1. まとめトップ

元ポルノ女優、Googleに「検索結果から消して」結果は…

昔出演していたポルノ映画の検索結果を削除できるのでしょうか?結果は…

更新日: 2012年04月22日

tsukasansanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 132060 view
お気に入り追加

■「Googleの検索結果から自分の出演したポルノの結果を消して!」

フランスの元ポルノ女優がGoogleで自分の名前を検索すると昔自分が出演した映画の動画がヒットするので、それを検索結果から外すことをグーグルに要求しました。

■Googleサイドは要求を拒否、そして裁判に

Google側は削除の要求を受け入れず。
女性はGoogleを提訴。裁判が行われることになりました。

■裁判の結果は女性側の勝訴!

裁判の結果は女性側の勝訴。
晴れて女性の出演していたポルノ映画は検索結果から削除されることになりました。
この結果は「忘却の権利」を認めた画期的な判決、らしいです。

■ネットの反応

忘却の権利、か〜。人類には忘れる事で生きていける、って機能もあるし、インターネット検索システムは人類の機能の一部を阻害する所まできている、なんてのは言い過ぎですね。しかし何でも検索出来ちゃうってのは恐ろしいことなんだなと思う。>RT

「忘却の権利」は、い~ね。ネット上にデータとして個人の尊厳を傷つけるような過去のものがアップされている場合、本人や親族が削除を申し出られる環境があったら…もう少しネット上の息苦しさから逃れるコトができそう。

忘却の権利が仏の裁判で認められたとのことだが、これは日本で訴訟した場合はどうなるのだろうか?

もう1つ、「忘却の権利」、日本だと個人情報保護法の第27条「利用停止等」(同意を得ないでWeb上の情報を収集しているしているが……)に近いのかなぁ……本人の申し出があったら、速やかに利用停止しないと、なんだけど、困難な場合は代替の措置を取れって書かれている……知らんかった。

RT @Pirate_Radio_: 元ポルノ女優がグーグルに自分の名前を外すよう要求した裁判。それも勝訴。忘却の権利。という言葉にハッとした。この世界がどんどん狭くなって、どんどん便利になって、どんどんつまらなくなったのはどうしてだろうといつも思っていた。どんどん暴かれる世界は痛快で享楽的だけど、とても下品だ。

忘却の権利が認められた。僕達はもっと人で在れるようになった。...の?

RT @giovannni78: 何でも記録するのは個人のプライバシー・名誉・安全を脅かす。警察が使うと恐怖社会になる。携帯位置情報もそうだ。この5年間、恐怖社会に向けて日本は一直線に進んでいる @NeiMuroya1 フランスの元ポルノ女優が検索結果から外すことをグーグルに要求。提訴し勝訴「忘却の権利」を認めた

■リンク

1





楽しく有益な情報をNAVERで発信できれば良いと思っています◎
放置していたTwitterを再開しようと思います!



  • 話題の動画をまとめよう