1. まとめトップ

もう迷わない!プロが教える本当に正しい歯の磨き方まとめ

あなたの歯の磨き方、実は間違っているかも…。虫歯・歯周病になってからじゃ遅い!今日から役立つプロの歯磨き方法をまとめました。

更新日: 2012年05月15日

tararebaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
456 お気に入り 475261 view
お気に入り追加

意外に盲点!?歯ブラシの選び方

毛先磨きをするのに適したハブラシにはいくつか条件があります

1.固さは市販のハブラシでいうと「普通」程度
2.ナイロン製で毛の先を丸く処理してあるもの
3.ヘッドの長さが自分の歯2本分程度で小回りのきくもの

柄の選択基準

1.まっすぐなこと。
2.突起(ブランドマーク等の)がないこと。
3.柄の断面は基本的には楕円形であること。
4.首の所は上図の形態がいいでしょう。
  (細く長いと、磨く時曲がってしまい、
   磨きずらくなります)

ご自身に必要な歯ブラシをその用途に応じて、何本か用意しておくのがベストといえます。

交換は1ヶ月に1本、少なくとも3ヶ月に1度は取り替えましょう。釣り糸と同様にナイロン製の歯ブラシには吸水性があるため、買ったばかりの頃は透明でも使っていると白濁していきます。

歯磨き粉はどうする?

まず、フッ素入りの歯みがき粉を選ばれることをおすすめします。歯みがき粉の成分表示に、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズと表示のあるものがフッ素です。

研磨剤は歯の表面をつるつるにするものですが、磨きすぎると歯が磨り減ります。
毎日時間をかけて、丁寧な歯磨きをされる方には研磨剤は必要ありません。

歯磨き粉のつけすぎに注意!

歯磨き粉をつけすぎると、口の中が爽快になってきれいになった気はしますが、実際にはきちんと磨けていない事が多いのです。
1cm程度の使用で歯磨き粉の中に含まれる研磨剤や、フッ素などの薬効成分の力は十分に発揮されます。

糸ようじ(デンタルフロス)は併用すべき?

歯と歯の間を掃除するには歯ブラシだけでは不十分になりがちですので、できるだけ糸ようじ(デンタルフロス)や歯間ブラシを併用するようにしましょう。むし歯や歯周病の予防にたいへん効果的です。

磨くタイミングや時間は?いつがいいの?

食後少し時間をおいて、30分以内を目安に磨くのがよいと言われています。もし、一日の間で食後に歯磨きができない場合でも、寝る前だけは必ず入念に磨くように心がけてください。
細菌の繁殖を抑えてくれている唾液の分泌が、寝ている間はすごく減少するためです。寝てる間に歯や歯茎がむしばまれるのはイヤですよね。

1日2回は少なくても磨きましょう。特に寝る前の歯磨きは一番時間をかけて丁寧にして下さい。
あと朝は生理的口臭(誰にでもある口臭のこと)が一番強いのでエチケットとしても磨いたほうがいいと思います。

具体的な磨き方が知りたい!

◆持ち方◆

歯ブラシのハンドルをペングリップで握ります。これは力(ちから)の入りすぎを防ぐと同時に細かい動きをコントロールするために有効な持ち方です。

正しい歯磨きのポイント

・歯周ポケットに毛先が入るよう、45度の角度で歯と歯ぐきに当てる。
・ゴシゴシ磨くのではなく、毛先を揺らす感覚で。
・1本1本、丁寧にやさしく。

歯の表面を磨くときは、ブラシを直角にあて一本の歯につき20回以上1~2mmの動きで震わせながら磨きます。

歯ブラシは一筆書きになるように使用する
 あっちを磨いたり、こっちを磨いたりしたのでは、磨き残しをする部分が出てきます。

動画で磨き方のチェック

様々な歯の磨き方

やっぱり気になる電動歯ブラシ

あわせてよみたい

1 2





tararebaさん

お試し中です。



  • 話題の動画をまとめよう