1. まとめトップ

薬に頼らない!花粉症の症状を和らげる方法・手段を調べてみた!【食べ物・効果】

つらい花粉症の季節になってきました。でも、薬には頼りたくない!薬のお金がバカにならない!そんな人の為に、薬に頼らずに、花粉症の症状が緩和する方法をまとめてみました。食べ物・食材・生活習慣など効果や取り方など。少しでも苦しく辛い症状を和らげて乗り切りましょう!

更新日: 2016年03月08日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
936 お気に入り 1864271 view
お気に入り追加

ハンノキ 1月初旬〜4月初旬
スギ    2月初旬〜5月初旬
ヒノキ・サワラ 3月中旬〜6月初旬
コナラ・クヌギ 4月中旬〜5月中旬
イチョウ    4月中旬〜5月中旬
スズメノテッポウ  3月下旬〜6月中旬
カモガヤ   4月下旬〜
オオアワガエリ  4月下旬〜9月初旬
ヒメガマ・ガマ  7月初旬〜9月下旬
イネ    7月中旬〜9月初旬
ブタクサ  7月下旬〜10月下旬
ヨモギ  7月下旬〜10月下旬
カナムグラ 8月下旬〜11月初旬
セイタカアキノキリンソウ 10月初旬〜12月初旬

【薬に頼らず花粉症の症状を和らげる方法】

▼食材・食べ物編(効果・効能)

りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果がある

即効性はありませんので、少しでもいいから毎日食べることが重要
料理に利用したり、すりおろしたりしても成分の働きは変わらないので
いろいろ幅広く活用できるので重宝します

花粉症の緩和に効果のあるαリノレン酸、アルファリポ酸(αリポ酸)が多く含まれていている

カリフラワーも同種の野菜なので、同じ効果があります。
つぼみの部分が好まれますが、茎や葉の部分にも栄養がたくさん含まれていて、栄養成分のビタミンA(カロチン)、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、食物繊維等を含み、ビタミンCはレモンの約2倍含みます

トマトから抽出さらたカロテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで、花粉症の自覚症状が改善

トマトの加工品を花粉症の季節の前後に摂取することで、鼻づまりやくしゃみなどの自覚症状を改善する効果が期待できる

トマトの果皮に多く含まれるポリフェノールの一種「ナリンゲニンカルコン」

主にトマトジュース、トマトケチャップ等に使われている品種の果皮に多く含まれていますが、実は私たちがサラダなどで頂く普通の生食用のトマトには、通常ほとんど含まれていないのです。

腸内細菌のバランスを整える力が、花粉症にも効果がある

花粉症に効果がある食べ物の中で、特に人気が高いものです
一日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取した人の3割で、
花粉症の症状軽快したという実験結果が報告されております。

花粉で炎症を起こした鼻や目の粘膜の症状を和らげるマグネシウムが症状緩和に有効

にがりとは、海水から食塩を取ったあとの残液のことです。
強い苦みがあり、主成分は塩化マグネシウムで豆腐の凝固剤などに使用されています。

飲料水に少量のにがりをたらす、米や味噌汁などの隠し味として数滴加えるのが一般的な使用方法。
摂取しすぎると下痢などを起こしやすく、料理に少しずつ取り入れ方法がお勧めです。

ニンニクの臭いの元アリシンが、花粉症への充分な効果を発揮

ニンニクにはNK細胞というものが含まれており、活性化すると、
アレルギー性の過剰な免疫反応が抑制され、IgE抗体の産出を抑制してくれる。
その結果、花粉症の症状も緩和される

にんにくのにおいを抑えるには、にんにくを食べる前に一杯の牛乳を飲む、
食後にりんごをかじるなど。
その他緑茶、紅茶、ウーロン茶、ハーブティー、コーヒー、などにも
その臭いを抑える力があります。

ニンニクと同様 アリシンが含まれている

臭いの元アリシンが、花粉症への充分な効果を発揮

ニンニクと同様 アリシンが含まれている

臭いの元アリシンが、花粉症への充分な効果を発揮

ポリフェノールを多く含み花粉症予防にも効果がある

ポリフェノールにはカカオポリフェノールという抗酸化成分など、
いろいろな種類があるのですが、
花粉症の原因のひとつとされる活性酸素の過剰な動きを抑える働きがあります。

▼その他 花粉症に効果が期待できる食材

青魚類、ヨーグルト、レンコン、リンゴ、シソ、トマト、ショウガ、ゴボウ、
大根、ニンジン、長ネギ、ヤマイモ、サツマイモ、梅、プルーン、
ギンナン、ニンニク、ニラ、ウド、フキ、ドジョウ、干し柿、わかめなど。

▼飲み物・飲料編(効果・効能)

甜茶の中でも「甜葉懸鈎子(かんようけんこうし)」の物が効果が高い

甜茶には、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科、バラ科の四種類あり
この中で最も評価が高いのがバラ科キイチゴ属、植物名「甜葉懸鈎子(かんようけんこうし)」
バラ科に含まれるタンニン(ポリフェノール)が花粉症の症状を
改善する力をもっているといわれているのです。

ヒスタミンの放出を抑える働きがある!?

べにふうき緑茶は、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」と
ダージリン系「枕cd86」によって作られたお茶です。

抗酸化作用がある他、肥満細胞がIgEに結合するのを抑え、
ヒスタミンの放出を抑える働きもあるため、花粉症の症状を和らげる効果があるとされています。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう