lenovo, adopts a new battery technologies in order to reduce its weight. The battery can be mounted in three positions, the weight balance is good and as a result. It weighs 1474kg. This is called lighter than 2108kg of Tesla Model S and 1540kg of i8.

Cruising distance of approximately 160km. 30-minute rapid charge takes 5 hours at home charger.

Front 6 piston, 13-inch caliper disk of the piston 4, the wheel is worn Michelin Pilot Super Sport is rear brake.

Or analog display of traditional, interior can be selected digital display.

Production will start from next year. The number because he has not been published, but the president of Lenovo, less than P1 Yarra Ferrari, there is no doubt that it is 365 or fewer.

Lenovo Motors, a company that was founded in Silicon Valley in 2010. It is the role of the Lenovo Motors is going to provide the car with the exciting is "performance, and control,. Lenovo Coupe, Christopher Heiser and CEO, for the driving experience of the real is a co-founder , it is said. "said model poured and technology with passion of our.

Source autocar

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

イタリアのランボルギーニ社は8月15日、米国カリフォルニア州で開幕したクラシックカーの一大イベント、「QUAIL」において、『ウラカンLP620-2スーパートロフェオ』を初公開した。

同車はランボルギーニの新型スーパーカー、『ウラカンLP610-4』のレーシングカー。「スーパートロフェオ」とは、ランボルギーニのワンメイクレースの名称。現在、「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」として、『ガヤルド』を使用したワンメイクレースが世界を舞台に開催されている。

ガヤルドは、すでに生産を終了。その後継車が、ウラカンLP610-4。今回発表されたウラカンLP620-2スーパートロフェオは、ウラカンLP610-4をベースに開発されたレーシングカー。

車名が意味する通り、駆動方式はベース車両の4WDから2WD(MR方式)に変更。これは、世界のGTカテゴリーのレギュレーションに適合させるための変更。また、自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、最大出力を610psから620psへ、10ps引き上げた。

また、ウラカンLP620-2スーパートロフェオでは、快適装備を省くなどして、軽量化を推進。車両重量は、ベース車両比で150kg軽い1270kgとした。パワーウェイトレシオは、2.05kg/psと、優れた数値を達成する。

さらに、大型リアウイングをはじめ、エアロダイナミクス性能を向上。ウラカンLP620-2スーパートロフェオは2015年、欧州、アジア、北米で開催されるランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオに、実戦投入される予定となっている。

ソース レスポンス《森脇稔》

August 15, major event of the classic car that kicked off in the United States, California, in the "QUAIL", Lamborghini the Italian company premiered the "Huracan LP620-2 Super Trofeo".

Same car new supercar Lamborghini, racing car of "Huracan LP610-4". The "Super Trofeo", and the name of the one-make race Lamborghini. One-make race now, as the "Lamborghini Blancpain Super Trofeo", using the "Gallardo" has been held on the world stage.

Gallardo, ending the production already. Its successor car, Huracan LP610-4. Huracan LP620-2 Super Trofeo, which was announced this time, racing car that has been developed based on the Huracan LP610-4.

As car name implies, drive system change to 2WD (MR system) from the base 4WD vehicle. This changes to conform to regulation GT category world. In addition, 5.2 liters V-type 10-cylinder gasoline direct-injection engine of the naturally aspirated, 620ps to 610ps from the maximum output, raised 10ps.

Also, in Huracan LP620-2 Super Trofeo, by, for example, eliminating the comfortable equipment, and promote weight reduction. Vehicle weight was 1270kg and 150kg lighter at the base vehicle ratio. Power-to-weight ratio is achieved and 2.05kg / ps, a number that excellent.

In addition, including a large rear wing, and improved aerodynamics performance. 2015, LP620-2 Super Trofeo Huracan has become a plan in the Lamborghini Blancpain Super Trofeo, which will be held in Europe, Asia and North America, is combat power.

Source response "Minoru Moriwaki"

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

1 2 3 4 5 ... 806 807




このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



公式まとめ