1. まとめトップ

1位

「とにかく早すぎだ…これ歌える人間存在するのか?www」(16歳/女性)
「これはまじで神レベル!人間では歌えません(笑)」(19歳/女性)

これは納得の1位であろう。“最高速の別れの歌”として名高い「初音ミクの消失」が堂々の1位を獲得した。
VOCALOID楽曲においては、M気たっぷりにミクを調教するプロデューサーが後を絶たない。
人間の領域を超える作品をミクに託すという思いが注がれてしまっては、生身の人間は呆然とするのみだ。
もし、聴いた事がないあなたはこれを機に是非チェックを。

2位

第2位「おしゃかしゃま」RADWIMPS(カラオケ平均点:87.5点)
「リズムが難しいし息が続かないし息継ぎのタイミングが分からない;」(16歳/女性)
「早口で息継ぎする場所がほぼ無いからめちゃくちゃ難しい(汗)」(15歳/男性)

アーティスト別に見ても得票数の多かったのがRADWIMPS。
[速口]×[息が続かない]×[リズムが取り辛い]の3拍子が揃った難曲のようだ。一度噛んだらおしまいだもんねぇ。

3位

3位「瞳の住人」L'Arc~en~Ciel(カラオケ平均点:86.4点)
「サビの一部で素人が出せるであろうファルセットの限界を越えています」(30歳/男性)
「サビの高音が尋常じゃない!!hydeさんどこから声出してるの?って感じです。男女問わずあれを完璧に歌える人はすごい!」(20歳/女性)

これでもかっ!とばかりに上がっていくサビに、多くの人がお手上げのようだ。
hydeの音域がいかに広いかをマジマジと知らしめる作品だけに、真似することだけに気をとられるとただの奇声になってしまう悲しい楽曲。

4位

第4位「GO! GO! MANIAC」放課後ティータイム(カラオケ平均点:83.2点)
「速すぎて、舌が回りません(笑)この曲を完璧に歌えたことがないのは私だけ?」(15歳/女性)
「歌詞が詰め込められていて早口で歌わなければならないから、息継ぎとかどこでするの?(笑)」(20歳/男性)

速い、速すぎる。これ速回しでしょ?と疑ってしまうほどの高速回転する歌詞は、常人では唇が攣る。
平沢唯、スキル高し。ちょっとばかりテンポを落として優しく歌わせて欲しい筆頭曲だ。

5位

第5位「セツナレンサ」RADWIMPS(カラオケ平均点:85.1点)
「歌詞の英語の部分が速いし英語やし…サビも音程がかなり高くて声が出ない…(笑)カラオケに行ったら
毎回歌うのですがまるで過呼吸のようになりながら歌ってます(苦笑)」(18歳/男性)
「あの歌詞を高速で歌い上げるなんて、簡単には真似できないです。英語が得意とはいえ、
彼の舌の筋肉は一体どうなっているんでしょうか(笑)」(16歳/女性)

RADWIMPS、再びきました。英語の歌詞という難易度に追い討ちをかけるスピード感で、
我々が楽しめるカラオケレベルを軽~く超越。そもそもこんなに速く舌が動かないんですが。

6位

第6位「爪爪爪」マキシマム ザ ホルモン(カラオケ平均点:83.6点)
「歌詞がとにかくすごい…デスボイスなんかだせっこない。歌ったら喉の調子が悪くなります」(16歳/男性)

4月に行なったBARKS「勝手にデスボイスコンテスト」では、果敢にアタックしてきた全国に潜伏する
デスボイス・キングが現れてたが、これの難易度も突き抜けたもの。これ歌えたらカッコいいんだけどなー。

7位

第7位「粉雪」レミオロメン(カラオケ平均点:87.5点)
「サビがとにかく高くて声が出ない!!」(19歳/男性)

あのサビは無理無理。とっととあきらめて、サビはみんなで歌いましょうと、マイクを他の人に
向けるパフォーマンスで逃げるが良い。「こなぁーゆき~」のあとの「ねぇ」から復帰すればばっちりだ。

8位

第8位「SCATMAN〈Basic Radio〉」SCATMAN JOHN(カラオケ平均点:78.9点)
「まず口が回らないです。本人のを初めて聞いた時は、絶句状態でした(笑)」(17歳/男性)

テクノスキャットにチャレンジする方が間違っている。これを完璧に歌える人はそもそも
本人以外いないのではないか。多少のテンポダウンでは追いつかないレベルだ。

9位

出典 Dailymotion

第9位「君って」西野カナ(カラオケ平均点:86.1点)
「サビの“思い出してごらんよ”のところの音程が難しい(+_+) そこだけが高くて歌えない(;o;)」(13歳/女性)

西野カナの声も高くて難易度高し。カラオケでは大人気の定番化している曲ではあるけども、ファルセットは適当にごまかしている人続出では?

10位

第10位「My Way」Def Tech(カラオケ平均点:77.9点)
「英語部分が日本人離れしすぎてる。歌えたらかっこいいけど」(24歳/男性)

みんながつまずくShenパート。この英語部分をパーフェクトに歌いこなせたら、そりゃかっこいい。

以上、色んな作品に手こずっている様子が伺えるが、平均点が意外と高いというのは素晴らしい。
“難しすぎて歌えない“と言われるほど攻略意欲を掻き立てられ、高レベルにまで達した猛者が、この平均点を上げているのであろうか。

モバイルサイトJOYSOUND[カラオケ]では、「おしゃかしゃま」と「GO! GO! MANIAC」の2曲にスタッフが挑戦し、
その攻略ポイントを徹底解説している。是非参考までに。JOYSOUNDの特設サイトでは、「難しすぎて歌えない曲」の
番外編として「難しすぎて歌えないアーティスト」ランキングも公開中。是非チェックを。

1




archive_2chさん

このまとめに参加する


NAVER リンク