1. まとめトップ

企業研究の方法

就職活動において欠かせない企業研究。やり方が分からない人も多いと思います。面接での質問対策に向けて押さえておきたいポイントなどをまとめます。

更新日: 2011年02月17日

るいたむさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
114 お気に入り 63206 view
お気に入り追加

競合他社を把握する

同じ業界での競合相手と比較することで、企業の強み・弱みを知ることができます。
面接での質問などにも使えそうな話題ですね。

求める力・求める人材像の確認

企業の「こんな人が欲しい」というメッセージを資料などから読み取りましょう。
採用基準の参考にもなると思います。

ニュースリリースを読む

プレスリリースなど、企業の動向を知っておくことで直近の指針や方向性を読み取りましょう。
最近は公式サイトなどでチェックできます。

株価欄をチェック

株価の変動はもちろん、同じ業界の他企業の動向がわかるので一石二鳥!
最初は見慣れませんが、徐々に勉強していきましょう。

会社のサービスを使ってみる

実際に企業が売り出しているサービスを使ってみましょう。
そこで強み、弱みを把握できれば志望動機にも繋げられそうですね。

インターンシップに参加する

大学三年の夏あたりから参加できる企業が多いです。
最近では1年生から対象にしている企業もあるようですね。

実店舗に出向く

アパレル、小売など実店舗がある企業なら一度足を運びましょう。
実際に働いている人や空間から得た感想を書き留めておくといいでしょう。

顧客を把握する

企業にとっての顧客は誰なのかを把握することで、何を目的とした企業なのかを理解しやすくなります。
競合他社についても調べやすくなりますね。

社員の定着率を知る

定着率の悪い企業は何か問題があるのかもしれません。
一度調べておいたほうがいいでしょう。

OB・OGを訪問する

大学や知り合いなど、志望企業に実際に勤めている人と話をしましょう。
資料や説明会からは読み取れない生の情報がわかります。

経営理念を暗記する

「経営理念」「企業理念」「コアバリュー」などはしっかり暗記しましょう。
理解出来れば、より企業の指針が見えてくるはずです。

1




るいたむさん

まっすぐに生きているつもりなんだけどな・・・。


NAVER リンク