1. まとめトップ

マダムシンコ(川村信子)の波乱万丈な人生まとめ

人気洋菓子店「マダムシンコ」を経営する「マダム信子」社長のプロフィールwikiまとめです。旦那はイケメンで元モデルの川村幸治さん。これまでの経歴や公開されている自宅の写真などを紹介します。人気のバームクーヘンでカウカウフードシステム社は一躍有名になり、社長は金スマにも登場しています。

更新日: 2011年07月29日

ニッカンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 443433 view
お気に入り追加

■島根県出身・大阪府在住
■カウカウフードシステム・代表取締役会長

竹を割ったようなはっきりとした性格で男っぽいが庶民的でユニークな一面もあり周囲からの親交も厚い。
政財界、スポーツ界等の大物と親交が深い。

■マダムシンコの生い立ち

韓国人の両親の元、在日2世として生まれる。

父の仕事が起動に乗り、10歳で大阪へ移住。

韓国人というだけで酷いいじめを受ける。

母親が用意してくれた50万円で、喫茶店を開く。
(当時:18歳)

■経歴

1990年 東京・銀座にクラブをオープン

不動産、高級クラブ、貴金属などの販売を経て「銀座シンコ」をオープン。

1993年 焼肉店をオープン

大阪で焼肉店をオープン。

2002年 結婚

元モデルで、現在社長を務める川村幸治(かわむらこうじ)さんと結婚。
幸治さんが、高級クラブ「銀座クラブ信子」のボーイの面接にきたのが出会いのきっかけ。

2006年 洋菓子店「マダムシンコ」をオープン

大阪の焼肉1号店が全焼する火事が発生。
人生の活路を見出したいー。子供時代の憧れだった「バウムクーヘン」を発売することに決める。

■関連写真

大の「ヒョウ柄」好き。

亀田興毅とのツーショット写真。

■カウカウフードシステム

大阪と兵庫で現在6店舗を展開している。
店頭に出す商品は全てシンコが決めている。

※写真は、アトリエ店。

通販で「4カ月待ち」といわれる人気商品
「マダムブリュレ」。

販売拠点:6店舗

■マダムシンコ 箕面本店
■マダムシンコ 彩都店
■マダムシンコ アトリエ
■マダムシンコ 川西阪急百貨店
■マダムシンコ 阪急北花田店
■マダムシンコ 大丸梅田店

■関連リンク

1



ニッカンさん

気になったことをまとめています(^O^)

このまとめに参加する