1. まとめトップ

【図鑑】世界のカニの種類の画像一覧、全集

カニといえば、北海道名物冬の味覚です!テーブルを囲んで暖かいカニ鍋が食べたくなりますね‥しかし、カニはカニでも最大で5000種以上いるといわれています。そろそろ季節の変わり目も近づいていることですので、食材探しの方もそうでない方も、どうぞ世界のカニ達をご堪能ください!!!

更新日: 2011年10月31日

20 お気に入り 153086 view
お気に入り追加

海水

【学名】Paralithodes camtschaticus
【英名】red king crab
【分布】日本海、オホーツク海、北太平洋、アラスカ沿岸、ガラパゴス諸島など
【体長】約25cm
【備考】
・足を広げた大きさは最大約1m
・生物学上はヤドカリの仲間

【学名】Chionoecetes opilio
【英名】snow crab
【分布】山口県以北の日本海、茨城県以北からカナダまでの北太平洋、オホーツク海など
【体長】約1.5cm
【備考】
・主な生息域は水深200~600mの深海に生息する
・水温は0~3℃程度を好む
・足を広げた大きさは最大約70cm
・雑食性、貝類や多毛類などを捕食する

【学名】Erimacrus isenbeckii
【英名】Horse crab
【分布】日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸まで、太平洋北西部など
【体長】約1m20cm
【備考】
・水深30~200mに生息する
・ズワイガニやタラバガニと同様に食用である

【学名】Eriocheir sinensis
【英名】Chinese mitten crab
【分布】中国
【体長】最大約8cm
【備考】
・別名上海ガニとも呼ばれる

【学名】Portunidae
【英名】swimming crabs
【分布】北海道、台湾など
【体長】約15cm
【備考】
・第5脚の「遊泳脚」を持つ
・カレイやヒラメ、タイなどの稚魚を捕食する

【学名】Macrocheira kaempferi
【英名】Japanese spider crab
【分布】太平洋沿岸、東シナ海、駿河湾、土佐湾など
【体長】最大約30cm
【備考】
・世界最大の現生節足動物
・水深150~800mの深海に生息する

【学名】Eplumura phalangium
【英名】Arrow crab
【分布】青森県、南九州など
【体長】約1cm
【備考】
・水深300mの海底に生息する

【学名】Heikea japonica
【英名】Heikegani
【分布】北海道南部、相模湾から紀伊半島、瀬戸内海、有明海、朝鮮半島、中国北部、ベトナムなど
【体長】約2cm
【備考】
・水深10~30mに生息する
・模様が人間の怒りの表情に似ている
・「平氏の亡霊が乗り移った」という伝説もある

【学名】Ashtoret lunaris
【英名】Sandy shore crab
【分布】インド、太平洋
【体長】オス 5~7cm/ メス 4~6cm
【備考】
・甲羅がドーム状に膨らんでいる
・肢より甲羅の割合が大きい
・小さなトゲやイボもありゴツゴツしている

【学名】Ranina ranina
【英名】Frog crab
【分布】太平洋
【体長】最大約15cm
【備考】
・縦長で前かがみになる姿勢が、カエルと似ていることでこの英名がついた

【学名】Charybdis japonica
【英名】Shore swimming crab
【分布】北海道、東北、中国、韓国
【体長】最大約10cm
【備考】
・タコ釣り用の餌として使われることもある
・敵に襲われた場合脚を大きく振り上げて威嚇するが、鋏脚や脚を掴まれた時はそれらを自切する

【学名】Paralithodes platypus
【英名】Blue king crab
【分布】日本海、オホーツク海など
【体長】最大約20cm
【備考】
・甲羅表面に4個のとげがある
・生体の体色は他種に比べると青い
・食用で漁期は1月~6月

【学名】Paralithodes brevipes
【英名】Hanasaki crab
【分布】オホーツク海、サハリン、北海道沿岸など
【体長】約15cm
【備考】
・殻が硬くて棘が多い
・脚の肉が太く身が多い
・別名コンブガニと呼ばれる

【学名】Plagusia dentipes
【分布】熱帯、温帯地域
【体長】約6cm
【備考】
・生息範囲は水面下から水深20mまでと幅広い
・滑るように歩く様子はとても見ごたえがある

【学名】Atergatis floridus
【分布】インド、日本
【体長】約5cm
【備考】
・有毒を持っており、食べることが不可能

【学名】Austinograea yunohana
【分布】深海
【体長】約4cm
【備考】
・深海の海底火山の周囲に生息
・温泉に舞う湯の花のようだとしてこの名が付けられた

淡水

【学名】Sesarmops intermedium
【分布】インド洋付近など
【体長】約6cm
【備考】
・平均寿命は6年程度

【学名】Eriocheir japonica
【英名】Japanese mitten crab
【分布】日本、サハリン、朝鮮半島、台湾、香港など
【体長】最大約8cm
【備考】
・上海ガ二と同様の種
・脚に濃い毛が生えている
・海と河川の間を回遊する
・川、用水路、河口、海岸に生息する

岩場、干潟、浅瀬など

【学名】Chiromantes haematocheir
【英名】Red claws crab
【分布】東アジア
【体長】約3~4cm
【備考】
・甲羅の背中部分は人が微笑んでいるような顔に見える
・海岸や土手、川沿い付近に多く生息する

【学名】Mictyris brevidactylus
【英名】Soldier crab
【分布】種子島以南の東南アジア
【体長】約2cm
【備考】
・マングローブの泥地に多く生息する
・青紫で丸い甲羅が特徴
・集団で歩く様子が軍隊に似ていることからこのような和名が作られた

【学名】Ocypode stimpson
【英名】Stimpson's ghost crab
【分布】東アジア
【体長】約4cm
【備考】
・砂に溶け込むような色が特徴
・干潟に巣穴を掘って生活する

【学名】Scopimera globosa
【英名】Sand bubbler crab
【分布】北海道、台湾、シンガポール
【体長】約2cm
【備考】
・干潟に生息し、くるくる回りながら巣穴を少しずつ掘る

【学名】Geothelphusa dehaani
【英名】Japanese Freshwater Crab
【分布】青森県、屋久島(鹿児島県)など
【体長】約2~3cm
【備考】
・日本固有種
・足を広げた大きさ最大約70mm
・丸ごと唐揚げや佃煮になる

【学名】Hemigrapsus sanguineus
【分布】オーストラリア、西太平洋
【体長】約3cm
【備考】
・岩場に隠れて暮らしている
・ハサミの先に丸い球場の突起を持つ

1




ゆぅーみぃーさん

このまとめに参加する



公式まとめ