1. まとめトップ

息スッキリ!を保つための口臭対策ケア

朝昼晩、毎日歯磨きをしていますか?毎日しっかり歯を磨いていても、食べる物やストレスから口臭は発生してしまいます。せっかくの笑顔も口臭のせいで台無しに。普段から気をつけていれば口臭は予防・改善もできます。口臭の原因や磨き方、いつもの食事に取り入れると口臭対策になる食べ物を紹介したいと思います。

更新日: 2012年03月07日

mana美さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
383 お気に入り 477022 view
お気に入り追加

■気になる口臭・・・原因は?

口の中の乾燥

唾液には自浄作用があり、分泌が減ると細菌を増殖させ口臭の原因になります。

プラーク(歯垢)や食べカス・舌の表面の白い苔の様な汚れ

汚れなどの細菌が増殖することで発生する口臭です。

■口臭改善に繋がるケア方法

たくさん水を飲む

口の中の乾燥を防ぐために、水分補給をマメにしましょう。

舌(舌苔)をキレイにする

舌ブラシや歯ブラシなどで、定期的に汚れをキレイにすると効果的です。

食後に一杯の緑茶

抗菌作用のあるカテキン、消臭効果のあるフラボノイドが緑茶に含まれています。

食後30分に歯磨きを徹底

食後しばらくは唾液が出やすい状態。20~30分は間を置いてしっかり磨きましょう。

おしゃべりする

しゃべることで唾液の分泌が盛んになり、自浄作用が働き、口臭予防に繋がります。

■口臭予防になる正しい歯みがき

一筆書きで歯を磨いていく

ランダムに磨くよりも、歯並びを一筆で一周するように磨くと磨き残しが少なくなります。

唇を指で前歯から離してみがく

磨きたい場所に届かないので歯ブラシが根元まで当たる様にしましょう。

1日1回ていねいに磨く

1日3回、短時間で磨くよりも効果的とも言われています。

歯磨きが出来ない時は濃い塩水でうがいをする

塩の成分が口内を殺菌し、汚れを落とし、さっぱり感を出してくれます。

■口臭を防いでくれるお助け品

シナモンは抗菌性物質としても有名で、バクテリアを減少させ、口臭を抑えてくれます。

唾液を分泌してくれる梅干し。『クエン酸』の成分が口の中の細菌を、抑制してくれる働きがあります。

レモンにも唾液分泌に繋がる成分『クエン酸』が多く含まれます。またレモンには殺菌作用もあり、口臭の強い味方です。

その他:こんにゃく・海藻など

食物繊維が豊富なレタスはよく噛まなければ飲み込めません。よく噛むことが唾液の分泌を促し、乾燥を防ぎます。

その他:ごぼうなど・しいたけなど

パセリには『クロロフィル』という殺菌成分が含まれています。そして『ピネン』という消臭作用がある成分まで含まれ、口臭に有効ですね!

▼参考リンク

1





mana美さん

美は一日にしてならず。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう