1. まとめトップ

心に残る言葉

人生の岐路に立った時、誰でも悩むことがあります。そんな時暖かい言葉で救われる経験は誰にでもあるのでは。五月病に打ち勝つためにも覚えておいて損はありません。

更新日: 2012年05月03日

fumofumo25さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
115 お気に入り 294387 view
お気に入り追加

夢は語ったほうがいい。言わなきゃ、何も始まらない。

なんのために生まれ なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのは いやだ!

最後まで…希望をすてちゃいかん。あきらめたらそこで、試合終了だよ。

”今日だけが特別なんじゃなくてさ 今日が1回しかないのは 毎日変わらないのにね”

吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名非公開。

東京都出身。アミューズ所属。スリーサイズはB85 W63 H88 cm。左利き。趣味は絵を描くことと、音楽鑑賞。

”人生は七転び八起きだ。立ち上がり続けりゃ勝つんだよ 。”

漫画「NANA」の主人公
1981年3月5日生まれ。コミック1巻第2話では18歳。2巻から20巻まで20歳。21巻で21歳を迎えた(現在)。身長:162cm。体重:43kg。星座:魚座。血液型:A型。
本作の主人公。バンドBLACK STONES(ブラックストーンズ、ブラスト)のメインボーカリスト。二の腕に「蓮(レン)のタトゥー」を持つ。セブンスターを愛煙。2001年3月5日、20歳の誕生日に、小松奈々(通称ハチ)と上京する新幹線の中で偶然知り合い、その後ひょんなことからルームメイトになる

”三度炊く 飯さえ硬し 軟らかし 思うままには ならぬ世の中”

きたおうじ ろさんじん
北大路 魯山人
生誕 日本・京都
死没 1959年12月21日(満76歳没)
出身校 梅屋尋常小学校
職業 芸術家
テンプレートを表示

北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん・きたおおじ ろざんじん、1883年(明治16年)3月23日 – 1959年(昭和34年)12月21日)は、日本の芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。

晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。

”やってみせ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば人は動かじ”

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年4月4日 - 1943年4月18日)は、新潟県出身の大日本帝国海軍の軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。位階勲等は元帥海軍大将・正三位・大勲位・功一級。

ソロモン戦線で米軍の攻撃によって戦死するまで、太平洋戦争(大東亜戦争)前半の日本海軍の攻勢作戦、中でも真珠湾攻撃とミッドウェー海戦での総指揮に当たったことから、海外でも太平洋戦争の日本を代表する提督として広く知られる。

”弱ェと言われてとりみだす奴ァ、自分で弱ェと認めてる証拠だ。”

”つらいことを知ってる人間のほうが、それだけ人にやさしくできる。それは弱さとは違う。”

”どんなに失敗しても 飯は食ってけるんですよ。 ”

”自分の過ちを認めることを恐れるな。幾度となく修正を繰り返すことを恐れるな。”

ウラジーミル・イリイチ・レーニン(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин、1870年4月22日 – 1924年1月21日)は、ロシアの革命家、政治家。優れた演説家として帝政ロシア内の革命勢力をまとめ上げ、世界で最初に成功した社会主義革命であるロシア革命において主導的な役割を果たした。ソビエト連邦およびソ連共産党(ボリシェヴィキ)の初代指導者を務めた。マルクス主義(共産主義)理論の研究と普及にも尽力し、後日、マルクス・レーニン主義という体系にまとめられた。本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ(Владимир Ильич Ульянов)。

”この世の中に無駄なものはひとつもありません。無駄にする事は出来ますけれども、全ての事を自分で受け止めて、自分の成長のための栄養にすることができます。 ”

渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月 - )は学校法人ノートルダム清心学園の理事長。北海道旭川市生まれ。二・二六事件で青年将校に襲撃された渡辺錠太郎教育総監の次女。

”真の友情はゆっくり成長する植物である。友情と呼ぶにふさわしいところまで成長するには、度重なる危機にも耐え抜かねばならない。”

ジョージ・ワシントン(英語: George Washington、グレゴリオ暦:1732年2月22日 - 1799年12月14日(ユリウス暦:1731年2月11日生まれ))は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、黒人奴隷農場主であり、同国の初代大統領である。 死去した現在もアメリカ合衆国陸軍大元帥の階級にいる。

”人はえてして自分の不幸には過敏なものです。誰しも幸福を望みますが、それを実感することにおいてはきわめて鈍感です。”

日野原 重明(ひのはら しげあき、1911年10月4日 - )は、日本の医師・医学博士である。聖路加国際病院理事長、同名誉院長。トマス・ジェファーソン大学名誉博士(人文科学)、マックマスター大学名誉博士。東京都名誉都民。東京都中央区名誉区民。文化功労者、文化勲章、東京都文化賞、日本医師会最高優功賞、日米医学科化学者賞(フィラデルフィア医師会、日本キリスト教文化協会日本キリスト教功労者。勲等は勲二等瑞宝章。

”どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。 ”

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年(大正11年)5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。旧名は瀬戸内 晴美(せとうち はるみ)。

僧位は僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。徳島県徳島市名誉市民の称号を取得。京都市名誉市民。元天台寺住職現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。近年では『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。

1 2




fumofumo25さん

このまとめに参加する



公式まとめ