1. まとめトップ

⑦ジオフェンシング

更新日: 2012年02月06日

rin2treeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 20979 view
お気に入り追加

■まずはジオフェンシングについて

ジオフェンシングとは、地図上にバーチャルなフェンスを設置して、特定の場所に友達や自分が入ったり出たりすると決められた処理を自動的に行う技術である。たとえば、子供が行動範囲として定めたフェンスの外に移動してしまうと、アラートが自動的に送られてくるような感じだ。また、自動車の盗難防止といった利用も考えられ、安全や防犯といった分野に強く、実用性が高いので、継続的なサービスになる可能性は高い。行動をシャアする目的で利用する場合は、自動的に動作を行う特性上、広い範囲でのシェアはちょっと危険で、家族などのかなり近しい知っている人+限られたグループの適用に向いている。
 また、屋内測位も注目だ!お店に来ているという確かな証拠となることが、来店販促においてとても重要だったりもする。shopkickと同じようなサービスが日本でもリリースされた(チェックインプラスボックス)。また、スーパーなどの通路でのpush広告としての活用法もみられ、その分野に関しても注目している。googleも「インドアGoogleマップ」という屋内サービスをはじめた。今後はここが熱くなってくるだろう。このカテゴリの主なサービスは以下になる。
 個人的には、実用性が高いというところに要注目!cardcaseなんかは、レジで名前を名乗るだけで支払いが済んでしまう。shopkickなんかはお店にはいって消費者の行動(試着など)にポイントを付加し、購入したらポイントを獲得できるといったサービスを提供していたりする。チェックインビジネスよりも利用者層に広がりを感じ、かつビジネスとしても安定感を感じないだろうか?
将来はホームネットワークと連動させて、最寄り駅の改札を出ると自宅のエアコンを作動させるような使い方も考えられ、実用性の高いサービスイメージが多い。

■ジオフェンシングサービス

■屋内測位系

■技術

■その他

■位置連動型プッシュ通知

■お・ま・け

1 2





rin2treeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう