1. まとめトップ
  2. 雑学

海外だと変な意味になってしまう日本人の名前

海外の人が聞くとおかしな意味に聞こえてしまう日本語を集めてみました。

更新日: 2012年03月14日

月光ツナさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
213 お気に入り 341508 view
お気に入り追加

海外で変な意味になる日本名

コウタ

ドイツ語では「排泄物:糞便」と いう発音の言葉に似ている

ハルト

アラビア語では“ハリト”に聞こえ『彼に疲れた』という意味に
ヒンドゥー語では“ハルタ”『泥棒』になる

ユウキ

ドイツ語で“ユク”「かゆみ」
英語で“ヤキ”「不快な」

ユウマ

アラビア語で“ユマ”「お母さん」
ヒンドゥー語では“ヤマ”「死神」

菜々子

中国だと「白菜やキャベツ」などのイメージになる

ユウダイ

英語で「YOU DIE」に聞こえて誤解されるらしい

サアヤ

スペイン語で「老人の着る下着」

ミレイ

フランス語圏で「男性」の意味

アンリ

フランス語圏で文字にすると男性

モコ

スペイン語では「粘液、 鼻汁」という意味に

リサ

ビルマ語で「男性器を食べる人」

参考リンク

1




このまとめへのコメント1

  • satrexさん|2012.03.14

    トモコ→スペイン語で『たくさんの鼻くそ』って聞いたことがあるな。

1

月光ツナさん

このまとめに参加する



  • 2014年をまとめてみた