1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ソルビトールの危険性について《ダイエット食品の甘味料で死亡?》

ソルビトールとは?その危険性についてまとめる。wikiでは低カロリーの添加物として、ダイエット食品の甘味料・化粧品・糖尿病などに広く使われている。イタリアで「ソルビトール」を摂取した女性が死亡する事例が。死因は不明だが、現在、販売を見合わせている。保健省も消費者に摂取しないよう警告。

更新日: 2012年03月27日

89 お気に入り 441456 view
お気に入り追加

《ソルビトール》
ブドウ糖(グルコース)から合成されてできる糖アルコールの一種。

《原料》
天然のものは、海藻類、柑橘類やバラ科の果物(リンゴ、桃など)に含まれる。
人工のものは、トウモロコシから取り出した精製ブドウ糖(グルコース)を還元して作る。

トウモロコシなどから工業的に大量に生産したものが、低カロリー、冷涼感などを目的とし、砂糖の代用品として利用されている。

一覧:糖アルコールの性質

砂糖の60%の甘味度を持つ

同じ量の砂糖より、甘みは低い。

砂糖と比べてカロリーが75%程度

同じ量の砂糖と比べて、カロリーが75%程度と低いので、ダイエット食品などによく用いられる。

主に食品添加物として利用(甘味料)

日本でも、食品添加物の指定をうけている。

▼イタリアでソルビトールを摂取で死亡する事例が発生

※画像はイメージです。

低カロリー甘味料「ソルビトール」を摂取した女性が死亡

イタリアの女性(28歳)の死因は不明だが、ソルビトール摂取したのち、急死。
摂取した別の女性2人も体調不良を訴えているとのこと。

食品アレルギー検査を受けた病院から、ソルビトールを処方された

ソルビトールを処方した医師は、イーベイ(アメリカのネットオークションサイト)を通じて入手したと証言。

イタリア保健省は、消費者に摂取しないよう警告

イーベイは、販売を中止。
警察は業者が保有するソルビトールを押収し、原因を調査している。

▼身近に起こり得るソルビトールの危険性

中国製ダイエット食品に一日の標準摂食量の25倍以上が含まれていた

過去、中国から輸入されたダイエット健康食品に、大量にソルビトールが含まれており問題となった。
ソルビトール(糖アルコール)は多量の摂食で下痢を起こす可能性が高い。

シュガーレスガムのかみ過ぎは、重度の体重減少につながる

人工甘味料のソルビトールを含むシュガーレスガムを大量にかむと、下痢を引き起こし、体重が激減する可能性がある。

ソルビトール入りガムを大量に噛むと、下痢や腹痛などを起こした

患者は、そのガムを1日に10枚~20枚という量を噛んでいたという。

歯の表面のエナメル質がむしばまれる

砂糖の代わりといっても、虫歯にならない訳でなく、ソルビトールには口内の酸度を高める働きがあるので、放っておくと歯のエナメル質がむしばまれる。

▼ソルビトールの用途

※画像はイメージです。

甘味料

甘みと清涼感があり、甘味料、香味剤として使われる。甘みがあるのに、砂糖より低カロリーの為、ダイエット食品などにも広く使用。
キャンデー類・ガム・チョコレート・生菓子・カステラ・まんじゅうなど

改良剤

ソルビトールを添加物で使用すると、食品の長期保存・保持に効果がある。
ハム・ソーセージ・かまぼこ・佃煮・冷凍すり身など

医薬品

ソルビトールは、下剤、栄養剤、浣腸液などの医療用途にも使用。

化粧品など

乾燥に対し水分を一定に保つ働きを持ち、肌の角質細胞にうるおいを与える。

化粧水、乳液、クリーム、ローション、パック、基礎化粧品、ファンデーション、口紅、ヘアスプレー、シャンプー、アフターシェイブローション、うがい薬、歯磨き粉など

▼関連情報

1





このまとめへのコメント1

  • kuki_wakameさん|2013.07.03

    「低カロリー甘味料「ソルビトール」を摂取した女性が死亡」に関しては、
    死因は亜硝酸ナトリウムで、
    「ソルビトール」として購入したものが「ソルビトールではなく純度約70%の亜硝酸ナトリウムということ」であったとのこと。
    http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20120327#p12

    訂正お願いします。

1

アイアンマッソーさん

鍛えてみたい!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう