1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【放射能汚染マップ】見ておくべき原発の深刻なセシウム土壌汚染マップまとめ

様々なデーターを基にして作成されたマップ、文科省などから発表から各社が報じたマップなどを様々な角度からまとめてみました。皆で放射能汚染の情報を共有しよう!

更新日: 2013年08月25日

nobuyuki5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
401 お気に入り 1063296 view
お気に入り追加

放射能汚染状況を「知識として」知っておく事は大事な事なので、皆さんで共有していきましょう!

各地の土壌のセシウム沈着量

福島県の東側の汚染が非常に激しい事が分かります。

福島沖で取れた魚からは、高濃度の放射性物質が検出されています。

各地の空間線量率

栃木から群馬方向にかけての放射能汚染も進んでいる事が分かります。

群馬県は「こんにゃく」の名産地ですが、大丈夫なのでしょうか?

群馬県北部はセシウム沈着が大きいので注意が必要

群馬県の北部では、かなり高いセシウムの沈着が確認されています。

200キロ圏内の群馬にもセシウムが蓄積

群馬は、「こんにゃくいも」の特産地として知られていますが、「こんにゃくいも」は大丈夫か?

群馬大の早川由紀夫教授が半径約200kmの汚染マップ作成

福島県東部では、かなり深刻な汚染である事が分かります。また、北は岩手、南は東京都、千葉県まで汚染範囲となっています。

文科省の調査結果から作成された放射能汚染蓄積マップ

福島第1原発から約150キロも離れている茨城県鉾田市で、玄米1キログラムあたり52ベクレルのセシウムが検出された。

鉾田市内の3カ所で「あきたこまち」などの玄米を採取して検査したうちの1カ所の玄米から検出された。国の暫定基準値(同500ベクレル)を大幅に下回ったお米を消費者は買うだろうか。

国立環境研の調査では、セシウムの22%が東日本の陸地に拡散

福島原発事故で放出された放射性物質は広範囲に拡散、ヨウ素の13%、セシウムの22%が東日本の陸地に落ちたとの分析を、国立環境研究所が25日までにまとめた。

朝日新聞(文科省公表参考)100キロ圏内の汚染状況マップ

福島東部から中部の猪苗代湖付近にかけては、高度な汚染が確認されています。

共同通信(文科省公表参考)100キロ圏内の汚染状況マップ

原発から100キロ圏内は、非常に汚染濃度が高くなっている事が確認出来ます。

読売新聞(文科省公表参考)100キロ圏内の汚染状況マップ

チェルノブイリであれば、この色が付いた場所のほぼ全てが移住しています。

日本は、チェルノブイリと同じ状況になったのです。この事実を日本人は受け止めなければいけません。

日本農業新聞(農水省参考)300キロ圏内付近の汚染状況マップ

福島原発から南方に位置する東京、千葉などでも強い汚染が確認されています。

参考:チェルノブイリ原発事故における600キロ圏内の汚染状況

福島原発でも300キロ圏内で高度な汚染が発生している地域があると考えられています。

福島県東部が「人が住めない地域」であり、それ以外の場所でも汚染が広がる可能性を示していると言えます。

この動画もついでに見ておくべきでしょう。

1




このまとめへのコメント2

1

nobuyuki5さん

少しずつコンテンツの修正・加筆しています。

このまとめに参加する



公式まとめ