1. まとめトップ

写真をうまく撮るための4つのルール

実例で見る写真の構図法

更新日: 2012年02月05日

mimizkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
246 お気に入り 92982 view
お気に入り追加

3分の1 - Rule Of Thirds

等間隔に引いた水平線と垂直線2本ずつにより画面を9等分(上下・左右方向にそれぞれ3等分)すると仮定し、それらの線上、もしくは線同士の交点上に構図上の重要な要素を配置すると、バランスが取れて安定した構図が得られる



By User:Moondigger (投稿者自身による作品) [CC-BY-SA-2.5 (www.creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5)], via Wikimedia Commons

By Photographic Consortium, Ltd.

奇数 - Rule Of Odds

対象となる物、人物の数は奇数となるように撮影する。偶数個の対象物があると人の目は自然とペアを作ってしまい、バランスを崩しているように見えてしまう。




By Art Rock (Hennie)

空間 - Rule Of Space

人物が見ている方向、ものが動いていく前方にスペースを残して撮影する。人はものがどこに動いていくのか、何を見ているのかに興味があるためそうすることで自然に見える。


photo by josdiiri

対角線 - Rule Of Diagonal

道、水の流れ、フェンスなどの直線的なものを対角線上に撮影することで、水平に写すよりもダイナミックさが生まれる


By aurelio.asiain

1





このまとめへのコメント1

  • fotochanさん|2012.03.26

    はじめまして、fotochanという写真をキレイに補正するサイトを運営しています!
    もしよければ使ってみてもらえると嬉しいです!
    http://foto.chan.to/

1

mimizkさん



  • 話題の動画をまとめよう