1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

東京で撮影できる情緒あふれるカメラスポット

大都会の東京都内で写真撮影ができるオススメの場所を集めてました。スカイツリーや東京タワーは人気の撮影スポットとして有名ですね。探してみると意外とある情緒あふれる写真が取れる場所をまとまめます。休みの日にカメラを持ってちょっとお出かけしてみてはどうでしょう。

更新日: 2012年02月18日

秋色恋歌さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
536 お気に入り 208947 view
お気に入り追加

▼清澄庭園(江東区)

日本庭園のある風景。都会の中でも日本庭園を見て癒されるスポットです。

涼亭を映す池。
涼亭は、東京都選定歴史的建造物に選定されています。

毎夜見られるものではなく、期間限定で行われるようです。

▼谷中周辺(台東区)

昔の雰囲気が残る町です。今も人力車があり観光客を楽しませています。

谷中の夕暮れ時は、昭和の懐かしさを残す景色。

「さくら通り」とも呼ばれ親しまれている桜並木。
多くの著名人が埋葬されている谷中霊園は、多くの人が訪れる観光名所にもなっています。

▼乗蓮寺(板橋区)

散っては舞う銀杏の葉に包まれながら上る季節もあります。

高さは13メートルで、重さは22トンあります。
東京大空襲や関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないようにと願いを込めて、昭和52年に建立されました。

桜の季節には、このような景色も拝めます。

▼愛宕神社(港区)

銀座まで歩けるような都心の中、愛宕山に鎮座する愛宕神社。

小船も浮かぶ情緒たっぷりの庭園。
桜の時期には、花びらが池に浮かんで桜池になります。

江戸前期の馬術家・曲垣平九郎が、この石段を馬で駆け上り、梅の枝を折って徳川家光に献上したという言い伝えが残っています。

▼旧古河庭園(北区)

旧古河庭園は、武蔵野台地の斜面を巧みに利用した造り。
台地上に建つ洋館は煉瓦造の躯体をしています。

手入れが行き届いた庭園。
Wikiによると、テラスが階段状に連なるイタリア式庭園と、平面的で幾何学的に構成されるフランス式庭園の技法が用いられている。

出典pub.ne.jp

春のイベント期間前半に行われるライトアップ。
ライトアップされれば、スポットライトを浴びてバラの表情が変わります。

▼神楽坂(新宿区)

木造の小さな家や張り出した庭木を眺めながら入り組んだ路地を歩く、神楽坂の楽しみ方。

神楽坂通りから路地に入ると、かつての花街の名残が。
また、路地の名前も、神楽小路、みちくさ横丁、芸者新路、かくれんぼ横丁など粋なものが多いです。

「神楽坂といえば石畳と黒い板塀」と称されるほど。

▼小石川後楽園(文京区)

小石川後楽園といえば桜の名所と名高い場所。

桜だけではなく、秋は紅葉が景色を彩ります。

小石川後楽園のシンボルとも言われています。
水に映る姿と実際の姿を合わせると、満月のように見えることからその名が付いた橋。

▼国営昭和記念公園(立川市)

水面に映る紅葉も、趣があって綺麗です。

1 2




このまとめへのコメント1

1

秋色恋歌さん

写真を撮ることが好きです(^^)v

このまとめに参加する