1. まとめトップ

目の痙攣は要注意!!疲れ目に起こる病気まとめ

パソコンなどを使っているとたまに起きる「目の痙攣」。ただの疲れ目かと思ったら、重大な病気のサインである可能性があるとのこと。それらをまとめてみました。

更新日: 2012年03月05日

sakubooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
97 お気に入り 648619 view
お気に入り追加

▼まぶたの痙攣は疲れ目のサイン・・・だけにとどまらないかも!

「パソコンの前に座って作業をしていたら、急にまぶたがピクついて煩わしい」、「片側の下まぶただけがピクピクけいれんした」などと、自分の意思とは無関係におこるまぶたの異常。単なる疲れの場合と、病気の場合があるので、まずは症状の出かたにご注意。

▼まぶた・目の痙攣によって考えられる病気

①一時的なまぶたのピクピク

長時間のパソコン作業、睡眠不足などによる疲れ目により、一時的にまぶたにけいれんが起こりますが、休息や睡眠をとることにより、おさまります。

けいれんが数日以上続くようならば他の病気を疑い、専門的治療をうける必要がある

②顔面ミオキミア

まぶたを開閉する筋肉である眼輪筋の一部に異常な興奮が起こり、それが原因で目のまわりの痙攣が起こる病気

原因としては、眼精疲労や寝不足、または顔面神経麻痺の後遺症、脳幹部の腫瘍や炎症など

③片側顔面けいれん

脳へ行く血管が顔面を動かす神経を圧迫し、神経を刺激することで起きます

次第に額、頬、口元、顎へと広がり、顔が痙攣によってゆがんでしまうこともあります

治療法は、抗痙攣薬の処方や血管の圧迫を解除する手術があります。または、ボツリヌス毒素を使用した治療も行われます。

④眼瞼(がんけん)けいれん

<考えられる原因>
はっきりした原因はわかっていませんが、このような影響があるといわれています。

・ストレスなどの蓄積
・パーキンソン病や脳梗塞などの病気
・抗うつ剤などの長期服用

まぶしい、目が乾く、目を開けていられない、目の周囲がピクピク動くといった症状が現れる

肉体的、精神的な安静をとるように心掛けます。羞明(しゅうめい)があればサングラスをかけます。
 眼瞼痙攣の特異的な治療法として、眼輪筋(がんりんきん)へのボツリヌス菌毒素の注射があります。他にも、人工涙液の点眼、抗コリン製剤・抗うつ薬などの内服薬を投与します。
 難治症例では、眼輪筋の切除術が行われます。

▼関連サイト

1




このまとめに参加する