1. まとめトップ

【練習方法】走り幅跳び上達サイト集【コツ】

走り幅跳びの練習方法やコツ等が書かれているサイトをまとめてみました!陸上で本格的にやっている方から、小学学生に教える先生まで幅広く役立つサイトを集めました。

更新日: 2011年11月09日

33 お気に入り 136561 view
お気に入り追加

動画でイメトレ(イメージトレーニング)

幅跳びの悩み

走り幅跳びの助走はどんな感じが良いのでしょうか?

助走のスピードが速ければ速いほど良いのですが、全力疾走では踏み切りがうまくできませんから、踏み切りの時点で踏み切れる範囲内でスピードが最高に高まるように、徐々にスピードを上げていくことが大切です。助走の前半は体を前傾させてリラックスした状態で加速していくよう心がけましょう。

走り幅跳びで使う筋肉を鍛えることのできる筋トレを教えて下さい。

走幅跳の踏切ではお尻の筋肉を使うので、お尻の筋肉を鍛えておくと良いと思います。膝下くらいの高さの台を用意し重りを担いで片足ずつ交互に上り下りをしていきます。この時にしっかりとお尻の筋肉を使って上がり、台に上がった時に逆足の膝を高く上げて踏切の姿勢を作ることを心がけてください。

ひとりでできて、あまりスペースをとらない、砂場以外の練習法を教えてくださいっ!!

助走のスピードが重要です。短距離の練習は欠かせません。
また、ご存知かと思いますが、助走の始めはゆっくりと歩幅を大きく、徐々に歩幅を狭くしていき、飛ぶ瞬間がトップスピードになるよう調整します。また、重要なのは、歩数。助走から跳ぶまでのリズムを完全に身体に刻み込んでおくと良いです。

幅跳びのコツ・練習法解説リンク

1




サチグロンさん

このまとめに参加する


NAVER リンク