1. まとめトップ
  2. 定番

【ブームを作るな!】「マタ旅」~妊娠中の旅行の危険性【「安定期」の嘘】

旅行業界が、妊婦さん向け旅行ビジネスを「マタニティー旅行=(マタ旅)」と呼び、その危険性を明らかにしないマーケティング活動をし、ブームを煽っていることについてまとめました。

更新日: 2014年04月11日

CmH2nOnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
263 お気に入り 1248937 view
お気に入り追加

■「マタ旅」とは?

「マタニティ旅行」の略、つまり妊婦の旅行をさす。かつては妊娠中の旅行は差し控えるのが常識だったが、最近ではいわゆる安定期に関しては無理のない範囲での旅行は可能という考え方も広まってきている。

インターネット検索エンジン最大手のグーグルによると、「妊婦旅行」をキーワードにした検索は、23年に前年比34%も増加。ホテル各社は「マタ旅」の潜在的需要は大きいとみており、利用者増を期待している。

■旅行業界の活動

○旅行業界「ストレス軽減などに安定期の旅行はOK」という考えを広めている

安定期に入った妊婦が出産までの期間にリフレッシュする「マタニティー旅行(マタ旅)」の需要増に合わせ、首都圏のホテル各社が新プランを投入している。ヨガの個人レッスンや癒やし効果の高いエステ体験といったサービスを用意。安定期とはいえ遠出の旅行に不安を持つ妊婦は少なくないとみられ、近場でもリゾート気分を味わえるよう工夫を凝らしている。

妊婦さんの旅行はいつ頃なら行けますか?

胎盤ができた後、だいたい16週ぐらいからを安定期と呼ぶのですが、この安定期のあいだ、大体16週から27週くらい、または30週くらいまでがお勧めの時期となりますね。あまりお腹が大きくなってきてからでは動きづらく、楽しめないかもしれません。

「妊娠5~7か月の安定期はマタニティ旅行も可能」と産科医が認めるようになってから、この層を狙ったツアーが人気を呼んでいます。マタニティー中の旅行、題して“マタ旅” プラン。

○マタニティ雑誌などでは・・・

「マタ旅」は商業的な理由で勧められていることが少なくありません。いわゆるマタニティ雑誌は商業誌ですから多くの雑誌や書籍と同様に「売れてなんぼ」なので、読者受けし、広告主が付きやすい紙面を作ることが求められます。その結果、読者が煙たがるような硬い内容や怖がるようなリスクに関する記事は敬遠され、ワクワクするような楽しい記事が誌面を賑わせるようになるのです(もちろん真面目な読者も多いですからためになる内容もあります)。

○ネット上の体験談もいいことばかり

→その裏にある危険性はあまり理解されていない!

■「マタ旅」の危険性とは?

○「安定期」という言葉が間違って理解されている!

安定期というのは、一般に誤解されている 赤ちゃんを流産・早産しない「安心な時期」という意味ではなく、 胎児と母体を繫ぐ胎盤の血管が完成する時期だ

胎盤は用水の中にいる胎児にとって、生まれるまで間に肺、腎臓、肝臓、内分泌器官などの臓器の代行運転を行う大事な器官。

つまりは 胎内の赤ちゃんに酸素や栄養を供給し、赤ちゃんから出る余計なものを排出する「通路」が完成するわけで 安定期=赤ちゃんが育っていく環境が整った時期 というだけのことだ。

一般的に、妊娠5か月から安定期と言われています。でも、そのような考え方は日本だけ。アメリカでもヨーロッパでもそんな概念はありません。

→「安定期」という言葉のイメージが独り歩きして、旅行などをしても安全な時期だという誤解を生んでいる

○「飛び込み出産」のリスク

急変時は、いわゆる「飛び込み出産」に近い状況ですから、お腹の子供や母体にとっては非常に危険な賭けになるのです。

医療機関を未受診のまま出産間近に医療機関に駆け込む、いわゆる“飛び込み分娩(ぶんべん)”が、県立中央病院(青森市)では過去五年半で二十六例あり、そのうち約23%(六例)の赤ちゃんが死亡していたことが同病院の調べで分かった。未受診妊婦から生まれた赤ちゃんは通常より体重が軽く、リスクが高い傾向があり、同病院は「かかりつけ医をもって、健診を受けるようにしてほしい」と訴えている。

■国内旅行でもリスクは高い ~ 沖縄のケース

○NICU(新生児向け集中治療室)のキャパシティには限りがある

早産児や低出生体重児、または何らかの疾患のある新生児を集中的に管理・治療する部門である。厚生労働省の基準では、常時医師の治療室内勤務や、専任の当直医、自家発電装置やバイオクリーンルームなどが求められており、病院側の負担は少なくない。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

CmH2nOnさん

食べるものと便利なもの、かっこいいものに、真面目な話をスコシ。



  • 話題の動画をまとめよう