1. まとめトップ

[SHOT NOTE]禁断の使い方も?ショットノート活用術

発売当時は売り切れになるほど人気だった、ショットノート。このショットノート、工夫次第でより便利に使えるのが面白くヒットにも繋がっているのではないでしょうか。実用的だったり、面白いショットノート活用術をまとめてみました。

更新日: 2011年06月29日

sonyxperiaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
107 お気に入り 193690 view
お気に入り追加

■ショットノート

ショットノートとは?

手書きのメモをデジタル化して利用できるアプリ連携ノート。ショットノートに書いたメモを専用のアプリで撮影すると、ノート四隅のマーカーを認識して自動で台形補正や色補正、サイズ補正され、ノートの画面ぴったりにメモが取り込める。取り込んだメモは、メール添付したり、クラウドサービスであるEvernoteに記録したりできる。

スマートフォン用アプリ

スマートフォンに対応アプリをインストールすることで、ショットノートの機能を最大限に発揮できます。

Sサイズ 115 X 77mm ¥336
Mサイズ 154 X 102mm ¥430
Lサイズ 115 X 146mm ¥600

70sheets/5mm方眼

Sサイズ 100 X 75mm ¥357

70sheets/5mm方眼

A5サイズ 210 X 148mm ¥315
B5サイズ 257 X 182mm ¥367

50sheets/6mm横罫

Sサイズ 122 X 74mm ¥315
Mサイズ 148 X 124mm ¥420
Lサイズ 210 X 167mm ¥577
LLサイズ 252 X 198mm ¥630

70sheets/6mm横罫

■ショットノート活用術

日付の部分はマジックで上から書けば認識できそうです。
問題は「プラスチック」の部分に光が反射して移り込んでしまうこと。

また、当然ですが、記述を「枠内」に納めなければならないこと。
ノートの全面を使うと微妙に枠に収まりません。

これがあれば雑誌の気になる記事やショットノート以外に書いたメモも簡単にデジタル化できる。お財布やカード入れに忍ばせておくことができるのもポイントだ。雑誌以外にもいろんな物撮りに応用できそうな気がする。

実用性があるかないかは筆者の知ったことではないが、これはこれでオモシロイ作品が撮れそうだ。
この時点で「ていうかこれっていわゆる普通のARだよね…」という疑念が浮かぶが、ここまで来たら引き返せないのでこのまま突っ走ろう。

ショットノート巨大化

縦横・大きさの比率を保ったまま、ノートと四隅コードをどこまで巨大化できるのか試してみた。作ってみたのがこれ。

一緒に写っているiPhone4は実物。ミニチュアではない。ショットノートのSサイズは縦115×横76.5mmなので、とりあえずコードの大きさを57mm、倍率にして約10倍にしてみた。

これで大きな絵画や書道もデジタル化できる。ポスターも余裕だ!

名刺の2枚分のサイズなので、折って名刺入れに入れておく。
その場で頂いた名刺を乗せてショットノートで撮れる。

クラウドのEvernoteのOCRが全然ダメだった。大きなテキストも何故かほとんど認識してくれない。
不思議なのはiphoneとブラウザ経由のOCRはダメだったが、同じEvernoteでも、ローカルにダウンロードしたアプリのEvernoteでは、結構認識してくれたということ。

雑誌の切り抜きを貼りつけてスキャン、くらいのイメージはすぐに思いつくところだけれど、例えば図書館の蔵書など、切り抜いたらいけないものを資料として残しておきたい、といったとき、ショットノートはトリミング窓兼メモ用紙としての機能を提供してくれる、んじゃないか?

墓場の鬼太郎ならぬ、墓場のPostIt、である。捨てられる運命のPostItであるが、ほんとに作業が完了しているのかどうか書きこむ、という使い方でPlanDoSeeしていくというのもひとつの手法。また、簡単にひとりKJ法を開いてみるというのにも使えそうだ。

モレスキンポケットも取り込める

A5サイズショットノートの上にモレスキンポケットを置いてみたら、あら不思議。台紙として使えるんじゃないでしょうか。

ぴったり、とはいかないけれど、取り込みガイドのなかに1P以上が収まるのは確認できる。昨年秋のモレスキン活用術発刊後、やけにTLでもモレスキンの文字を見ることになった伝説のノート、取り込みたいけどうまいこと取り込めないでやきもきした経験とももしかしたらおさらばできるかも。

仕事柄商品紹介とかをせねばならないことが多いのだけれど、立体感あるものをそのままずばり伝える、というのが結構難しい。陰影込みでスキャンできるって、何かできそうな気がしてこない?どうよ?

1 2



Xperiaを中心としたガジェットを紹介する「ガジェメモ」(http://blog.livedoor.jp/sonyxperia/

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう