1. まとめトップ

ケーブルとおさらば!HDMI接続の無線化まとめ(TV-PC間編)

TVとPCのHDMI接続を無線化する方法のまとめです。①McTiVia②インテル® ワイヤレス・ディスプレイ技術 + ワイヤレス・ディスプレイアダプタ③Apple TV + AirPlay (AirParrot)④USB専用接続器の4種類をまとめています。

更新日: 2013年03月02日

hassiwebさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
157 お気に入り 246507 view
お気に入り追加

TVに専用アダプタを接続してアダプタとPC間を無線で伝送することでPCの画面をTVに映す方法についてまとめております。

コンテンツ
①McTiVia
②インテル® ワイヤレス・ディスプレイ技術 + ワイヤレス・ディスプレイアダプタ
③Apple TV + AirPlay (AirParrot)
④USB専用接続器

それぞれのメリット/デメリット

①McTiVia
メリット
・著作権保護技術「HDCP2.0」対応
・Mac, Windows, iOS, Android対応
・8台まで接続可能
デメリット
・HD画質 (解像度 1,280 x 720 ドット)

②WiDi
メリット
・フルHD画質 (解像度 1,920 x 1,080 ドット)
・著作権保護技術対応(ver. 2.0~) ※間違えておりました、正しくはver. 2.0から対応です
デメリット
・インテル® WiDi対応ノートブックPCのみしか不可 (現状Macbookは非対応)

③Apple TV + AirPlay (AirParrot)
メリット
・フルHD画質 (解像度 1,920 x 1,080 ドット)
・Apple TVが様々な用途にも使える
デメリット
・Windows非対応
・著作権保護技術非対応(おそらく)

④USB専用接続器
メリット
・安い(ものあり)
・ロースペックPCでも使用可能
デメリット
・PCにUSB機器を接続しなければならない

①McTiViaを用いる方法

MirrorOPを使うことでWindows, Macの画面を別のPCやiPhone, iPad, Androidで見ることも可能

②インテル® ワイヤレス・ディスプレイアダプタを用いる方法

③Apple TV + AirParrot

特徴
①フルHD解像度 (1,920 x 1,080 ドット)
②PC画面をTVに表示できるだけでなく、Apple TVが様々な用途に使える

欠点
①Windows非対応
②著作権保護技術「HDCP2.0非対応」?

1 2




ケータイ、車、家電などを全般にまとめたいと思います。



公式まとめ