1. まとめトップ

安倍晋三元首相らが新興宗教「生長の家」の関連団体で講演

教団施設内における児童虐待や悪質な勧誘などが問題となっている新興宗教「生長の家」。かつては保守政治家との繋がりを指摘されたが近年では疎遠になったともいわれていた。しかし「青年真志塾」という団体について調べてみると、その関係が水面下で連綿と続いていることがわかってきた。 作成日:2012年02月25日

更新日: 2016年08月08日

14 お気に入り 93683 view
お気に入り追加

投稿者より

当まとめ記事は誤報だという下記ツイートのような虚偽情報にご注意ください。

当まとめで取り上げる「生長の家栄える会」は、現在の生長の家の関連団体であり、名誉会長の神谷光徳氏も現生長の家の信徒です。よって、神谷氏が「生長の家原理主義」などと呼ばれる生長の家の分派「谷口雅春先生を学ぶ会」に所属するといった類の情報は誤りです。

また、児童虐待は現在の生長の家から離反した「生長の家社会事業団」が運営する寮で起きたので生長の家教団とは無関係だとの指摘もありますが、問題の虐待は該事業団が生長の家傘下だった頃に起きているので、これも正しくありません。

この記事、誰が書いたか知らんが、すげー誤報だな。これ、生長の家じゃねーよ。「谷口雅春に学ぶ会」だよ/安倍晋三元首相らが新興宗教「生長の家」の関連団体で講演 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213291547…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

設立と趣旨

「青年真志塾」という団体がある。趣旨は若手経営者の勉強会とのことだが招かれる講師は経済というより政治色が濃い。また関係者にはある特徴がみられる。

▼ 以下、設立趣意を青年真志塾‐Facebook 「基本データ」より。

基本データ

設立年月日
2010年7月6日

情報
日本の次代を担う「志」ある経済人を育てる塾

説明
現在、「青年真志塾」は日本経済人懇話会を母体とし、原則、45才以下の日本の将来を真剣に考える有志の方々の熱意と情熱で当塾を運営しております。

現在発足から1年を経過しようとしておりますが、お陰さまで約100名の志ある仲間が集まっております。

活動内容としましては、政治、経済、歴史、哲学、文学、思想等の様々な分野の勉強会を行ったり、東日本大震災の被災地支援活動も行っております。

また、現在参加されている皆様は様々な職種の方々のため、日常の仕事では縁のない分野のお話が聞けたり、何度か会うことにより信頼感が芽生え、ビジネスで花が咲いたりもしております。人脈力の弱い若手層の人脈や友人構築の場としても活用していただいております。

設立当時の青年真志塾を取り上げるフジサンケイビジネスアイ。

講義の様子

塾三役の横顔

出典kwout.com

青年真志塾の塾長は塾創設者であり、母体の日本経済人懇話会でも会長を務める神谷光徳という人物だ。実は、この神谷氏は宗教団体「生長の家」の幹部でもある。

▼ 生長の家における神谷氏の役職

生長の家役職:
・栄える会名誉会長
・宗教法人「生長の家」監事
・生長の家富士河口湖練成道場監事
・生長の家地方講師
・栄える会ゲスト講師

谷口雅春が昭和5年に興した新宗教で、信徒数は国内だけで70~85万人。「生長の家大神」を本尊とするが偶像は持たず「實相(じっそう)」の書を掲げる。また同時に天皇信仰も併せ持ち、日本会議を裏で主導しているともいわれる。

教団セミナーのチラシ。上段中央が神谷氏。

セミナーのスケジュール表。

名誉塾長には、インテリジェントデザイン論を唱える異端の分子生物学者で、天理教の信者としても知られる村上和雄氏を据えている。

▼ 村上氏ついては以前こんなことが報じられた。

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • masaka-honkikaさん|2013.04.22

    この種のまとめは色んな意味で問題では?週刊誌のデマと同じだと思います。

1



  • 話題の動画をまとめよう