1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

50度お湯洗いの方法・効果まとめ(野菜・果物を長持ちさせる裏技)

50℃洗いの方法・効果をまとめます。とくダネで放送されるなどテレビでも注目される低温蒸しです。スチーミング調理技術研究会代表の平山一政氏が発見。低温で蒸すことは、食物の酸化を最小限に抑え、栄養価や旨み成分を閉じ込めることが出来る最も効果的な加熱方法。

更新日: 2012年03月27日

191 お気に入り 225696 view
お気に入り追加

50℃洗いのポイント

野菜に含まれる酵素は50度くらいで働きを失うが、この程度の低温でサッと洗って低温で蒸すと野菜の新鮮さや食感がよみがえり、美味しく食べられるそうです。酵素やビタミンCなど熱で壊れやすい栄養素もあるが、このように湯がいたりする程度なら栄養素の損失も少ない

野菜は、水ではなく50度のお湯で洗う

時間が経っても色が変わらず、なおかつ、生の状態と変わりない食感を保持できる温度が50℃だそうです。

失われていた水分が瞬時に吸収さ、しゃきっとした収穫直後のような新鮮な状態に戻る

洗った後、5日経過してもシャキッとし鮮度が保たれている

50℃洗いで野菜が長持ちするのは、瞬間的に水分が補給されることにより、細胞が生き続けるから

方法

50度のお湯(48〜52度)で洗う

ザルの上でしばらく乾かす

冷蔵庫に保存

実験結果で5日後に取り出したところ、鮮度が保たれたままであった。

注)お湯の温度が43〜45℃以下にならないようにする

※43度以下は細菌を増殖るので、お湯の温度に注意

注)お肉お魚は50℃洗い後、すぐ調理する

お肉お魚は保存向きではありません。

効果

しなびかかっていた野菜を50℃で洗うと新鮮な状態に再生する

色鮮やかに、旨みを閉じ込める効果がある

より適した素材

葉野菜類・・・ほうれん草、春菊、水菜など

葉野菜は30秒ほど。茎から葉先まで湯につけて振り洗いします。
葉が広がって、汚れが良く落ちます。

必要なもの

驚きの反応

RT @puru11puru: トクダネで主婦必見情報がありました‼ しなびてきた野菜を、50度のお湯(48〜52度)で洗って、ザルの上でしばらく乾かすと、茎の方からイキイキしてくる‼ 冷蔵庫に保存する前に、50度のお湯で洗っておくと、野菜がイキイキ長持ち ※43度以下は細菌を増殖るので、お湯の温度に注意‼

ほう! RT @voicedeart: 野菜の50度洗いの研究は素晴らしいものです!!50度って結構熱いですよね・・・でも野菜の鮮度がアップするってすごい研究です。本日最初の感動です。

50℃洗いで鮮度UP&菌減少。 野菜は50℃洗い後、保存で長持ち。 お肉お魚は50℃洗い後、すぐ調理。給湯器の設定温度を50度にすればよいのだな。

1 2




きらきら星さん

気になった情報をすばやくキャッチ!
最新トレンド情報満載です。

このまとめに参加する


NAVER リンク