1. まとめトップ
  2. おもしろ

意味がわかると怖い話まとめ

なんてことない文章でも本当の意味が分かった途端、ゾッとするような内容のものがあります。解説が入るだけで全然印象が違います。エレベーターなど、たまに解説を入れながら色んなものをまとめてみたいと思います!!果たして隠された意味に気づくことはできるでしょうか?

更新日: 2011年12月24日

さーやCさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1285 お気に入り 17335405 view
お気に入り追加

俺にも彼女ができました

俺にも彼女ができた
包容力のある蠍座のB型
丁度仕事から帰って来た時告白されて
持って来た食材で料理中。
つまり俺にも春が来た
たのしい日々が始まりそう
女っ気がない人生から卒業だ
ニコニコした生活が待ってる
居場所もできて
座ってると料理が出てきた
ラッキー
れんあい経験無いけど
てんからの贈り物かな?
にんげん、良い事がある
げんに、俺がそうだ
ラッキー
れんあいも頑張るか
なんか、ずっと見ていてくれて、
いつも気に掛けてたらしい
たのしい
すてきな人生
けいけんない俺で良いらしい
てか、これ見て照れてるよ

【解説】
先頭の文字を縦に読む

ムービー付きメール

ある日、彼からムービー付きのメールが届く。
見てみると自殺する内容だった。

縄に首をかけ首を吊り苦しそうにもがいて彼は逝った。
そこでムービーは終了。

【解説】
彼はどうやってメールを送ることができたんでしょうね。

父と母

久しぶりに実家に帰ると亡くなった母のことを思い出す。
母は認知症だった。
今は亡き母の書斎に入ったとき、
自分がプレゼントしたカレンダーがないことに気づく。

机の中を開けると、バラバラに刻まれたいくつかのカレンダーが。
数字が順序良く並べてあり、刻まれていたことにショックを受ける。
刻まれていた数字を並べていくと、1階から父の呼ぶ声が。
5年ぶりに手料理が食べられるということもあり、
感傷を胸に押し込み書斎をあとにした。

【解説】
カレンダーの数字には「父に会うな 水銀盛られた 逃げて」
というメッセージが込められていた。

井戸

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた。

5年後、些細なけんかで友達を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した。
死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えずそのままだった。
【解説】
母親が違う場所に捨てに行っていた

エレベーター

高層マンションに住んでいる男性の話。

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須。
夜中に帰宅した時、エレベーターに乗り14階のボタンを押しました。
ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯しました。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打。
3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける
勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降り、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。

【解説】
エレベターは途中で止まることあっても、
中のライトが点灯するなんてことはありません。

迷惑電話

昔、地方から東京に引っ越してきた20歳の若い女性がいた。その女性が引っ越してきたのは木造2階建てのアパート。だいぶ古く、家賃が安かったのでそこにしたらしい。

東京に引っ越してきてから迷惑電話が来るようになった。毎日同じ時刻に固定電話に着信が来て、電話を受けるとすぐに切られてしまう。相手はどうやら非通知設定にしているらしく、誰が掛けているのかはわからなかったがある日たまたま番号通知でその迷惑電話が来た。

その迷惑電話に頭が来た女性はすぐにその番号に掛け直した。しかしなかなか相手が出ない。

ん。押入れから電話の着信音が…。

【解説】
迷惑電話の相手は押入れに住んでいた。

キャー

散歩をしていると、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
驚いて行ってみると道路で女性が、
縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
女性は、驚いたのか話せない。

作業服を着た人が話をしてくれた。
ビルの工事をしている時に落としてしまったらしい。
怪我人はなく、女性は驚いて腰が抜けただけ。

赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味。
散歩も飽き、もう一度その場所に寄ってみた。
先ほどの女性がいた。声をかけてみた。女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」
と返した。

【解説】
けが人はいないが死人が出た

降りなければ良かった…

ある家族が妻の実家に遊びに行くため、田舎までのバスに乗った。
山のふもとあたりまできた時、
子供が「おなかへった」とだだをこね始めたため、
仕方なく途中のバス停で降り近くの定食屋で食事をした。

食事が終わり定食屋にあるテレビを見ると、
さっきまで乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが…

そのニュースを見た妻は、「バスを降りなければよかった…」と。
それを聞いた夫は怒ったが、すぐに
「あぁ、なるほど。」と妻の意図に気づく。

【解説】
降りなければ、事故に合うことはなかった。

彼女と嫁と犬

俺には彼女がいる。
だが、最近嫁に感づかれたみたいで、
家に帰るといつも『どこ行ってたの』等がうるさい。

逆に彼女は毎日メールで励ましてくれる。
俺にとってはオアシスのような存在である。

しかし今日はメールが返って来ない。
俺はフられたと沈み家に帰ると、
ペットのジョンが上機嫌で迎えてくれた。
嫁も機嫌が良く、口うるさくなかった。
もう不倫はやめようと思い、彼女に『さよなら』メールをした。

どこかで彼女のメール着信音が聞こえたような気が…

赤い部屋

ある女性は東京の大学に進学が決まり、
東京に一人暮らしする事になりました。

生活を始めているうち、部屋に小さな穴があいているのに気づいた。
その穴は隣の部屋に続いていて、穴を覗いてみた。
穴の向こうは真っ赤だった。
「隣の部屋は赤い壁紙なのか」と思いつつ毎日、
女性は小さな穴を覗いていた。

いつ見ても赤いため、隣の部屋が気になった女性は、
マンションの大家に聞いてみることにした。
「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいますか?」
すると大家さんは答えた。

「あなたの隣の部屋は病気で目が赤い人が住んでいます。」

雪山

趣味は雪山に登り写真を撮ること

今日もいつもと変わらず山に登る
だが天気が悪化し近くにある山小屋で、回復するのを待つことに
山小屋にはもう一人赤い色の服を着た女性がいた
だがおさまる気配が無いため泊まることに

次の日起きると寝ている人が一人増えた
まだこの雪山で困っている人がいたんだ
とか思いながらおさまるのを待つ

次の日また一人増えていた
次の日もまたその次の日も

こんなに多いのはおかしいと思い、
持っていた写真のムービーモードで寝ている間を撮った

次の日確認すると、女の人が血だらけの人を小屋にいれて
布団に寝かしていたのである

パパとママ

最近、パパが早く帰ってくるから嬉しい。
最近は学校から帰ると毎日家にいる。
いっぱい遊んでもらえるの。だから、とても幸せ。

この前は、パパとママとリサので洗濯物をたたんだ。
干してあるヤツをたたみ、押し入れにしまったの。
とっても上手にできたんだよ。だから、今は毎日やってあげるの。

こないだ学校から帰ったら、パパもママもいない。
退屈だからまた洗濯物をたたんであげた。
でも、パパとママのズボンはまだたたんでない。

いつもと違い部屋に干してあるけど、いくら引っ張っても取れない。
ズボンにくっついてた靴下は取れたんだけど。
だからまだ部屋にぶら下がったまま。

パチンコ玉

とてもやかましい店だったため、
耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。
ところが耳の奥に詰め込んだため抜けない。
耳掻きで取り出そうにも隙間がない。

知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。
以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。

知人は呆れ返り「簡単に抜けるから、大丈夫」と言う。

装置の磁石の所に、右耳をつけた。電磁石のスイッチを入れる。
言葉どおり、磁石は超強力で、瞬時に磁石に引き寄せられた。
その後、カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡ったのである。

【解説】
パチンコ玉が脳を突き破っています。

医者

脳死が確認され、
無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。

しかし死んでしまった。
「すみません。手を尽くしたのですが」
医者はとても悲しげな顔で告げる。
彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。

「治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察し、
なんて優しい医者なのだろう。私はすぐに泣いた。
「遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せた。
「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れたのである。

【解説】
なぜ、亡き骸は軽かったのでしょうね。

お星さま

少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
少女は泣いていました。

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚ますと、いつものようにお母さんと
お父さんとお兄ちゃんがいました。
少女は後悔する。

その夜、再びお星さまは少女の目の前に現れた。
「気に入ってもらえたかな」
少女は言いました。
「昨日のお願いを取り消して」
お星さまは言った。

「一度叶えたお願いは取り消せない」と。
少女は泣きました。

【解説】
少女は本当の娘ではなかった。

心霊写真

誕生日に、ホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、変なものが映った。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、
こちらを睨みつけてる。
これやべいねってことで、霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」
もう、ビックリした。

【解説】
何か写ったのに心霊じゃないということは…?

アイスピック

先週、職場の近くで殺人事件があった。
若い女をアイスピックでめった刺し。
しかも普通のアイスピックじゃない、
業務用の三本歯のやつでだぜ?怖いだろ。

小さな町だから、どこに行ってもその話で持ちきり。
マスコミも大きく取り上げてる。
滅多にない大ニュースだから無理もない。
うちのばあちゃんは、可哀相なくらい怯えて、
毎日何時間も仏壇の前で手を合わせている。

警察は、まだ凶器すら判明できないだとよ。
まったく馬鹿にしてるとしか思えないね。

【解説】
警察側の話ではありません。

イヤホン

今日9800円で買ったイヤホンが壊れた。
大音量で聴いてたせいかいきなり途切れた。
9800円もしたのに。

腹が立って45万円のプラズマテレビを座布団に叩きつけた
はっと我に返り、壊れていないかを確認する。
画面が映る、良かった。と思ったら音が出ない。
45万円のプラズマテレビまで壊れてしまった
送料込みで47万円の損だ

それにしても今日は静かだな。
気晴らしに散歩にでもいこう。

黒いスーツを着た男

終電が過ぎてしまい困っていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
偶然目が合い、その男は驚いた表情で
「お前さん、この前の…」
見覚えのない人だったため、不思議に思っていたら、
「お前さん、この前の」と再びその言葉を口にした。
その言葉の意味に気づき、走りだした。

数日後、黒いスーツの男に殺された。

【解説】
言葉の意味は、「逝け」
50音順で「お」の3つ前は「い」、「こ」の前は「け」である。

洗顔

出かける準備をし終わったとき、
顔を洗うことを忘れていたことに気づく。

洗面所の水を流しながら、洗顔を始める。
いざ石鹸を洗い流そうと、手探りで水を探す。
手に水が当たらない。

泡が目に入るのをこらえ、蛇口を探す。
やっと見つけることができ、顔を洗い流すことができた。

【解説】
水は流したままのはずなのに…
誰かによって蛇口が閉められたことになります。

リス駆除

ある町で野生のリスが大発生して、作物にかなりの被害が出ました。
町の対策本部は

「リスを100匹駆除してくれたら謝礼を払います」
という内容のキャンペーンを展開。
ルールがあり、
証拠としてリスのしっぽを持参すれば換金するというもの。

これを聞きつけた町の住人は、
リスのしっぽを大量に持ち役場に駆けつけました。


数ヶ月後キャンペーン終了後、
役人が状況調査をするとシッポの無いリス達が
元気に畑を荒らしまわっていたそうな。

交通事故

俺は今、会社で無視されている。
原因は自分でも痛いほどわかっている。

先日、同僚の彼女とデートに行った。
会社でムードメーカー的な彼女は誰からも好かれている。
でも、そのデートの帰り道に彼女は事故で死んだ。
電柱にめり込んだ助手席はぐちゃぐちゃに大破し、
彼女も同じ様に。

俺だけが助かり、すぐに職場に復帰したが彼女を奪った恨みのせいか、
哀れみのせいか俺に話しかける人などいない。

彼女に花を手向けようと事故現場に足を運び、
そっと手を合わせる。
その時、聞き覚えのある声が聞こえた。

「ずっと一緒でしょ?」

1




このまとめへのコメント8

  • monemone0204さん|2013.08.24

    怖い(´・ω・`) 鳥肌立つw

  • けりんさん|2013.08.22

    黒いスーツを着た男の話はひどいなぁ。
    お前さん、この前の・・・で気づくほうがおかしいわ。
    そしてなんで数日後なんだよ。
    驚いた表情だったのも意味わからん。

  • u11810uさん|2013.08.21

    「父と母」ははしょり過ぎて答えに行き着かない文章になってます。
    原文だと母は物理学者か何かでカレンダーの暗号も提示されて暗号解読の鍵は元素記号だったとしっかりオチが腑に落ちる話だったはず。
    原文を読みやすく編集するのもいいですが、「とあるレストラン」のナポリタンのアメリカンスラングなど原文からの直訳や説明不足ならまだしも答えに行き着かなく改変するのは「意味がわかると怖い話」という前提からズレた物になってしまいます。
    「意味がわからない不気味な話。ご想像にお任せします。」なら良いですが仮にも説明サイトでこれはどうかと思います。

  • デルガドさんさん|2012.11.06

    赤い部屋 の話が分かった時、おれ死ぬほど怖かったやべーーーーー

  • sakura34thさん|2012.10.23

    全っ然怖くない(笑)
    逆におもろい(笑)

  • 無題さん|2012.06.22

    めっちゃこわぃ!!とくにムービーメールとか!!やばすぎ!!

  • yoona0227_botさん|2012.06.21

    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル こ、ここここ、こ怖くなんかないよ?

  • nana999さん|2011.10.11

    やさしい解説付きで助かりました(`・ω・´)コエーッス

1

さーやCさん

夏より冬が好きです。寒いのは大丈夫だけど暑いのはちょっと…宜しく!!


まとめ参加者(1)