1. まとめトップ

タイ風俗遊びまとめ

東南アジア随一の歓楽街を有するタイの風俗遊びまとめ。バンコクを中心に、MP(マッサージパーラー)、ゴーゴーバー、エロ按摩、立ちんぼ、援交喫茶、カラオケクラブなどの情報を盛り込みました。

更新日: 2012年02月25日

sionacrovicさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 65241 view
お気に入り追加

バンコク > マッサージパーラー(MP)

タイ風俗初心者の登竜門的なマッサージパーラー(通称:MP)。
日本のソープの技術とノウハウが輸出され、東南アジア風に味付けされた代物で、英語やタイ語でのコミュニケーション能力も大して必要なく、お金さえを払えば遊ばせてくれるスポット。

外観は超豪華なラブホテル、または悪趣味な電飾の城のようだが、無数の女の子の中からお気に入りを好きなだけチョイスしてイチャイチャ出来る、一般人参加可能なハーレムエンターテイメントとなっている。

中に入ると金魚鉢と呼ばれるガラス張りのひな壇があり、中にいる数多の女の子の中からお気に入りの子をチョイスする。
座り位置等によって料金が異なるので、コンシアと呼ばれる案内係の男性にシステムなどを聞くのが良い。その際は多少の英語力が必要。
女の子に手を引かれて個室に入ったあとのサービスは日本のソープランドと同様と思って大丈夫。

金に糸目を付けないなら、何人もの女の子をチョイスして、豪華ジャグジーのあるスイートルームでハーレム遊びを楽しめる。もちろんこっちも複数で参戦してOKだ。

バンコク > カラオケクラブ

タニヤ通り、スクンビット通りなどに集中して存在する日本人向けのカラオケクラブ。
日本で言えば、高級クラブやスナックをそのまま想像すれば問題ないが、大きく異なるのは店外デートが可能なこと。
店によって、あるいは店外デート可の店でもデート不可な女の子が在籍している場合もあるので、入店時にママさんに要確認。
日本語はほぼ問題なく通じる。というか、店の看板は日本語だし、名前も日本のような名前が付いているので、街を歩けばすぐ気づく。

料金は、日本のキャバクラのように時間制の飲み放題だったり、チャージが別途必要だったりとまちまちだが、これもママさんが懇切丁寧に教えてくれる。
隣りに座らせる女の子を選んだら、ソファーに座って水割りなどを数杯飲みながら、女の子とイチャイチャしつつ、気が合えばそのまま連れ出して自分のホテルへ連れ帰ることも出来る。

連れ出しの際に、店にペイバーと呼ばれる料金がかかることと、自分のホテルへ連れていかない場合は、いわゆるラブホテルでのご休憩料金がかかる。自分のホテルへ連れて行く場合でも、まず自分が泊まっているホテルが連れ込みOKのホテルかどうか、またOKでも別途料金がかかる場合もあるので、夜の街に繰り出す前にレセプションで要確認。というか、ホテルの決定権が自分にあるなら予約を取る前に確認しておくほうが良い。

夜遊びの料金は、店で飲む自分のドリンクと女の子のドリンク代、店へのペイバーの他に、女の子への店外デート代と、ご休憩のホテル代、女の子の帰りのタクシー代と称する多少のチップが必要。

バンコク > ゴーゴーバー

バンコク夜遊びの大本命といえばこれ。
バンコク市内にはパッポンストリート、ソイ・カウボーイ、ナナ・エンターテイメントプラザの3大スポットが存在するが、パッポンは一般観光客も訪れる観光地としての色合いが強くなりすぎてしまった感があるので、本気で女の子と遊びたいならソイカかナナに行くべし。
高校卒業程度の英語力は必要。まあ、単語を並べて喋れば何とかなるレベルでOK。

ソイカは数百メートルほどのストリートの両側に、ゴーゴーバーがギッシリ軒を連ねる通りで、店内では、ステージで半裸の女の子がサイケな曲に合わせて踊っている。
ショーがウリの店なら、毎日決まった時間にショータイムがあるので、事前にリサーチして時間を合わせて入店しても面白い。

ナナはコの字型の3階建てのビル。テナントのほとんどがそーゆー店なので、まさにゴーゴーバーコンプレックスといえる。
3階にはご休憩専用の簡易ホテルもあり、すべてがこの中で事足りてしまうのも便利。
またこのビルの周辺一帯もバービアなどのナンパスポットが増殖していて、何度も通うベテランもいろんな味を味わえるのも魅力。

入店すれば、何人もの女の子がコーラをおごってくれと詰め寄ってくるので、気に入った子がいればおごってやって横に座らせれば良い。また、ステージの女の子が気に入れば、腰につけた番号をウェイトレスに伝えれば、1曲終われば隣に座ってくれる。

気が合えば店にペイバーをして連れ出すことが可能。というか、横に座るなりペイバーしてくれと懇願し始めるので、特に気がない場合はハッキリ断るほうが後で面倒な事にならない。
面白いのが、制服を着て甲斐甲斐しく働くウェイトレスすらも連れ出しOKの場合があるので、その気があるなら頑張って口説いてみるのも楽しいかも。

夜遊びの料金は、店で飲む自分のドリンクと女の子のドリンク代、店へのペイバーの他に、女の子への店外デート代と、ご休憩のホテル代、女の子の帰りのタクシー代と称する多少のチップが必要。

バンコク > その他

東南アジア最大の歓楽街を有するだけあって、遊び方は様々。
歩道に所在なげにたたずむお姉さんから、援交喫茶、クラブでのナンパ、昔お兄さんなお姉さんや、今もまんまお兄さんまで、老若男女問わずどんな欲求も飲み込む素晴らしい街。

パタヤ情報

バンコクから最寄りのビーチリゾート、パタヤ。新婚夫婦がハネムーン先に選ぶことは皆無な、リゾートとしてどうなんだ!と言わんばかりの大歓楽街としてその名を世界に馳せる。
古くはベトナム戦争時代に米軍の休息地として発展していったこの街は、軍人さんたちのアッチ方面において全く休息を許さないスポットとして特化し現在に至る。

1 2



sionacrovicさん

The world is filled with ERO!
世界はエロで満ちている!