1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

女子から話を引き出す4つのポイント

女子と話すのが苦手な男子には、自分は話下手だから話が続かないと思っている方や、緊張して何を話したらいいかわからないで悩んでいる人も多いはず。そんな女子と楽しくトークをするためには、どこを抑えれば話を引き出すことができるのか、「女子から話を引き出す4つのポイント」をまとめてみました。

更新日: 2012年03月11日

354 お気に入り 146359 view
お気に入り追加

1.軽い質問を投げかける

あたりさわりのない何気ない話から入って行きましょう。いきなり恋愛の話などはNGですよ。

《例1》
「休みの日って何してる?」

女子との話題を広げるきっかけとなるキーワードを聞きだせる基本的な質問です。

《例2》
「昨日の夜、何かテレビ見た?」

同じものを見ていれば話題が広がり、好きなタレントなどの話題も、会話が広がります。

《例3》
「最近ハマッてることってある?」

どう面白いのか、なんで興味をもったのか、など色々と掘り下げることができます。

《例4》
「最近、感動したことって何?」

女子が最も関心のあることに触れるわけですから、会話が弾む確立は高くなります。

2.「オウム返し」を使う

オウム返しすることによって、「この人、私の話を聞いてくれている」と思わせることが可能となります。

《例1》
女子「会社のお局様にいじめられているの」
男子「お局様か~。どんなことをされているの?」

「お局様」をオウム返ししています。一緒に質問することで、次の話題を振ってあげています。

《例2》
女子「昨日お寿司を食べに行ったんです」
男子「へ~、お寿司かいいな~!」

「お寿司」をオウム返ししています。最後に「いいな~!」とつけることで話が盛り上がります。

《例3》
女子「先週、映画を観たんだよー。」
男子「おー、映画観たんだー。何の映画観たの?」

「映画」をオウム返ししています。質問の前に、一度リアクションを入れることで女子の印象があがります。

3.共感する

女性の話を上手に聞くうえで「共感」は欠かせないキーワードです。

《例1》
「ああ、それ分かる!」

同感!という感想をハッキリ伝えることで、女性に安心感を与えられるようです。

《例2》
「似合う!絶対似合うよ」

「反復」のテクニックを使った共感です。単に繰り返すのではなく、間に言葉を挟むといいでしょう。

《例3》
「う~ん、なるほどね。凄いな!もっと教えてよ」

徐々に理解→納得→感動と段階を踏んで共感することで、女子に「話をしてよかった」ということが伝わります。

4.質問してみる

優しく質問されたら答えない女の子はいないはずです。とことん話を聞いて優しく質問することで、相手の女の子が何を考えてるの引き出すことができます。

《例1》
「何でそう思ったの?」

やさしく「何で…」と質問した方が良いでしょう。繰り返している内に女子は自然と本音を話すようになります。

《例2》
「大変だったね、つらかったでしょ?」

男子は「大変だね」をよく会話に使いますが、女子からすると次の話をしにくいので、質問で終わらせましょう。

《例3》
「そっかそっか、美味しかったの?不味かったの?(笑)」

相槌を応用して質問を混ぜるパターンです。共感+質問でその話に興味があるよ!とアピールでき話が広がっていきます。

参考サイト

1





マイナス8度さん

寒い地域に住んでます。今年もやってきましたね。冬。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう