1. まとめトップ
  2. 定番

【知恵袋】カラオケで苦手な“高音を出す”方法まとめ

巷で言われている、カラオケ上達法の中でも特に多くの人が気になる「高音の出し方」についてまとめてみました。

更新日: 2012年05月26日

sakubooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4560 お気に入り 1510775 view
お気に入り追加

▼まずは腹式呼吸をマスターする

カラオケ上達の基本はやはり腹式呼吸のようです。横隔膜を動かすこの呼吸法は歌を上達させるためには避けては通れない道のようです。

腹式呼吸―初歩

まず、10秒かけて鼻から息を吸います。お腹に手を当て、意識的にお腹が膨らんでくるよう、ゆっくりと吸います。
そして又10秒かけて、今度は喉の奥を上げるようにして、口から息を吐きます。この時もお腹に手を当て、へこんでいくのを確認しましょう。
これを10回くり返します。これが1セットです。
一日に3セット出来れば理想的ですが、気分が悪くなったらすぐに中止して休みましょう。

腹式呼吸―中級

10秒息を吸ったら(鼻からですよ)、お腹が膨らんでいるのを確認しつつ、3秒息を止めて下さい。そして又10秒かけて息を吐きます。その時可能であれば「アー」等、声を出しながらやりましょう。喉の奥を開くのと、お腹をへこませるのを忘れずに。
これを15回繰り返ります。これが1セットです。
やはり一日に3セットやるのが理想です。

腹式呼吸―上級

15秒かけて鼻から息を吸いましょう。そして3秒止めます。
そして10~15秒かけて口から息を吐きましょう。やはり可能であれば声を出して行ってください。(息を吐く時は無理をせず、体調によって変えてください。)
これは10~15回で1セット。そして一日3セットで止めておくのが無難です。
ここまで出来れば、普段の生活の中でも自然に腹式呼吸になっている事でしょう。

▼高音を出す方法

高音を鍛えるために自分の今の最高音をキーボード(ギター等でも可)で測って、その音をなるべく長く発声するようにしてる。これを1回20分くらいずつを2日置きにやってるよ。2日おきにやってるのは声帯の筋肉を鍛えるには 超回復を利用した方が効果的だと聞いたので72時間あけてやるようにやってまつ。

裏声で歌いやすい曲(童謡)などをひとつの母音(あー)で歌う。
ファルセット(裏声)のコントロール
たとえば「かえるのうた」を「あーあーあー」という感じで音程をしっかりとって裏声で歌う。ファルセットの練習は高音UPには重要。

人の音域の中心って、実は普段しゃべってる声の高さなんですよ。
ですから、歌の音域を広げたいなら、
普段発声している声を、ほんのちょっと高くしてください。
しばらくすると、ずいぶんハイトーンが楽に出るようになると思います。

裏声で歌いまくってたら地声に近い声でも出るようになるで

声門閉鎖。
喉仏の出てる部分の裏を内側に閉める。
小さい音量で慣れさせて、徐々に音量を上げると良い。

・リップロール(唇を、プロペラのようにブルブル震わせる)
・上唇に舌を当て、口を開けてnで歌う

・鼻の奥を高くできるか
・下顎を、脱力によって落とすようにして、口をあけることができるか
・胸は高いか
・舌に力が入って、口の中で後ろに下がっていないか(下がったらだめ)

高い声を出したいなら逆に重心を下に落とすようなイメージで歌ってください。
膝を曲げながら歌うと案外出ちゃったりするものです。
高い音を出そうと思って重心が上に上に行ってしまうと逆にのどを絞めてしまい高い声が出なくなります。

▼関連サイト

1




このまとめへのコメント3

1


まとめ参加者(0)

このまとめに参加する



公式まとめ