1. まとめトップ

【図鑑】世界のカメの種類の画像一覧、全集

『ガメラ』でお馴染みカメ!ポケモンでも『ゼニガメ』や『カメックス』などで意外にもカメのキャラクターがいますね。「鶴は千年亀は万年」とあるように、カメは一世紀(100年)以上も生きるものもいて、脊椎動物の中では最高のご長寿!そんな歩く時間も生きる時間も長いカメを集めてみました!

更新日: 2011年10月31日

26 お気に入り 225132 view
お気に入り追加

ニシキガメ属

【学名】Chrysemys picta
【英名】Painted turtle
【分布】アメリカ合衆国北西部から中部/カナダ
【甲長】25cm
【備考】
・流れの緩やかな河川や湖、池沼、湿原で生活をする
・底質が泥で水生植物が繁茂した水深の浅い小規模な止水域を好む
・昼行性で、夜間は水底などで休息

カミツキガメ属

【学名】Chelydra serpentina
【英名】Snapping turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】49.4cm
【備考】
・底質が泥や砂で水生植物が繁茂した様々な淡水域の水場で生活をするが、汽水域で生活することもある
・夜行性だが、北部個体群は昼行性傾向がある

ワニガメ属

【学名】Macrochelys temminckii
【英名】Alligator snapping turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】80cm
【体重】113kg
【備考】
・水深がやや深い河川、湖で生活をし、底質が泥で水生植物の繁茂した池沼、湿原、汽水域で生活をすることもある
・完全水生で、産卵を除いて陸に上がる事はない

アオウミガメ属

【学名】Chelonia mydas
【英名】Green turtle
【分布】東太平洋(中央アメリカ/ガラパゴス諸島近海)/インド洋/大西洋/太平洋
【甲長】80-100cm
【体重】70-230kg
【産卵地】イエメン/インドネシア/オーストラリア北西部/オマーン/コスタリカ/ソマリア/日本
【備考】
・名前は体脂肪が緑色であることに直接の由来
・熱帯から亜熱帯にかけての水深の浅い沿岸域で生活をする

アカウミガメ属

【学名】Caretta caretta 
【英名】Loggerhead turtle
【分布】大西洋/太平洋/インド洋/地中海
【甲長】65-100cm
【体重】70-180kg
【備考】
・海洋の沿岸域で生活をする
・絶滅危惧II類

タイマイ属

【学名】Eretmochelys imbricata
【英名】Hawksbill turtle
【分布】インド洋/大西洋/太平洋
【甲長】53-114cm
【体重】30-70kg
【産卵地】インドネシア/セーシェル/モルディブ/西インド諸島/日本
【備考】
・熱帯や亜熱帯にあるサンゴ礁が発達した海洋で生活をする
・絶滅危惧IB類

ヒメウミガメ属

【学名】Lepidochelys kempii
【英名】Kemp's ridley turtle
【分布】メキシコ(メキシコ湾)
【甲長】55-75cm
【体重】30-50kg
【産卵地】メキシコのランチョヌエボ
【備考】海洋で生活をする

【学名】Lepidochelys olivacea
【英名】Olive Ridley
【分布】太平洋/インド洋/大西洋
【甲長】70cm
【備考】
・甲羅がオリーブ色をしているため、オリーブヒメウミガメともいう
・熱帯海域で生活をする
・大群で上陸し産卵をする「アリバダ」という現象を起こし、他の種類には見られない
・絶滅危惧種

ヒラタウミガメ属

【学名】Natator depressus
【英名】Flatback Turtle
【分布】オーストラリア北部/インドネシア/パプアニューギニア
【甲長】80-100cm
【体重】80-90kg
【備考】
まだあまり研究されておらず、詳細に関しては不明な点が多いウミガメ

オサガメ属

【学名】Dermochelys coriacea
【英名】Leatherback turtle
【分布】インド洋/大西洋/太平洋/地中海
【甲長】120-180cm
【体重】916kg
【産卵地】インドネシア/コスタリカ/スリナム/スリランカ/マレーシア/パナマ/パプアニューギニア/南アフリカ共和国
【備考】
・熱帯から温帯にかけての外洋で生活をするが、水温の低い北極海周辺まで回遊をする
・水深1,000m以上まで潜水する

メキシコカワガメ属

【学名】Dermatemys mawii 
【英名】Central American river turtle
【分布】グアテマラ/ベリーズ/ホンジュラス北西部/メキシコ南東部
【甲長】65cm
【備考】
・別名:カワガメ、チュウベイカワガメ
・水生植物の繁茂する大型河川、湖沼、湿原で生活をするが、河口や汽水域でも生活することがある

ドロガメ属

【学名】Kinosternon baurii
【英名】Striped mud turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】13.8cm
【産卵地】フロリダ州南部、中部
【備考】
・低地にある流れの緩やかな河川や池沼、湿原、汽水域で生活をし、底質が泥や腐食質が堆積した止水域を好む
・ペットとして飼育されることもある

【学名】Kinosternon subrubrum
【英名】Common mud turtle,Eastern mud turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】12.5cm
【備考】
・流れの緩やかな小規模な河川や池沼、湿原、水溜り、氾濫原、汽水域で生活をする
・底質が泥や腐食質でやや水深の浅い止水域を好む傾向がある
・夏季や冬季には陸上の落ち葉、倒木や岩の下、他の動物の巣穴、浅い水中などに潜り休眠をする

【学名】Kinosternon oaxacae
【英名】Oaxaca mud turtle
【分布】メキシコ
【甲長】17.5cm
【備考】
・標高100-800mの低地や丘陵にある河川や池沼、湿地等で生活をする
・やや夜行性傾向、昼間は日光浴を行うことが稀

【学名】Kinosternon sonoriense
【英名】Sonoran mud turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】17.5cm
【備考】
・標高200-2,000mにある底質が泥で小型河川や池沼、湿原で生活をする
・昼行性だが夏季の高温時は夜行性傾向
・冬季は水中の泥中などで冬眠

【学名】Kinosternom scorpioides
【英名】Scorpion mud turtle
【分布】メキシコ/コスタリカ/ニカラグア/パナマ/ホンジュラス
【甲長】27cm
【備考】河川や湖沼で生活をする

【学名】Kinosternon integrum
【英名】Mexican mud turtle
【分布】メキシコ
【甲長】20.2cm
【備考】
標高3,000m以下にある小型河川や池沼で生活をする

【学名】Kinosternon hirtipes 
【英名】Mexican rough-footed mud turtle
【分布】アメリカ合衆国/メキシコ
【甲長】18.5cm
【備考】
・標高800-2,600mにある河川、湖、池沼で生活をする
・夜行性だが、昼間に活動することもある

【学名】Kinosternon flavescens
【英名】Yellow mud turtle
【分布】アメリカ合衆国
【甲長】16.8cm
【備考】
・乾燥した草原や森林、砂漠などにある小規模な水場で生活をし、基底が泥や砂で水生植物の繁茂した止水域を好む
・昼行性で、夏季を除いて薄明薄暮時や夜間に活動する事はほぼない

1 2 3




ゆぅーみぃーさん

このまとめに参加する



公式まとめ