1. まとめトップ

【ミラーレス】やっぱり単焦点!マイクロフォーサーズのおすすめ単焦点レンズ

マイクロフォーサーズのコンパクトなボディサイズを活かす、高画質な単焦点レンズ郡をご紹介!(広角編を統合しました)

更新日: 2016年03月24日

tomoya_kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
140 お気に入り 324934 view
お気に入り追加

マイクロフォーサーズはオープン規格なので複数の会社から相互利用可能なレンズが供給されています。しかも、オリンパスとパナソニックという強力タッグで地道にレンズを増やしてきており、ズーム、単焦点ともにかなりのラインナップ。

マイクロフォーサーズで楽しい写真ライフを!

標準域、望遠域、広角域、フィッシュアイとカテゴリー別に整理しました。
今後はMFのレンズも追加していく予定!

《標準域》20mm~30mm

【オリンパス】 M.Zuiko Digital 25mm F1.8

どうもオリンパスは単焦点ラインナップをf1.8で揃えたいようだ。満を持して、王道の標準レンズが登場した。いままで標準といえば、パナソニックのライカDG25mmがあったがちょっとお高い(とはいえ、交換レンズの相場からしたらそんなに高くなし、ライカ銘としては激安だ!)。

オリンパスの新しい25mmはお値段もこなれていて、単焦点の始めの一本として最適。ぜひ、このレンズで単焦点の世界に足を踏み入れてほしい。

【パナソニック】Leica DG Summilux 25mm/F1.4 ASPH.

ズミルックス。ライカのF1.4レンズに付けられる名称。ライカユーザーにすれば、ズミルックスなんてもうよだれが出てしまうくらい。大口径かつシャープ、高解像度が期待できる、パナソニック版ライカレンズである。

左がパナライカで、右がM.ZUIKO。見ての通り、M.ZUIKOはコンパクト。

【パナソニック】LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

パナソニックから、f値が少し小さい軽量コンパクトの25mmが登場。オリンパスのf1.8モデルとガチンコ対決のポジション。

【パナソニック】LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.

GX7につけた状態でこのサイズ。オリンパスの45mmよりわずかに大きい程度だ。

【パナソニック】Lumix G 20mm/f1.7 ASPH.

マイクロフォーサーズ規格導入初期に発売されたレンズ。GF1とのレンズキットで相当な数が売れたはず。35mm版換算で40mmという、広すぎず狭すぎずのちょうどいい画角に加え、コンパクトなサイズ。そして、解放F1.7という大口径でくらい場面でも高速シャッターが切れ、高い解像度の写真をたたき出す。
 難点は、他のレンズに比べてAFスピードが若干遅く、動作音が大きいこと。ただし、これはあくまでも他レンズとの比較であって、他のコンパクトカメラや他社のミラーレスカメラのレンズと比べればそんなに遜色はない。

1 2 3 4





ミラーレス、コンパクトデジタルカメラで写真を撮り続けています。
最新機材やカメラの使い方をまとめます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう