1. まとめトップ

【スイッチOTC医薬品?】エパデール 持田製薬 高脂血症治療薬の大衆薬化はどうなる

持田製薬が医療用医薬品として販売していた「エパデール」は、高脂血症・閉塞性動脈硬化症治療剤として370億円超の売上があります。同社の医薬品事業売り上げの55%。

更新日: 2011年08月13日

-聖少女-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 8511 view
お気に入り追加

●サプリメントと成分量でどの程度差を付けられるのか?
●効能・効果はどのような表現になるのか?

EPA エイコサペンタエン酸

エパデールとほぼ同一成分のサプリメント (成分名:EPA)

エイコサペンタエン酸(エイコサペンタエンさん)

エイコサペンタエン酸(エイコサペンタエンさん、Eicosapentaenoic acid、EPA)またはイコサペンタエン酸(Icosapentaenoic acid)は、ω3 脂肪酸の一つ。ごく稀にチムノドン酸(Timnodonic acid)とも呼ばれる。EPAは、5つのシス-二重結合をもつ20炭素のカルボン酸である。

多価不飽和脂肪酸 EPA

EPAは、プロスタグランジン、トロンボキサン-3、ロイコトリエン-5(すべてエイコサノイド)の前駆体である多価不飽和脂肪酸の1つである。 ヒトでは、体内で合成できないα-リノレン酸から体内でEPAを合成するため、広義では必須脂肪酸となる。健康目的でDHAとともにサプリメントに用いられている。

EPAは、魚油食品、タラ、ニシン、サバ、サケ、イワシ、南極オキアミから得られる。また、母乳にも含まれている。

持田製薬株式会社(もちだせいやく)は、東京都新宿区に本社を置く日本の中堅製薬メーカーである。

医薬品事業 

循環器、救急、産婦人科、皮膚科の4領域を中心とした医療用医薬品の販売。

エパデール - 高脂血症治療剤
アテレック - 持続性Ca拮抗降圧剤
ミラクリッド - 膵炎・ショック治療剤
アラセナ-A - 抗ヘルペスウイルス剤
スプレキュア - GnRH誘導体製剤
グランダキシン - 自律神経調整剤
トロンビン - 止血剤
ロコルナール - 循環機能改善剤
ノボ・ヘパリン - 血液凝固阻止剤
IFNβモチダ - 天然型インターフェロン製剤
フロリード - 真菌治療剤

EPAが注目された理由 ◆EPAの有用性の発見は、グリーンランドの疫学調査から

アザラシなどの海棲類を主食としていたグリーンランドの先住民族イヌイットは、心血管系疾患による死亡率がデンマークの白人に比べて非常に低いことが、1970年代の疫学調査により認められていました。さらに、イヌイットでは魚やアザラシの脂肪に多く含まれるイコサペント酸(EPA)が血中に多く含まれていることがわかり、脂肪酸が注目されはじめました。 これらの疫学調査から、EPAを多く摂取することにより、心血管系疾患を予防できることが示唆されました。

EPAの摂取量の減少とともに、動脈硬化性疾患の死亡率も増加

近年、食生活の欧米化などにより、日本人の脂質の摂取量が増えていますが、魚の摂取量が減少しているために、相対的にEPAの摂取量も低下しています。
このような食生活の変化により、総脂肪に対するEPA摂取量比率(重量%)が低下し、対称的に脳梗塞や虚血性心疾患が増加していることが明らかになっています。
さまざまな疫学調査の結果から、生活習慣の見直し、特に食事中の脂肪の「質」を見直し、EPA摂取を増やすことが注目されてきています。

高脂血症や閉塞性動脈硬化症の患者さんには医療用医薬品、高純度EPA製剤を

EPAを含む濃縮魚油などの健康食品は、各種トリグリセライドの混合物で、EPAはトリグリセライドの一部構成脂肪酸として存在しています。

一方、高純度EPA製剤は、魚油をエチルエステル化することでEPAを他の脂肪酸と分離させ、さらに精密精製されるため、EPA純度のより高い製剤です。現在の日本人の食生活ではEPAを豊富にとることは難しいこともあります。動脈硬化の進展が疑われる患者さん(高脂血症や閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍や、疼痛及び冷感がある方)には、高純度EPA製剤の投与を考慮してください。

動脈の弾力性保持[動脈の中膜障害抑制(ウサギ)・動脈伸展性の低下抑制(ウサギ)・頸動脈の内膜肥厚抑制(ウサギ)]、血小板凝集抑制(ウサギ)・血清脂質改善などの作用により、動脈硬化病変(ASO)の進展を抑制します。

総コレステロール、トリグリセライドの低下作用により、高脂血症に優れた臨床効果を発揮します

今日出したお薬:葛根湯→風邪のひき初めだけじゃなくて肩の痛みなんかにも効果あり☆漢方なので食前に服用!! エパデール→血サラサラにする。スタチンと一緒に服用すると脳梗塞の頻度が有意に減少! クレストール→CYPで代謝されないから相互作用少なし!筋症状に注意☆

エパデールは脂溶性なので食「直」後の服用が効果的です。(100815)

今日だしたお薬:ヤトリップ→エパデールのゾロ 血サラサラ ゼチーア→コレステロール下げるお薬 小腸からのコレステロール吸収を抑える カルジール→カロナールのゾロ 解熱鎮痛剤で空腹時の服用は避ける

@yuuuuurie26 すみません、悪気はないです(´д`;)エパデール最強。アテレック、デソパンもgjですごめんなさひ

1




【韓国芸能界】イ・ビョンホン vs GLAMのダヒ「エロトーク動画流すぞ」恐喝未遂容疑で逮捕
http://matome.naver.jp/odai/2140964866762126501

このまとめに参加する



公式まとめ