1. まとめトップ

カッコイイ車 画像集 / Cool car image collection

自分が気に入ったカッコイイ車を紹介します。 I introduce a cool car likes, / #car #macchina  #auto

更新日: 2015年05月14日

ACM1899shigeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
407 お気に入り 2236395 view
お気に入り追加

フォルワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ・コンセプト

フォルクスワーゲンは、オーストリアで開催されるヴェルターゼ・チューニング・フェスティバルの開催に併せてゴルフGTI クラブスポーツ・コンセプトを発表する。

コンセプト・モデルといっても、来年にはショールームに並べられるモデルになる予定で、初代ゴルフが発売されてから40周年を記念するクルマとなる。

クラブスポーツは、現行のスタンダードなGTIに対し、エンジンのパワー・アップ、サスペンションのチューニング、そして内外のアップグレードが施される。

まだスケッチしか公開されていないが、そのボディ・キットはラジカルなもので、フロント・バンパーにはより大きなセンター・エア・ダクトが開けられ、ハニカムのグリルも与えられる。更には、フロント・ブレーキ冷却のためのベントも採用される。また、車高は落とされ、フロントにはハイグロスのスピリッターも備えられる。オリジナルのゴルフGTIをリスペクトしたハイグロスのドア・ミラー・ハウジングと、ドアの下の黒いグラフィックも特徴のひとつだ。

リアは、新しいスポイラーと、大きくデザインを変更されたリア・バンバー、そしてリア・ディフューザーとクロームのツイン・テールパイプが採用されている。ホイールは専用デザインの19インチがコンセプト・モデルには与えられているが、実施のプロダクション・モデルはスタンダードでは18インチになるという。

エンジンは、2.0ℓ4気筒ターボのEA888のままだが、そのパワーは標準で220ps、オプションのパフォーマンス・パックを付けても230psのスタンダードなゴルフGTIに対し、265psにまでチューニングがされているという。また、ブースト圧を瞬間的に上げるスイッチも付けられ、一時的に290psのパワーを使用することも可能だ。トルクは明らかになっていないが、35.7kg-mという値となりそうだ。

駆動方式はFWDで、トランスミッションは6速のDSG。そしてXDSディファレンシャルが装備される。また、従来の6速マニュアルも用意されるかも知れない。

フォルクスワーゲンは、45psのパワー・アップによって、パフォーマンスは当然ながら向上するとコメントしているが、現時点ではその値は公表されていない。

ソース autocar

Volkswagen, to announce the Golf GTI Club Sport concept in accordance with the held of Vu~erutaze tuning Festival to be held in Austria.

Even though the concept model, is scheduled to become a model that can be arranged in showrooms in the coming year, it is the car that first generation Golf to celebrate the 40th anniversary since it was released.

Club sports, compared with the current standard GTI, power-up of the engine, suspension tuning, and the upgrade of inside and outside is applied.

Have not yet been published only sketch, the body kit intended radical, the front bumper is opened more large center air duct, also provided a honeycomb grill. In addition, the vent is also employed for the front brake cooling. In addition, car sales dropped, is also equipped with spin-liter of high-gloss on the front. And the original high-gloss door mirror housing Golf GTI was respect for, black graphic beneath the door also is one of the features.

Rear, and a new spoiler, has been adopted largely redesigned the rear bumper and rear diffuser and chrome twin tail pipe,. Wheels 19 inches of dedicated design is given to the concept model, but the production model of implementation to become a 18 inches in the standard.

Engine, but it remains of 2.0ℓ4 cylinder turbo EA888, 220ps its power in the standard, to the standard Golf GTI of 230ps, even with a performance pack option, that it has been tuned to the 265ps. Also, the switch to increase the boost pressure momentarily attached, also it possible to use the power of temporary 290ps. Torque is not clear, but it's likely to be a value of 35.7kg-m.

Drive system in the FWD, transmission of the 6-speed DSG. And XDS differential will be equipped. Also, might conventional six-speed manual is also available.

Volkswagen, by the power-up of 45ps, performance has been commented that to improve course, its value has not been disclosed at this time.

Source autocar

フォルワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ・コンセプト

フォルワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ・コンセプト

フォルワーゲン・ゴルフGTI クラブスポーツ・コンセプト

2015 フォルクスワーゲン ビートル GRCレースカー

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは4月29日、『ザ・ビートル』の「GRCレースカー」の2015年型を、米国で発表した。

GRCとは、グローバル・ラリー・クロスの略。米国を中心に海外でも開催されている「レッドブル・グローバル・ラリークロス」選手権を意味する。

フォルクスワーゲンとアンドレッティ・オートスポーツが共同運営する「フォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロス・チーム」は2014年シーズンの後半から、ザ・ビートルのGRCレースカーを投入。ドライバーには、ターナー・ホースト選手とスコット・スピード選手を起用した。

外観はザ・ビートルに対して、ワイドフェンダーや大型リアウィングが装備され、迫力アップ。17インチのホイールには、ヨコハマ製の240/640R17サイズの競技用タイヤを組み合わせた。

2015年型では、エンジンを従来の1.6リットルから2.0リットルに変更。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、専用インタークーラーなどのフルチューンにより、最大出力553hp、最大トルク64.3kgmを獲得。従来の1.6リットル比で、9hp、10.8kgmの強化を果たす。

トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式は4WD。2015年型は、0-96km/h加速およそ2.0秒のパフォーマンスを備えている。

ソース レスポンス《森脇稔》

European automobile giant, Volkswagen of US corporation, Volkswagen of America April 29, the 2015 type of "GRC race car" in "The Beetle", was published in the United States.

GRC and the global Rally Cross of the stands. It means the "Red Bull Global Rally Cross" Championship being held overseas mainly in the United States.

Volkswagen and Andretti Autosport is jointly operated "Volkswagen Andretti Rally Cross Team" from the second half of the 2014 season, put the GRC race car of the Beetle. The driver, he was hired Turner Hoost players and Scott Speed ​​players.

Appearance for the Beetle, wide fenders and a large rear wing is equipped, powerful up. The 17-inch wheel, it was a combination of competition tires of Yokohama made of 240 / 640R17 size.

In 2015 type, to change to 2.0-liter engine from a conventional 1.6-liter. Direct-injection 2.0 l series four-cylinder petrol turbo "TSI" is, by the full tune such as a dedicated intercooler, maximum output 553hp, and earn the maximum torque 64.3kgm. In a conventional 1.6 l ratio, it plays 9hp, the strengthening of 10.8kgm.

Transmission 6-speed sequential. Drive system 4WD. 2015 type, has a performance of 0-96km / h acceleration of approximately 2.0 seconds.

Source response "Moriwaki Minoru"

2015 フォルクスワーゲン ビートル GRCレースカー

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディはTTクーペをベースとしたTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボをヴェルターゼ・チューニング・フェスティバルで公開する。

このコンセプト・モデルは、新しく開発された2基の電動ターボを横置き2.5ℓ5気筒ユニットと組み合わせたパワー・ユニットを搭載するもので、そのパワーは600psとなる。そのパフォーマンスは、0-100km/hが3.6秒、トップ・スピードは310km/hだ。

TTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボは、通常のTTクーペを大胆に改造したモデルではあるが、これが将来のアウティのテクノロジー・コンセプトを表したモデルであるとR&D部門の責任者、ウルリク・ハッケンバーグは語っている。

「電動ターボによるチャージは、新しい次元のテクノロジーだ。」と語り、「この技術はガソリン・エンジンのみならず、ディーゼル・エンジンにも使用可能で、実際にプロダクション・モデルに搭載される時期もそう遠くないと思う。そして、アウディはこの電動ターボ・ディーゼルという技術を最初に生産車に投入する最初のメーカーになるだろう。」ともコメントしている。

この5気筒ツインターボ・ユニットは、アウディRS3に搭載されているものと同じ2480ccのエンジン・キャパシティを持つが、その中身はすべて一新されているという。600ps、つまり1ℓあたり242psを発揮するこのエンジンのトルクは、66.2kg-m/3000-7000rpmだ。

また同時にアウディは今回TTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボに48Vの電気システムも採用している。いまのところ、48Vの電気システムは、電動ターボを採用する3.0ℓV6ディーゼルを搭載する次期アウディSQ7で初めて採用されると考えられている。電動ターボの要求する高い電圧に対応するために、48Vシステムは必須のアイテムということだ。この48Vシステムのためのリチウム・イオン・バッテリーはラゲッジ・コンパートメントの下に搭載され、回生エネルギー・システムと併用される。そして、必要に応じてこのバッテリーから電動ターボのためのパワーが供給されるというもの。アウディは電動ターボは、特にスタンディング・スタート時に、いままでのターボよりも有利なパワー特性を持つとされる。

「例えばTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボでは、最初の2.5秒間の加速で言えば、従来の排気ターボを搭載したモデルよりも6mも先に進んでいることになる。」とハッケンバーグは語っている。

ソース autocar

Audi to publish TT Coupe Quattro Club Sport Turbo, which is based on a TT coupe in Vu~erutaze tuning Festival.

The concept model, in which mounting the power unit in combination with the transverse 2.5ℓ5 cylinder unit an electric turbo 2 groups newly developed, its power is 600ps. Its performance, 0-100km / h is 3.6 seconds, top speed's 310km / h.

TT Coupe Quattro Club Sports Turbo, although the model was boldly modified the normal TT coupe, this and is a model that represents the technology concept of the future of Auti R & D department of the person responsible, Ururiku and ticketing Berg I have talked to.

The talks with the "charge by the electric Turbo, but a new dimension of technology.", "This technology is not only the gasoline engine, it can also be used in diesel engines, the time it is actually installed in a production model so far I think not. And, Audi will be the first manufacturer to introduce a technology called the electric turbo-diesel in the first production car. "Both have commented.

The five-cylinder twin-turbo unit, which has an engine capacity of 2480cc same as those mounted on the Audi RS3, that its contents are all renewed. 600ps, namely torque of this engine to exert 1ℓ per 242ps is, but 66.2kg-m / 3000-7000rpm.

Audi also at the same time has also adopted the electrical system of 48V to the current TT Coupe Quattro club sports turbo. For now, the electrical system of 48V, it believed to be the first time adopted in the next Audi SQ7 for mounting a 3.0ℓV6 diesel to adopt the electric turbo. To accommodate high voltage required by the electric turbo, 48V system thing that required items. Li-ion battery for the 48V system is mounted below the luggage compartment and is combined with regenerative energy system. Then, those of the power for the electric turbo from the battery is supplied as required. Audi electric turbo is especially during the standing start, with a favorable power characteristics than the turbo up to now.

"For example, in TT Coupe Quattro Club Sport Turbo, speaking at an acceleration of the first 2.5 seconds, the conventional 6m than models with exhaust turbo also becomes that you are go ahead it." He said and discovery Berg to have.

Source autocar

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

アウディTTクーペ・クワトロ・クラブスポーツ・ターボ

ホンダ シビック コンセプト

シビックコンセプトは、北米で2015年秋に発売を予定している次期「シビック」シリーズのデザインの方向性を示すコンセプトモデル。

北米で10代目となる次期シビックは、新開発のプラットフォームを採用し、北米市場にはクーペ、セダンに加えて、新たに5ドアを投入。パワートレインには、新世代パワートレイン技術群「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つで、北米では初となる「1.5L VTEC TURBOエンジン」を採用、6速マニュアルトランスミッションや新開発のCVTを搭載することで、爽快な走りと優れた燃費性能を両立させた。


生産については、セダンとクーペは米国・インディアナ工場とカナダ・オンタリオ工場で、5ドアは英国・スウィンドン工場でそれぞれ行われる。

ソース autoblog

Civic concept, the concept model that indicates the design direction of the next "Civic" series is scheduled to be released in 2015 autumn in North America.

Next Civic that becomes the 10th in North America, and adopted a new development platform, coupe is the North American market, in addition to the sedan, the newly introduced the five-door. The power train is one of the new generation power train technology group "EARTH DREAMS TECHNOLOGY (Earth Dreams Technology)", is adopted will be the first "1.5L VTEC TURBO engine" in North America, six-speed manual transmission or the new development by mounting the of CVT, was both exhilarating driving and excellent fuel efficiency.


For production, sedan and coupe in the US Indiana factory and Canada-Ontario factory, 5-door is carried out respectively in the UK-Swindon factory.

Source autoblog

1 2 3 4 5 ... 865 866




このまとめへのコメント1

  • Bepvhgc遊さん|2013.08.26

    フェラーリは男性に人気ですよね。女性からはシートが狭いので意外と不便という声がありますが

1

ACM1899shigeさん

観覧ありがとうございます
今まで私のまとめを取り上げてくれた方 感謝です
今後もよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう