1. まとめトップ

カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2016年02月09日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
413 お気に入り 2309941 view
お気に入り追加

フェラーリFFの後継にあたるGTC4ルッソが、ジュネーブ・モーターショーでのワールド・プレミアを前に公開された。

厳密にはフル・モデルチェンジというより、‘アップデート’ という立ち位置なのだが、内外装や名前など大きく変わっている部分が大半である。

エア・インテークを含むフロント・グリルが大きく変わったのはエアロダイナミクスの向上のため。リア・ウイングにはエア・ベントが加わった。

リア・ウインドウ上部にはスポイラーが、さらに視線を落とすとディフューザーも設けられている。フェラーリいわく、空気抵抗は “極めて小さい” とのことだ。

興味深いのは、GTC4ルッソの購入層を、これまでのカスタマーよりも若い世代としている点だ。FFの走行距離が長いことから、GTとしての使い方も前提とする。

エンジンはこれまでのFFと同じ6.2ℓのV型12気筒だが、最高出力は660psから690psへと向上。最高出力は8000rpmで立ち上がる。

最大トルクである71.1kg-mは5750rpmで発生。全トルクのうち80%は1750rpmで湧きだす。トランスミッションはこれまで同様の7速デュアル・クラッチだ。

フェラーリがいうに、ハードに走らせた時のエンジン音は “リッチでパワフル”。市街地では “控えめだが、聴き心地のいい和音” を楽しめるそうだ。

0-100km/hタイムはFFより0.3秒短い3.4秒。最高速度は335km/hとこれまでの数値をキープしている。軽量素材を用いることで乾燥重量は1790kgとなる。

燃料消費率とCO2排出量について、まだ公式な数値は明らかにしていないが、FFが6.5km/ℓと360g/kmであるので、こちらの数値を参考にするといいだろう。

FFと同じくGTC4ルッソの駆動方式も4WDだが、後輪ステア・システムを初採用している。4RM-Sと呼ばれるこれは、‘スリップ・サイド・コントロール’ を作動。

これは電制のデフとダンパーと共同作業を行う。フェラーリいわく、ドライバーは “さしたる努力をせずとも、雪道や濡れた路面で操りやすくなる” のだそうだ。

4つのシートが鎮座するキャビンは、FFから大いに変わっている。またデルファイに開発を任せたインフォテインメントはApple CarPlayにも対応可能となる。

10.25インチのスクリーンは、FFのそれよりもはるかに大きい。操作のしやすさにも力を注いでおり、結果的にはトップ・クラスの出来栄えだと自負している。

内製のデュアル・コックピット・ディスプレイのおかげでパッセンジャーも速度やエンジンに関する情報を確認できる。加速Gまで見れるのはフェラーリ初である。

エアバッグの小型化に成功したことでステアリングの径は小さくなっており、エルゴノミクスが改善されたコントロール・スイッチを組み合わせる。

公道はもちろんのこと、山や雪道などあらゆるところにて、3人以上で ‘フェラーリ体験’ ができることを目指したのだそう。

ジュネーブ・モーターショーが近づくまで価格は明らかにならないが、FFの£226,023(3,781万円)という価格より高くなるとAUTOCARは予想している。

ソース autocar

GTC4 Russo corresponding to the successor of the Ferrari FF has been published before the world premiere at the Geneva Motor Show.

Strictly speaking, rather than a full model change, it a standing position that the 'update', but the part that has changed a lot, such as interior and exterior and the name is a majority.

Order to improve the aerodynamics of the front grille has been changed significantly, including the air intakes. The rear wing was joined by the air vent.

Rear window in the upper spoiler have diffuser also provided further drop the line of sight. Ferrari says, air resistance is thing of the "extremely small".

Interestingly, the purchase layer of GTC4 Russo, but the point that you are younger than the customer up to this. Since the travel distance of the FF is long, also it assumes use as a GT.

Engine is a V-type 12-cylinder of the same 6.2ℓ the FF up to this, but the maximum output is improved to 690ps from 660ps. Maximum output rises at 8000rpm.

A maximum torque 71.1kg-m is generated at the 5750rpm. 80% of the total torque is out welling in 1750rpm. Transmission is a similar 7-speed dual-clutch to this.

Ferrari says, engine sound when running on hard "rich and powerful". In the city "modest but nice chord of listening comfort" but so enjoy.

0-100km / h time is 0.3 seconds shorter than 3.4 seconds FF. Maximum speed is to keep the number from this and 335km / h. Dry weight will be 1790kg by using lightweight materials.

For fuel consumption rate and CO2 emissions, although not yet official figures are clear, because FF is a 6.5km / ℓ and 360g / km, it would be here a number good when you reference.

Drive system of the FF and the same GTC4 Russo also 4WD But, are the first time adopted a rear wheel steering system. This activates the 'slip-side control' called 4RM-S.

This is to collaborate with the def and the damper of the electronically controlled. Ferrari says, the driver "even without the Sashitaru effort, it becomes easy manipulation in the snow-covered road and a wet road surface" of it's right.

Four of the sheet is enshrined cabin is greatly changed from FF. Also infotainment that was allowed to develop in Delphi is also possible to cope with Apple CarPlay.

10.25 inches screen is much larger than that of FF. Also to the ease of operation and focused, the result is confident that it is the workmanship of the top class.

Passenger thanks to the in-house production of dual-cockpit display can also check the information about the speed and the engine. The watch until the acceleration G is the first Ferrari.

Diameter of the steering in the successful downsizing of the air bag is reduced, combining control switch ergonomics is improved.

Public roads, of course, at the mountain, such as and snow all over the place, it was aiming to be able to have 'Ferrari experience' at least three people likely.

But does not reveal the price until the approaching Geneva Motor Show, AUTOCAR expects becomes higher than the price of the FF £ 226,023 (3,781 million).

Source autocar

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

アキュラ プレシジョン コンセプト

インフィニティ Q60 (日産スカイライン クーペ)

1 2 3 4 5 ... 913 914




このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう