1. まとめトップ

Androidスマホの電池(バッテリー)を長持ちさせる方法の基本集

スマートフォンって電池減るの早いですよね。特に最近の高性能なモデルだと、帰宅するまでもたない・・・なんてことも。特にアプリを追加せず出来る、スマートフォンのバッテリー節約方法のまとめ。

更新日: 2014年10月07日

dpartyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
126 お気に入り 781043 view
お気に入り追加

最近のXperia, ARROWS, MEDIAS, Galaxy, OPTIMUS等の高性能モデルだと、半日もたない・・・なんてことも。

このまとめでは、特にアプリを追加せず出来る、スマートフォンのバッテリー節約方法をご紹介します。本当に基本中の基本ですので、初心者の方以外は本まとめ末尾の「上級編」をご覧ください。

■電源管理ウィジェットで簡単節電

ホームのアイコンの無い場所で長押し⇒「ウィジェット」⇒「Androidウィジェット」で、「電源管理」(一番下の方)を選ぶとホームに設置できます。

アイコン複数分の幅があるので(小さくカスタマイズ出来たらいいのになあ・・・)スペースを取りますが、以下の機能をホーム画面からワンタッチでon/off切り替えができます。

切り替えのできる各機能について下記でご説明します。

※画像はauのWiMAX無し機種の画面です。機種によって表示に差がある場合がございます。

1. Wi-Fi(無線LAN)オフで電池持ち改善

一番左のアイコンです。無線LANでの通信を行う場所はだいたい決まった場所になると思います(私の場合、自宅・会社以外では使いません)。そもそも3Gでしか使ってない人は常時offで。

※Onだとアクセスポイントを探すために電波を飛ばして電気を食います。

2. Bluetooth設定でバッテリー対策

左から二番目のアイコンで、主に無線イヤホン・マイクに使います。

・音楽やゲームをイヤホンで聞く場合
・イヤホンマイクでハンズフリー通話する場合

等を除く、Bluetooth機器を使わない時だったり、そもそもBluetooth機器を使ってない人はoffで。Wi-Fiと同じく電波を発信しなくなり消費電力を抑えられます。

3. GPS(位置情報取得)オフで電池持ち改善

真ん中のアイコンです。地図やナビを使うとき以外offでいいと思います。天気予報にも使えますが、そもそもこの機種のGPSの性能を考えると、yahoo等からインターネットで情報取得のほうが良さそうですし。

4.自動更新オフでバッテリー改善

G-mailなど、常時更新が欲しい機能を使っている場合や、家にいてすぐ充電できる場合であれば常時on。それ以外のケースであればWEBやアプリを使うときだけOnにすればいいと思います。

※offにしていてもemail(xxx@ezweb.ne.jp)や通話には影響しません。

5.画面明るさを適切にし、電池消費低減

・明るさ最大(消費電力も最大)
・標準
・バックライトoff
・明るさセンサで自動調節
が切り替えられます。利用シーンに合わせて切り替えるとよいです。

例えば、周りが暗くて画面が見やすいときは輝度を低く。太陽光が当たるような場面での利用なら明るさ最大など。

■電池を長持ちさせるうえで常に心がけたいこと

電源ボタンを押すとスマホがスリープに移行します。ポケットやカバンにしまう時は、必ずスリープにしましょう。

アプリの動作は電池消費に大きく影響します。

ホームボタン長押しで、動作中アプリの確認と強制終了が出来ますので、「無駄にアプリが動作していないか」をこまめにチェックしましょう。

参考)バッテリー長持ちの上級テクニックまとめ

1





スマホ関連まとめ
・スマホの比較方法 www.bit.ly/1AuJ2g6
・電池持ち改善 www.bit.ly/McryPc
・性能ランキング www.bit.ly/K5q7uP

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう