1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【1R】狭い部屋のレイアウト・インテリア画像集【1K】

一人暮らしの部屋はたいてい狭い賃貸。コーディネートに悩む人の為に1K1R、6畳8畳などの小部屋レイアウトの実例・参考画像をブログなどからまとめます。北欧ナチュラルやアジアン、モダン、シンプルテイストが多いようです。学生も社会人も通販購入や収納事例の見本になると思います。

更新日: 2012年02月06日

亀吉53さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3022 お気に入り 2611467 view
お気に入り追加

6畳スペースを最大限に使った配置。
ソファは奥行の浅いタイプがオススメだそうです。

出典aflat.jp

ナチュラルカラーで色味を押さえて圧迫感を少なく。
6畳部屋にソファが置ける憧れのレイアウトです。

出典suumo.jp

真っ白に統一され、空間が広く見えます。
テーブルや棚はすべて小さめのものをチョイスしています。

ベッドやソファは小さめを選んでいるのがポイント。
狭いお部屋でもすっきりしています。

出典aflat.jp

家具をダークブラウンで統一したお部屋。
ナチュラルカラーのさし色が効いています。

南国リゾートを連想させるファブリックの使い方。
壁際に家具を寄せて空間を作っています。

シックな印象の男部屋。
ベッドは面積が大きいので白を選ぶといいですね。

ベッドは縦に配置し、テーブルは小さめをチョイス。
縦に流れる間接照明がオシャレです。

デスクの奥にはベッドとローテーブル。
エリアを使い分けています。

ほっとするナチュラルテイストの家具でまとまったお部屋。
ベッドも飾り気のないロータイプを選んですっきりしています。

大胆にもセミダブルベッドを配置したお部屋。
家具をすべて低めに揃えているので広く見えるようです。

オフホワイトをベースにしたガーリーなお部屋。
女の子におすすめです。

キッチンとベッドルームをカーテンで仕切ったレイアウト。
鮮やかな色使いが大胆です。

低め&おさえた色味の家具でコーディネート。
シンプルにまとめているのが広く見えるポイントです。

出典unkar.org

全体的にこじんまりしたお部屋ですが、デスクスペースを確保できています。
壁に寄せた家具がポイントですね。

間接照明はお部屋を広く見せる効果もあるそうです。
ほっとできるコーディネートです。

テレビやPC台、ベッドなどすべて低めのアイテムに揃えています。
圧迫感が少なくなりますね。

ローボードと小さめのテーブルで狭さをカバー。
ラグも小さくすると床面積が広くなって開放感がでます。

壁に棚をつけて少しでも収納力アップ。
照明の置き方も参考になります。

出典reroom.jp

ウォールステッカーも貼っておしゃれな部屋。
大きなデスクは低めだと圧迫感が少ないです。

出典reroom.jp

コンクリート打ち放し風の壁紙でガレージをイメージしたお部屋。
スマートなテーブルがポイントです。

1


おすすめまとめ



このまとめへのコメント1

  • cindie_nowさん|2012.02.11

    1Kでこの配置って、収納どこにあるの?????

1

亀吉53さん

ちょっとわかりはじめた

このまとめに参加する



公式まとめ