1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

松田直樹選手だけじゃない…プロ選手突然死まとめ

サッカー元日本代表の松田直樹さんが4日、34歳で死去したが、サッカーでは現役のトッププロ選手が心臓疾患で急死する例が少なくない。サッカー元日本代表の松田直樹さんが4日、34歳で死去したが、サッカーでは現役のトッププロ選手が心臓疾患で急死する例が少なくない。

更新日: 2011年08月04日

sakuramaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 540223 view
お気に入り追加

【カメルーン】マルク=ヴィヴィアン・フォエ選手*****

2003年6月26日、フォエは、かつて在籍していたオリンピック・リヨンのホームスタジアムで行われていたFIFAコンフェデレーションズカップ2003準決勝、カメルーン対コロンビア戦の試合後半(後半27分=試合開始から72分)に心臓発作で倒れ、迅速な処置も空しくそのままピッチ上で永眠。28歳の若さだった。
同日にパリで行われたもう一試合の準決勝、フランス対トルコ戦では、フランス代表のティエリ・アンリがゴールを決めた後に喜んで駆け寄るチームメートを制し、彼らと共にフォエの死を悼む意味を込めて空を指差した。
カメルーン代表は準決勝に 1-0 で勝利し、決勝戦のフランス戦では試合前のウォームアップ時にフォエの背番号である17をつけたユニフォームを着用、また対戦相手であるフランス代表と共にセンターサークル内で円を作り、黙祷した[1](当時のフランス代表監督ジャック・サンティニや、代表選手のグレゴリー・クーペ、シドニー・ゴヴ、スティーブ・マルレはフォエがオリンピック・リヨンに在籍していた際の監督・チームメートでもあった)。彼の最終所属クラブとなったマンチェスター・シティは彼の死を悼んで彼の背番号23を永久欠番とし、ホームスタジアムにはフォエのメモリアルが作られた。またRCランスは、ホームスタジアム近くの通りの名を彼にちなんだものに改名した。

【ハンガリー】フェヘール・ミクローシュ選手*****

2004年1月25日、ベンフィカはヴィトーリアSCのホームタウンであるギマランイスで、同クラブとのリーグ戦に臨むために遠征した。この試合はテレビで放送されていた。フェヘールは後半15分から試合に出場し、試合終了間際にフェルナンド・アグイアールが挙げた決勝点となる得点をアシストしたが、その際、遅延行為によるイエローカードを受けた。イエローカードを受けた直後、仲間の得点を静かに笑顔で喜んでいたが唐突に前のめりに身を屈め、そして背中から後ろへピッチ上、仰向けに倒れた。すぐに仲間らが駆け寄り、体を楽なように横向けに寝かせるなどし、心肺蘇生法が施された後、フェヘールはピッチ内に到着した救急車によって病院へと搬送されたが、同日深夜死亡が確認された。肥大型心筋症が原因による心停止であった。フェヘールを記念して、ベンフィカは彼が用いていた同クラブの背番号29番を永久欠番とした。また祖国ハンガリーに埋葬のため搬送されるまで、彼の遺体はベンフィカのホームスタジアムであるエスタディオ・ダ・ルスに安置され、FCポルトのサッカーディレクターであったレイナルド・テレス、そしてジョゼ・モウリーニョを含む多くの人々が弔問に訪れた。同年5月、全選手を含むベンフィカの代表団はハンガリーに渡り、フェヘールの両親に2004-05年度リーガ・サグレスチャンピオンのメダルを手渡した。リスボン市内にて2010 FIFAワールドカップ欧州地区予選、ポルトガル対ハンガリー戦が行われる前日であった2009年10月9日、ハンガリー代表関係者はエスタディオ・ダ・ルスを訪れ、フェヘールの胸像に花輪を捧げた。

【スペイン】アントニオ・プエルタ選手*****

2007年8月25日、サンチェス・ピスフアンで行われた2007-2008シーズン開幕戦のヘタフェCF戦で、前半35分にピッチで突然意識を失うアクシデントに見舞われた。その場で行われた治療で意識を取り戻した彼は、立ち上がって自分の足でロッカールームへ向かったがそこで再び倒れ、セビリア市内の病院に搬送された。ICUで治療を受けたものの、意識を取り戻してから再び心不全を起こすなどして幾度か心肺機能停止状態となり、これによる脳へのダメージなども考えられるなど極めて予断を許さない状況となっていた。
セビージャFCと同じアンダルシア州セビリアに本拠を置き、普段は激しく対立する事からリーグ有数のライバル関係とされるベティスにもこの波紋は広がっていた。8月26日、隣県ウエルバで行われたレクレアティーボ戦では4000人ほどのファンがプエルタの回復を願う人文字を作り出し、試合後に選手達はプエルタの入院先へ駆け付けていた。またベティス首脳陣も公にプエルタへの応援の態度を表した。ライバル関係さえ超えてスペイン中が回復を願ったものの、スペイン時間8月28日14時過ぎに懸命の治療の甲斐なく22歳の若さで逝去した。医師はその死の原因が、特発性拡張型心筋症の一種で「不整脈源性右室心筋症(不整脈源性右室異形成)」と呼ばれる遺伝や突然変異等によって起こる心臓疾患であったことを明らかにしている。事実、彼は以前も練習中と試合中の二度にわたって気を失ったことがあった。しかし、都度行われていた検査では異常が見られず経過観察となっていた。遺体は28日深夜にサンチェス・ピスフアンに運ばれ安置されたが、深夜にも関わらず、5000人ものセビージャとベティスのファンが彼を迎えた。翌29日は約2万人もの人々が弔問に詰めかけている。また、ライバルチームであるベティスを始めとしたリーガエスパニョーラに所属する各クラブの公式HP、スペインの主要スポーツ紙のHPでも喪章を表示し、哀悼の記事が掲載された。
セビージャの本拠地であるサンチェス・ピスフアンでの試合では、現在でも彼の背番号になぞらえた前半16分に必ず、プエルタの応援歌が歌われている。

【スペイン】ダニエル・ハルケ選手*****

2009年8月8日、遠征先のイタリアのフィレンツェのホテルにて、急性心筋梗塞により死亡しているハルケが見つかった。恋人と電話をしていたところ急に話が途切れ、それを不審に思った恋人がクラブ関係者に連絡し、発見に至った。チームの中心選手であったハルケの死が、チームやサポーターに与えた衝撃は計り知れないものがあり、訃報を聞いた多くのファンやサポーターがホームスタジアムに詰め掛け、彼の死を惜しんだ。彼の死後、RCDエスパニョールの本拠地であるエスタディ・コルネリャ=エル・プラットスタジアムで行われる試合では、ハルケが生前に着けていた背番号21に因み、試合開始から21分にサポーターによる彼を追悼するための拍手が沸き起こる。翌年迎えたワールドカップ南アフリカ大会の決勝戦で、延長後半に値千金の決勝ゴールを決めたスペイン代表のアンドレス・イニエスタが歓喜のままにユニフォームを脱ぐと、アンダーシャツに「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつも共にある)」という手書きのメッセージが書き込まれていた。なお、試合中にユニフォームを脱ぐ行為は警告対象であり、イニエスタ自身もイエローカードを出され素直に従ったため、覚悟の上での行為だったと思われる。

【日本】松田直樹選手*****

2011年8月4日。サッカー元日本代表で、日本フットボールリーグ松本山雅FCに所属する松田直樹選手(34)が4日午後1時6分、長野県松本市内の病院で死去した。 関係者によると、0時半ごろには脈拍が弱くなり、息を引きとる際には家族が看取ったという。 松田選手は2日午前9時半ごろ、松本市のグラウンドで練習中に倒れ、見学していた女性看護師が心臓マッサージを施したが、病院に搬送された時は既に心肺停止状態だった。その後、微弱ながら心臓の鼓動が戻り、人工心肺装置で血流を維持したが意識は戻らなかった。

1 2





このまとめへのコメント1

  • 健蔵さん|2011.08.05

    突然死するのはサッカー選手の比率が高いようですね。名選手の突然死は本当にショックです。
    ちょっとマイナーですがエジプトの「モハメド・アブデルワハブ」選手も練習中に突然死しているようです。
    http://goo.gl/5zvqc
    名選手だったので可能ならば追加してください。

1

sakuramaraさん

コン・ユです

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう