1. まとめトップ

【SNS疲れ】フェイスブック・ツイッター・ミクシーと最近SNSで激疲れの件

はっきり言って…もう面倒臭くなってきました。

更新日: 2012年03月24日

over31さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 24833 view
お気に入り追加

■SNS疲れとは?

SNS疲れとは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の主要な機能である「ユーザー同士のコミュニケーション」に気疲れし、SNS上での活動をやめたり、利用頻度が極端に下がったりすることである。

「SNS疲れ」という語は、SNSやその他のソーシャルサービスにおけるコミュニケーション疲れを総称した呼び名である。個々のサービスの名称を用いや「mixi疲れ」「Twitter疲れ」「Facebook疲れ」などの表現も一般的に用いられている。

■「SNS疲れ」の理由 1位は?

調査によれば、最も多かった回答は「毎日Twitterにベッタリ張り付きでみている」ことによる疲れ。次いで2位は「各SNSとTwitterを連携している(それぞれのコメントチェックが必要になる)」、3位は「毎日フォロワー数をチェックしている」など、Twitterへのケアに関連する原因がトップ3を占める。
また、4位「『いいね!』をつけてほしくて投稿ばかりしている」、5位「ソーシャルゲームのお誘いが頻繁にくる」、9位「会社の付き合いで嫌々友達リクエストを承認している」ということからは、目的と手段が逆になってしまったことなどによる疲れが見られる。

■最近こんな記事良く見かけませんか?

★疲労度をお姫様に例えて診断する「おつかれ姫診断」公開

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、自分では気づかない疲労度を7人のおとぎ話のお姫様に例えて診断するサイト「おつかれ姫診断」を3月21日よりスタートする。

★二人だけのSNSが良いらしい

不特定多数のコミュニケーションはもう疲れた! 2人だけのSNS「Between」が生み出す恋愛の新潮流

★疲れたらちょっと休む、現実でもSNSでもね

SNSにはまり過ぎて疲れちゃってるって人は、無理しないでちょっとの間、SNSから離れて別なことをしてみると楽になれますよ。本読んだり、映画見たり、音楽聴いたり、どこかに出かけてみたり。SNSが無かった頃にやってたことを思い出してやってみてはどうでしょうか。

別にちょっとくらい離れてたからってSNS上を流れてる世界はほとんど代わりありませんから。

★「mixi疲れ」を心理学から考える

mixi疲れから脱却するためにはどうすればいいのだろうか。山崎さんは、(1)mixiは土日だけしか使わない、といった自主規制ルールを決める、(2)マイミクの数を整理する、(3)会ったことがないマイミクと会う機会を作り、自分と合う人か見極める――といった解決策を提案。最終的には、ユーザーの精神的な自立が必要と説く。
 とはいえmixiは、職場や近所などリアルなコミュニティーの付き合いが希薄となった現代で、その枠を超えた“社交”を可能にし、日々のストレスをいやしてくれるツール。その意味では「国民栄誉賞もの」と山崎さんは評価する。
 mixiをコミュニケーションツールとして気持ちよく使うためには、依存からの脱却は不可欠だ。米国で9000万ユーザーを集めるSNS「MySpace」では、SNS依存についての議論が始まっているという。日本でも、真剣に考えるべき時が来ているのかもしれない。

1 2




海外ドラマ大好き!洋楽大好き!ワンちゃん大好き!まんが大好き!
NAVER大好き!だから、こんなサイトやってます。
http://xn--hulu-e73cw262an4q.biz/



公式まとめ