1. まとめトップ

赤ちゃんと手で会話できる「ベビーサイン」 まとめ

言葉を話せない赤ちゃんは、急にぐずったり泣き出したりと可愛いけど困らせてもくれます。そんな赤ちゃんの欲求が分かっちゃったら、育児ってもっと楽しくなるんです。最近はイオンやアカチャンホンポでも体験教室が行われていて、ママに人気のベビーサインについての情報をまとめてみました。

更新日: 2012年02月22日

今朝ぼんさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
564 お気に入り 121937 view
お気に入り追加

90年代中ごろにアメリカで始まった育児法です。
言葉をうまく話せない赤ちゃんと、手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする会話術です。

■ベビーサインのメリット

赤ちゃんのIQが高くなりやすい

海外の研究によれば、ベビーサインをする子どもは言葉を覚えるのが早く、IQもベビーサインをしたことのない子どもと比べると15%高いそうです。

パパが積極的に育児に参加してくれる

パパにとって、「なんで泣いているか」・「泣いた時はどうしたらいいか」がわからないというのが大きなネック。それが改善すれば、積極的に参加してくれますよ。

赤ちゃんの世界を共有できる

指差しだけではとても表現できない思いを、伝えることができるようになります。そして、日々成長しているのが実感できますよ。

■感情を表すベビーサイン一例

手のひらをほっぺたに何度か触れます。

胸の前で開いた手を上下に振ります。

両手を胸の前でくっつけたり離したりする動作を繰り返します。

片手をグーにして口に持っていきます。

■感情以外のベビーサイン一例

手が垂直に触れている状態から、右手を水平にスライドさせます。

片手or両手でグーパー、グーパーを繰り返します。

オムツ上部のゴムの部分を親指・人差し指・中指でつまむような仕草を繰り返します。

大人がする飲み物を飲む時と同じジェスチャーです。

開いた手の親指をおでこに当て、チョップをするような仕草を繰り返します。

パパの上下逆バージョン。
顎に親指を当て、その手を全面にスライドする仕草を繰り返します。

■実践したママの声

本日の離乳食まとめ:晩ご飯に家族そろって親子丼。にじたろーに「おいしい?」って聞いたらベビーサイン返ってきてテンション上がった!しかし、彼のオイシイはほっぺたではなく耳の上を両手でぽんぽんする。ってことは今までやってたのもオイシイだったのか。わからなかったぜ。笑

明日はベビーサインのレッスン。いま確実にできるのがおっぱいだけ。もっと・おいしいはしてるか微妙、お風呂・ありがとう・食べ物は教えてるけどまだ。レッスンも残りあと2回。早いなぁ!

ベビーサイン講習会だん。楽しそうだった!やってみようー。むすこは先生の動きに釘付けだったし、興味アリアリって感じだった。こんなだったら、もっと早く始めたらよかったなぁ。

ベビーサインから帰宅。楽しかったー!少しずつサインを取り込んでいこうと思う。

■関連リンク

1





今朝ぼんさん

夢:お鳥様と会話する

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう