1. まとめトップ

トヨタ86とスバルBRZの違い

トヨタ86とスバルBRZは両社が共同開発したスポーツカー。エンジンはスバルのFA20型水平方向2ℓノンターボエンジンを搭載した、FR(フロントエンジン後輪駆動)クーペとなっており、ミッションは専用の6速マニュアルと、6速オートマチックが組み合わされます。

更新日: 2012年04月01日

sureilyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 727373 view
お気に入り追加

メーター

走行状況を瞬時に読み取れるよう、中央部のタコメーター内にデジタルスピードメーターを設置したメーターパネル。ダイヤル式とピアノタッチ式(フルオートエアコン)とのコンビネーションで、走行中の操作のしやすさを考えぬいたセンターパネル。操る歓びのための配慮が、細部に至るまで尽くされています

タコメーターを中心に配した3眼タイプを採用。表示配置をはじめ、目盛り、数字の書体にまでこだわるなど、スポーツ走行中の視認性・瞬読性を追求した。

GT“Limited”とGTのメーターには、デジタルスピードメーターと、エンジン回転数をセットしておくとランプとブザーで知らせ、直感的なシフトアップ操作をサポートするREVインジケーターを設定。

シート

クルマとの一体感を深めるホールド性に優れたシート。地上高400mmのヒップポイント。

スポーツ走行による前後左右のG(重力加速度)にも耐えうるよう、身体を深く面で支えるシートバックとクッション断面を追求し、身体の軸がぶれず、かつ車両の挙動をしっかり感じ取ることが可能。加えて、シフト操作の腕の動きやペダルの操作性にも配慮したシート形状に。

シフト

握りやすいグリップ形状を追求するとともに、操作のしやすさや他の操作系からの持ち替えのしやすさを考え、レバーの位置や角度、向きに至るまでこだわって設計。また、シフト操作を阻害しないようシート形状などにも工夫が凝らされています。

フロントバンパー

一度絞り込んでからリップが出るようなデザイン

裾広がりなデザイン

サスペンション

<BRZ>

前輪のサスペンションはかため
後輪のサスペンションはやわらかめ

⇒安全性を高め、どんな方でも安心して  スポーツ走行が楽しめるように開発されている。

<86>

前輪のサスペンションはやわらかめ  
後輪のサスペンションはかため 

⇒リア(後輪)を積極的に滑らせてコント  ロールを楽しむことを重視し、開発されている。ドリフト向き。

ホイール

17インチホイールで、タイヤサイズは前後とも215/45 R17

18インチで装着するタイヤはフロントが215/40 R18、リアが225/40 R18と前後異径となる

オリジナルカラー

WRブルー・マイカはBRZ専用色。86では選べません。

86専用色オレンジメタリック

価格

トヨタでは値引きなしの定価販売が多い一方で、スバルは5万円程度の値引きをしているディーラーが多いという

ここまで分かった! 「86(ハチロク)」と「BRZ」を比較・検証

86とBRZの違いとは?どちらにするか迷ったら読むサイト

1





このまとめへのコメント1

  • kensukebookさん|2013.10.03

    色々と勉強になりました、情報ありがとうございます。 ただ、一つだけ疑問がありまして・・・。BRZと86のサスセッティング、どちらから得た情報ですか? 普段ドリフトセッティングですと、オーバーステアを強くする為フロントを硬く、リアを軟らかくするのが基本ですが、BRZと86は間逆なセッティングになってるんですね。 調べても何処にもかいてないので、凄くモヤモヤしてw   普段実際の車いじる時と、グランツーで遊ぶ時も、リアを軟らかく、タワーバー強化の、ストラットバー弱くする様な、後ろぐにゃぐにゃなセッティングして滑らせる感じなんですが。

1

sureilyさん



  • 話題の動画をまとめよう