1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット
15 お気に入り 46747 view
お気に入り追加

docomo契約のiPhoneを使うことのメリットとデメリット

メリット

・サクサク動作!通信速度が早い。
・他の人があまり持っていないdocomo iPhone
・メールアドレスを@docomo.ne.jpのまま使用可能
・脱獄しなくてもテザリングが可能

デメリット

・iPhoneが対応している周波数帯が限られているため、docomo対応の携帯を使っている時よりも電波が不安定になる。
・パケ放題にしてもパソコン扱いとなるため、従来の携帯料金より高くなる。
・i-mode、SPモードに未対応(ただしi-modeメールはアプリにて対応可能)
・docomoのサポートが受けれない

正直現時点ではデメリットのほうが多い。docomoからのiPhone発売の噂や、ソフトバンクの周波数域の獲得もあり、わざわざSIMフリーで使うことはあんまりお勧めしません。

それでもdocomoのiPhoneが今ほしいという方に・・・

1.用意するもの

これであなたもdocomoのiPhoneユーザー!

用意するものは
海外で買ったsimフリーのiPhoneのみ!
ちなみに私はマレーシアで買いました。
契約なしで約5万~6万円。

海外に行く機会のない方はネットで探してみましょう!

SIMフリーのiPhoneを入手したらdocomoショップへ!

iPhoneを使用するにはmicro SIMカードが必要になります。
(ちなみに現在日本でmicro SIMカードを使用しているのはiPhoneのみです)

ではdocomo対応のmicro SIMカードはどこで手に入れればいいのか。

簡単です!docomoショップに行って現在持っているSIMカードを変えてもらいましょう。
最初の交換は無料となっており、二回目以降は5000円ほどかかるとのことです。

必須通信契約:
パケ放題ダブル(でないと料金がバカにならないことに・・・)
imode.net (i-modeメールを使用したい場合)
mopera u (ないとつながりません!)

2.初期設定

用意ができたら、初期設定を行います。
micro SIMカードをiPhoneにいれ、起動。初回起動の場合、初期設定を行いますが、
画面に従って進めればいいので割愛します。

(1) データ通信をするための設定(APN設定) (1)

「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信ネットワーク」の画面に行き、
APNの欄に'mopera.net'と入力する(mopera uに契約していること)

この設定を行わないと一切データ通信ができません!
できたらステータスバーに'3G'の表記が表示されます。

3.i-modeメールを使用するために

個人的に一番使いやすいi-modeメールをimode.netから持ってくる用のアプリ。
ただし、プッシュ通知機能がまだテスト段階なので、メールが来てもお知らせがでません。擬似的にプッシュ通知を行う方法は後ほど紹介します。

他にはImMailer,ImoGetterなどがあります。
好みでお使いください。こちらはプッシュ通知機能を搭載しています。

アプリをダウンロードして使うだけでiPhoneでもi-modeメールが確認できます。

メールを受信できなくなる!?imode.net注意点

imodeセンターに保存できるメール数は1000件で、それ以上は受信できません。また、imoco等を使ってログインするたびにメールが送られます(詳しい内容は以下のリンク参照)

上記の理由により、メールを大量にする方は定期的にdocomoの携帯を使用してメールを受信し、imodeセンターを空にする必要があります。

もし、@docomo.ne.jpのアドレスにこだわりがないのであれば、gmailやhotmailをメインのアドレスにすることをおすすめします。

おまけ:擬似プッシュ通知

imocoを使用してimodeメールを受領したり、gmailを使用している場合、プッシュ通知が行われない。よって、メールが来ても気付かないことが多い。

ということで、擬似的にプッシュ通知を再現してみましょう。

まずはpushmailというアプリをダウンロード。
こちらは設定次第で従来iPhoneにはない着信音を使用したり、
通知方法を設定できます。

使い方としてはアカウントを作成し、
アカウント名@dopushmail.comにメールを転送するだけ。

gmailの場合は直接転送機能を使用できます。

1 2




live_free.ykさん

自分の気になるものや趣味についてまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします!!

このまとめに参加する


NAVER リンク