1. まとめトップ
  2. カラダ

医者に行く前に…発熱に良い解熱法

急な発熱は本当に困りますよね…。季節の変わり目に体調を崩したり、風邪を引いているわけでないのに発熱が起こったりと…。調べてみると、薬を飲むのはもちろんですが、その他にも色々な解熱方法があるそうです。そこで、効果的に解熱する方法をまとめてみたいと思います。

更新日: 2012年04月13日

234 お気に入り 442155 view
お気に入り追加

▽薬に頼らない対処法

体温が37.5℃未満なら入浴する

お風呂の蒸気はのどに適度の加湿効果も与え、入浴することで皮膚を清潔にして新陳代謝も高めます。「風邪気味=お風呂はだめ」という従来の考え方は必ずしも正しくはありません。

首の後ろ、わきの下、股のつけねを氷や保冷剤で冷やす

この三か所には太い動脈(頚動脈、腋窩動脈、鼠径動脈)があり、ここを冷やすことにより冷めた血液が全身に巡り解熱を促します。

スポーツ飲料、リンゴ・ジュース、野菜ス-プなどを飲む

普段飲んでいる水分量に加え、汗で失った量、食事の不足した量の水分を補う必要があります。食欲が無くなり、尿の量や回数が減り、口や皮膚が乾燥し、また熱を上げる原因にもなるからです。

足湯をおこなう

できるだけ早く下げたいならば、足湯をしながら後頭部と首の後ろをタオルなどで温めることをおすすめします。熱は上げるだけ上げると下がってくるのが、人間の体内の仕組みなのです。

部屋の掃除・換気をおこなう

環境が悪ければ治るものも治りません。簡単でも良いので、部屋の掃除と換気は行いましょう。ただし、あまり換気をし過ぎて寒くなってしまわないようにご注意を。

脂肪分の多いものを避ける

発熱時や発熱後は胃の機能が低下しています。そんなときにスタミナをつけようと、無理に食事をすると消化不良を起こします。脂肪分の多いものは消化しにくいので、避けたほうがよいでしょう。

▽解熱に効果のあるツボ

刺激してあげることで解熱作用の他、頭痛や眼の充血などにも効果があります。

押したい側の手を支えながら、親指を使って刺激、くぼみがあるところ。親指は垂直に立てるように押すと効果的です。発熱 やストレスなどに効く万能ツボです。

▽解熱に効果のある食べ物

レタス

レタスは熱のある病人が食欲のないときに食べるとよいでしょう。レタスには、解熱作用とともに食欲を増進させる働きもあり、健康の回復の一助となります。

長ねぎ

優れた発汗・解熱作用があるので、温かいスープなどに使用してみてください。

しょうが

しょうがの辛みと香りには、強力な発汗作用と解熱作用があります。しょうがを湯のみに入れ、熱い番茶を注いで飲むとよいです。

ゴーヤ

ゴーヤにはビタミンA・C・カリウムなどが豊富に含まれ、解熱作用の効果があります。

▽参考サイト

1





ダウソミラーさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう