1. まとめトップ
  2. 雑学

癖や仕草でわかる深層心理・性格

クセやしぐさに、その時の心理状態や性格が出たりするそうです。自分だけでなく、相手の行動を読み取ることで、うまい人間関係が築けるようになりたいです。

更新日: 2011年03月02日

KUMAっこさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4670 お気に入り 5396930 view
お気に入り追加

口に運ぶ食べ物を確認する→執着心が強く、ストーカーになりやすい

自分と「一体化」するものを見張ったり観察しようとする心の動きが
口に運ぶ食べ物をじっと見ている…という行動に結び付いているんだとか。

時として他人を「自分のもの」だと認識してしまう・・・ってとこがストーカーに結びつくという訳か・・・。

心を開いている人のしぐさ・行動 8パターン

□相手の体はこちらを向いている。

□相手のつま先はこちらを向いている。

□相手の姿勢・しぐさがこちらと同じ。(同調)

□相手の50㎝以内に近づいても、相手の様子に変化が無い。

□相手がこちらの体に触れる。

□手が自然に垂れている。

□座っているとき足が自然に開いている。

□プライベートなことを話してくる。

「つまり・・・」「要は・・・」が口癖→実は、寂しがり屋

こうした言葉を頻繁に使う人は、自分のことを理解してほしいという願望が強いらしい。
まぁイライラして話を早くまとめたいだけかもしれないけど(笑)

話す時の表情がオーバー→傷つきやすく警戒心が強い人

一般に緊張すると表情が硬くなるものですが、本当に警戒心が強い人は、顔の表情を変えることで本心を見えにくくしているようです。
表情の変化がたくさんあるとと、本音の表情が出ても紛れて分かりにくいということですね。
明るく振る舞っているから、オープンな人とは限らないんです!

顔の左半分がぎこちない笑い顔→作り笑い

顔の左半分には、本音や感情が出やすいそうです。
笑い顔が、左右対称なら本心でわらっているんだそうですよ~♪

相手に嫌われているかどうかをしぐさで確認する方法 10パターン

1、机の上のものを頻繁にさわったり、位置を変えたり、
  机の下をよくみる。
2、前髪を使って、顔を隠したりする。
3、かばんから同じものを出したり入れたりよくする。
4、あなたの話に3回以上うなずく。
5、話している最中に電話がなるとにやりと笑ったり、
 急いで電話を取る。
6、手を横に振って、話を中断させようとする。
7、あなたが話をしている時に、目を閉じていたり、
  まばたくを頻繁にする。
8、まぶたを細めたり、瞳が縮小している。
9、おかしくないのに笑ったりする。
10、うわぎやズボンなど服のゴミを払うようなしぐさや

目線で心を見抜く

目線が左上→過去の体験や景色を思い出している。
目線が左横→聞いたことのある音楽を聞いている。
目線が左下→考え事をしている
目線が右上→イメージを構成している(ウソや作り話)
目線が右横→創造を働かしてこれから聞く音がどんな音なのかを考えている。
目線が右下→身体的なイメージ、体に関すること、体感を思い出したり再現したり。

遅刻癖=罪悪感がある

同じパターンを繰り返してしまうということは、何かそのパターンを繰り返す原因があるということです。遅刻をすると罪悪感を感じます。
次もまた同じように遅刻してしまうという場合、自分は罪悪感を感じないといけないと、無意識的に思っている場合があります。

とても近くに寄ってくる

人間には ”パーソナルスペース” というのもがありまして、
自分自身の心の中に、領域があります。
その領域の中には好意を持っている人間しか入れたがりません。
もし、とても近くに寄って来て話しかけられた場合、
その人はあなたに好意を持っていると考えられます。

自分と同じ行動をしてくる

相手に好意を持っています。
相手の動きと同調することによって、同じ体験をしたい心理があります。

女性が相手に触れる→親近感を持っている・心を開いている

男性のウケを狙った言動などに対し、女性が笑いながら、その男性の肩や手を軽くたたいてくるなら・・・。
親近感を持っている・心を開いていると思っていいらしい!

また、飲み屋などで女性が、隣の男性の膝に触れていたとする。このときの女性の心理は、性的な誘いを待っている可能性が高いというが・・・それって都市伝説じゃないのか?

鏡をよく見る→→内面に自信がない・自分の存在を希薄に思っている

ナルシストに思われがちですが、実は逆に肉体的コンプレックスを持っている人が多いとか。自分の容姿を少しでもよく見せるために常に気を遣っているのです。

頭の後ろに手をやる→警戒心が強い

照れたときのしぐさと思われがちですが、実は他人の接近を拒否するといった、警戒心が働いていることが多いそうです。

髪をかき上げたり、直したりする→その場にいない、好きな人のことを考えている。浮気している恐れも・・・。

一方、女性が髪をかき上げるのは、好意的なアピールで、男性もすごくその仕草を好き♪

これは、猿だった頃のグルーミングの名残では?という学者もいて、髪というのは、性的アピールを本能的に感じるみたいだよ。

ポケットに手を入れる人→おだてや褒められることに弱いタイプ

自分は優れていると思っているか、そう思わせたいタイプかも。
他には、ウソをついているときや男性なら、隣を歩く女性に、腕を組んでほしいと無意識に思っているんだそうです。

擬似的に「誰かに触られたい」という欲求を満たそうとしているんだそうですよ~。

額に手をあてる&鼻を触る→→嘘をついている

人間は、極度の緊張状態に陥ると、内鼻の勃起性組織の血管が膨張して
鼻が敏感になるからです。
ですから鼻がムズムズして鼻をさわる・・・・これは、かなりの確率でウソと見抜けますよ!

指でテーブルをリズミカルに叩く→楽観的でマイペースな人

自分のペースを大切にし、束縛を嫌うタイプなので
こういう人に接する時は相手に合わせて
一緒に楽しんであげることが大切です。

握手するとき、強く握ってこない→乗り気ではない

合意したとき、握手する人もいるかもしれません。
ある心理研究では、そのとき弱々しく握手する人は、乗り気じゃない」「面倒くさい」などあまり前向きでは無い気持ちがあるかも?という結果が出てるんだそうです

ウソをついているときの視線

目をそらす(目をこする、まばたき回数の増加、目を閉じる横を向くなど視界に関する動き)
→男性
じっと目を見つめてくる
→女性 

女性が見つめるのは、目を通してホンネが漏れるのを防ぐためが主な理由。
逆に興味がある場合にも、じっと見つめるらしいから判断がムズカシイ・・・。

足の組み方から見る心理

□右足を上にして組む→やや内気な性格。自分から相手にアプローチすることはない。リードされたい人。

□左足を上にして組む→積極的で開放的な性格。性的なアプローチを秘めていることがあり、恋人募集中かもしれない。

□足首を交差させて座る→精神的に子供っぽい人。空想的で、ロマンチスト。精神的な結びつきを強く求める。

□しきりに足を組みかえる→「この場から早く逃げ出したい」心理の表れ
              または欲求不満の表れ

※ちなみに、あるグループのうち、最初に足を組んだ人物がそのグループの実験を握っている事が多い。

ケイタイを片時も手放さない→嫌われたくないと強く思っている

仲間はずれにされたくない…、いつもみんなと一緒にいたい…、一人でいるのはイヤだ…。

ケイタイを手放せない人たちは、自分が孤独でないことを必死で確認したい、友人との情報に少しでも遅れたくないという気持ちも働いているそうで。
彼氏・彼女がこういう人なら、相手へこまめに電話やメールをしてあげると、安心してやがて手放すようになるそうです。

イスの座り方から見える心理

□相手がイスに浅く座る→こちらを警戒してる可能性が高い。
□相手がイスに深く座る→こちらに対して警戒心がなくリラックスした状態。

大事な話や相手に提案したい場合、相手が深く座っているか?を確認することが大事です。

腕を前で組む→他人の進入を拒む

自分の腕はバリケードの役割をしています。
腕を前で組む事で、自分のテリトリーを確保して、安心感を得たいという気持ちの表れなんだそうです。
また、他の情報を遮断して、自分の中で考えをまとめたい時にも腕を組むことがあります。

指で唇をなでる→不安感を押さえたい

赤ちゃんが口への刺激で安心感を得るのと似ていますよね~。
これが酷くなると爪を噛んだりするそうです。

髪の毛や頬や顔に触れる→信頼を寄せる人物に触れて慰めてほしい

失敗した時、戸惑っている時など・・・
両手で顔を押さえる・辛いときに自分の顔を殴る・なんども髪に触れるなどは、
慰めてほしいというシグナルを発しているんだとか!

服装から見る心理

□帽子をいつもかぶっている→自意識が強い
□時計→ブランド物の時計をしていると、堅実で合理的。ノンブランドは、冒険心がある。
□斜めストライプのネクタイ→協調性はあるが、無難。奇抜なアイデアはしない。
□大きくて派手柄なネクタイ→好奇心旺盛。飽きっぽく結局身につかず中途半端で終わってしまう。
□水玉柄ネクタイ→実力があり、内心はかなり自信家。ソフトな印象があって、人あたりがよく、おだやかでみんなの人気者になりたくて、女性にモテたいと思っている。
□指輪をよくする→M体質。人に頼りたいと言う欲求や、誰かに独占されたい。と言うタイプ。相手の男性も独占したいし、嫉妬心も強い。

車の運転で見えてくるホントの性格

□普段はおとなしい性格で荒っぽい運転をする人→実は攻撃的で自己顕示欲の強いタイプ
□急ブレーキや急ハンドルが多い人→アバウトで全体的に大雑把な性格
□無理な追い越しや車線変更の多い人→負けず嫌いでかなりワガママな性格
□運転が慎重すぎる人→神経質でいざと言う時の決断力に欠ける

嘘は、上から順に顔、手 足の順に現れる。

①相手が嘘をつきはじめたら、表情を隠そうと顔に手がいく(表情からバレたくない心理)
②鼻の下をこする仕草・目線が右上に向ける
③手をポケットにいれたり腕を組んだり、足を何度も組み替える
④口調がやたら早く、相手への返答も驚くほど早い
⑤手短に話そうとしたり、返事の仕方。『ハイハイ』だったらもうウソで決まり。

自分で体を触る=自分の体を触ってほしい

自分の体を触ってほしいから自分の体を触るということらしい。
「体を触るくせ」あるなら、他の人に触ってもらえれば治るそうです!
ぜひ、僕も協力したいと思います!人助けですから!

鉛筆の端をかむ=子どもっぽい性格

「クセ」にも、その人の心理が反映されている事に、最初に気がついたのは有名な心理学者のフロイトさんらしいです!
鉛筆・・・じゃなくても、噛みグセある人は、一緒に大人になろうぜ!

1 2




KUMAっこさん

楽しくやっていきたいです^^


まとめ参加者(2)



公式まとめ