1. まとめトップ
10 お気に入り 12273 view
お気に入り追加

労働者には、労働三権と言って、「団結権」、「団体交渉権」、「争議権」があるのに対して、使用者の権利として、「業務命令権」、「人事権」、「施設管理権」があり、これらを経営三権と言います。

出典経営三権

団体交渉の申し入れがきたら FAXでこう回答します。

「諸般の事情により、○月○日の期日までには、回答できません。よって、△月△日までに文書にて回答します。」と通知しておいてください。

出典団体交渉の申し入れがきたら

ユニオンショップ制 使用者が労働者を雇用する時は、労働組合員であってもそうでなくても構わないが、雇用された労働者は一定期間内に労働組合員にならなければならないとする制度で、一定期間内に労働組合員にならなかったり、組合員である資格を失った時は使用者はその労働者を解雇することになる。

出典ユニオンショップ制

不当労働行為  支配・介入 「組合になんか入るなよ」「脱退しないか」などと加入を妨害したり、「君も労働組合に入っているのか」「何人くらい組合に入っているのか」と事情聴取すること

出典不当労働行為  支配・介入

不当労働行為 労働者が(1)労働組合の組合員であること (2)労働組合に加入しようとしたこと (3)労働組合を結成しようとしたこと (4)労働組合の正当な行為をしたこと、を理由に、労働者に対して、会社側が(1)解雇・懲戒解雇 (2)配置転換 (3)賃金・昇進等の差別 (4)嫌がらせ(5)組合員と非組合員を差別すること

出典不当労働行為

要求事項の整理は重要です。まず現状の問題点と、その原因を考え、「どこを改善すれば今よりも良くなるのか」をメンバー全員で話し合い、整理していきます。

出典労働組合づくりの流れ

「労働組合」の条件(労働組合法第2条)

* 労働者が主体となって組織すること
* 労働者の自主的な団体であること
* 主な目的は労働条件の維持改善であること

※使用者の利益を代表するものの参加および使用者から経費援助を受けているものは労働組合とみなしません。

出典「労働組合」の条件(労働組合法第2条)

労働組合をつくると  個別労使紛争を未然に防ぐことができる。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると  職場で起きている問題を早く把握でき、コンプライアンスの強化につながる。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると  従業員の意識や不満、改善に向けた意見などの生の声を把握できる。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると  情報の共有化が進むと、無駄がなくなり、仕事の効率がアップする。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると 会社側にとっては

1. 働きやすい職場になると、従業員の意欲が向上し、業績も上がる。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると 倒産や企業売却などのとき、身を守るため、大きな力となる。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると 経営に関する情報が入りやすくなり、透明性が増す。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると 働きぶりが公正に評価され、納得して働ける職場環境に改善される。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると  不当な解雇や安易なリストラなどがなくなり、雇用が安定する。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると…職場のルールや賃金・労働時間などを話し合いで決められるようになり、労働条件が改善される。

出典労働組合をつくると

労働組合をつくると…
組合員にとっては

1. 組合員の不満・苦情などが会社側に伝えやすくなり、職場の風通しが良くなる。

出典労働組合をつくると…

労働組合の役割

 労働条件、賃金、雇用などの問題を一人ひとりがバラバラに会社に要求しても、なかなか改善には結びつきません。それに、一人で会社に要求するのはとても勇気がいることです。労働組合があれば、職場のさまざまな問題を会社側と対等な立場で交渉する権利が保障されるのです。

出典労働組合の役割

労働組合の役目って何なの?

会社で働く人の給料や待遇(たいぐう)を最終的に決めるのは社長さんたち経営陣(じん)よね。「給料を上げてほしい」などの希望を経営陣に伝えるときに、一人よりも大勢で言ったほうが、意見が通りやすいわ。そこで同じ思いを持つ働く人たちがまとまって、経営陣と話し合おうというわけよ。これが労働組合の大きな役割(やくわり)よ。

経営陣との話し合いってどう進めるの?

今は春の話し合いの真っ最中よ。例えば、まず労働組合が「ボーナスを上げて」「子育てのための休みを増やして」と要求を出すの。要求を聞いた経営陣は検討(けんとう)して「子育ての休みは増やそう。でも会社の業績(ぎょうせき)が良くないのでボーナスは上げられない」と答える。その後も「働く人は頑張(がんば)っている」「ではボーナスの2万円アップならばどうだろう」などとやりとりが続き、双方(そうほう)が納得(なっとく)するまで話し合うのよ。

1




ラトビア嫁と離婚 斎藤陽介(ピアノマン)の人生崩壊 現役引退、美人妻は浪費家
http://matome.naver.jp/odai/2139522379019769201

このまとめに参加する



公式まとめ