1. まとめトップ

【報道機関さえも躊躇した類を見ない残虐性】

非常な残虐性・悪質性にもかかわらず、事件に報道規制がかけられたとされ、事件の知名度は高くない。当初は地元の報道機関を中心に報道をしていたが、内容があまりに残虐であるため途中から報道機関が自主規制し、全国の報道機関での集中報道には結びつかなかったともいわれる。

【2011年12月12日に判決】

北九州監禁殺人、松永被告の死刑確定へ

北九州市のマンションで1996~98年、幼い子供を含む男女7人が死亡した監禁・連続殺人事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた松永太被告(50)の上告審判決が12日、最高裁第1小法廷であった。宮川光治裁判長は「残虐極まりない犯行で何の落ち度もない被害者6人を殺害、1人を死亡させたうえ、共犯者に遺体を解体・遺棄させるなど犯行後の行動も非道だ」と述べ、被告の上告を棄却した。松永被告の死刑が確定する。

【事件概要】

人の弱みにつけこんで監禁をして金を巻き上げ、拷問と虐待によってマインドコントロール下に置き、お互いの不満をぶちまけさせて相互不信を起こして逆らえなくし、被害者同士で虐待をさせることで相互不信を一層深くさせ、自分の手は汚さずに用済みとなった人間を殺害して死体処理を行わせた(裁判では6人の殺害と1人の傷害致死)。犯罪史上稀に見る凶悪犯罪とされ、第一審で検察側は「鬼畜の所業」と容疑者男女を厳しく非難した。

【事件概略図】

一家全員がマインドコントロール下に置かれ、命令によりそれぞれが殺し合うこととなった。

【父】ーー虐待を受け死亡。一家で遺体を解体
【母】ーー妹夫婦が殺害。一家で遺体を解体
【妹】ーー夫(義弟)が殺害。
【義弟】ーー虐待を受け死亡。
【おい】(5歳)ーーめい(10歳)と女性で殺害。
【めい】ーー被告と女性で殺害。


主に「通電」による感電で虐待が行われた

【凄惨な虐待】

虎谷さんが受けたリンチは凄惨なものである。
 食事は一日一回で、インスタントラーメンもしくは丼飯一杯。10分以内に食べ終わらないと通電を加えた。また、つらい姿勢や直立不動を長時間強要し、少しでも動けば通電。季節は真冬だったが、一切の暖房器具も寝具も与えず、ワイシャツ1枚で風呂場で寝かせていた。
 栄養失調のため嘔吐や下痢を繰り返すようになると、その吐瀉物や大便を食べることを強要した。その他にも裸にして冷水を浴びせる、殴打する、空き瓶で脛を長時間にわたって執拗に殴るなど、飽かず虐待を加えたという。もちろん「通電」はもっとも頻繁に行なわれた。

【幼い子供までもが殺害に加わり、家族同士で殺し合いをさせられた】

2月、浴室で寝ていた理恵子の元に夫の主也と娘の彩が電気コードを持って向かう。
理恵子は「かずちゃん、私死ぬと?」と夫に言い、主也は「理恵子、すまんな」と言い首を絞めた。
彩は母の足を押さえていた。殺害後主也は「とうとう自分の嫁さんまで殺してしまった」と泣いたという。

5月、純子と彩、そしてA子が殺害に向かった。彩は優貴に「お母さんのところに連れていってあげるね」
といって純子とコードで首を絞め、A子は足を押さえた。

6月、純子が浴室にいる彩の元へ向かうと、すべてを察知した彩は無言のまま自ら台所へ向かい、
弟が死んだ場所に横たわる。純子たちがコードを首に通そうとすると、彩は自ら首を持ち上げた。

【事件詳細が分かるサイト】

【世間の反応】

なぜか布団の中であの北九州連続殺人事件を思い出してしまって朝から胸くそ悪い

北九州監禁殺人事件を今日知った。衝撃的。元警察官に家族殺しまでさせた首謀者の洗脳術って一体…。弱みや痛みに曝されると人間は脆い。

@maopi1224 お前のせいで北九州監禁殺人事件てなんだと思って調べてみたら吐き気した。実話かよ…

「消された一家」(豊田正義、新潮社)読了。昨年最高裁判決が出た、北九州一家監禁殺人事件のノンフィクション。グロすぎて吐きそうになる描写もあるので、これから読む方は体調が良い時に読むのをお薦めします。

「北九州 連続監禁殺人事件 消された一家」を読む。面白いが途中で吐き気がしてなかなか読み進めない。あまりにも残忍な手口故にテレビが自主規制したらしい。あまり知られてないが日本でもトップクラスの殺人鬼だろう。怖いっす(>_<)

北九州監禁殺人事件もだけどコンクリート詰めのやつ私全く関係無いけど本当に犯人を殺してやりたくなるよ

【関連書籍】

1




sheknowboohさん

このまとめに参加する


NAVER リンク